【沖止めシリーズ】 第二弾 バンコクエアウェイズ in モルディブ編



沖止めシリーズ バンコクエアウィズ モルディブ編

大好評?!沖止めシリーズ第二弾です。今回はバンコク〜マレ(モルディブ)間のバンコクエアウェイズ搭乗編です。




バンコクエアウェイズは日本では余り馴染みは少ないかもしれませんが、バンコクから国内のリゾート地や近隣諸国を中心にとんでいます。

バンコクエアウェイズは他社と差別化の為、下記をコンセプトとしているそうです。

”「アジアのブティックエアライン:高級サービス」をコンセプトとしており、ブティックラウンジ、ブティック空港、魅力的な食事、新しい機体、お客様への有効的かつ高級なサービスをお香など、すべてのサービスにおいてフルサービスを提供することで、バンコク・エアウェイズは競合する他の航空会社から明らかな差別かをはかっている”

その通り、タイ国内の空港ではエコノミークラスも含めて、すべての乗客向けにラウンジサービスを提供しています。

バンコクエアウェイズは以前紹介した通り、JALマイルでかなりお得に乗れます。

【JMB】JALマイルのもっともお得な使い方(タイ編)

バンコクエアウェイズ A319 沖止め in スワンナプーム空港


という前置きは置いておいて、ここからが本題です。(笑)
往路のスワンナプーム国際空港の出発から沖止めスタートでした。機体はエアバスA319です。




リゾート路線だけに、南国を思わせる綺麗なデザインです。




旅客ターミナルから乗ってきたバスもBangkok Airways専用なんですね。




沖止め in マレ・フルレ国際空港(モルディブ)


バンコク-マレ・フルレ国際空港間は4時間20分のフライトです。後半は機窓からあり得ないくらいの綺麗な絶景が広がります。




 そして、マレ・フルレ国際空港到着です。当然島の小さな空港らしく沖止です。



正面からの写真です。モルディブの太陽が眩しいですね。

 


同時刻には、 トルコ航空とシンガポール航空の機体が沖止めされていました。



ということで、今回は沖止めシリーズ第二弾バンコクエアウェイズ編でした。そのうち、モルディブ旅行記などもアップしていきたいと思います。




0 件のコメント :

コメントを投稿