【沖止めシリーズ】 第一弾 Nok Air in トラン空港編



沖止めとは

いきなりですが、沖止とは簡単にいうと、ターミナルの搭乗ゲートから飛行機に直づけして搭乗するためのボーディングブリッジを使わず、搭乗ゲートからバスで移動して、一旦地面に降りてタラップを使って搭乗することを言います。(大統領などの各国要人が来日した時に手を振りながら降りてくる映像を見たことがあるかと思いますが、あの時のような感じです。)

昨年はかなりの回数飛行機にのりました。そんな中、なぜか東南アジア内の移動の場合かなりの確率で沖止めにあう可能性が高いです。沖止めの際の乗り降りの瞬間はテンションがあがるんですが、そこまで行くバスが遠かったりすると時間がかかるのであまり好きではありません。あと、優先搭乗して、結局バスで待たされて奥に追いやられて、出るのが遅くなって、搭乗が遅くなるのもよくわかりません。

とはいえ、マイラーや飛行機好きの方なら絶対テンションあがりますよね?ということで、乗った回数のわりに手元にいい写真がないのでシリーズが何回まで続くか怪しいですが(笑)、沖止めシリーズと称して、沖止めの写真を紹介していく企画です。

Nok Air in ドンムアン空港

記念すべき第一回は、写真が綺麗でかつ枚数が多かった、Nok Air編です。Nok Airは日本ではあまり知られてませんが、タイを拠点にしたLCCです。ノックはタイ語で鳥です。なので、機体はかわいいトリさんペイントです。 子供達は大喜びです。機内では可愛いキャビンアテンダントさんが可愛いグッズをうってます。というのは、フラッグシップキャリアのタイ国際航空はコネ入社が多いと聞いたことがあります。なので、可愛い人たちはLCCにいるとの噂です。(笑)

今回紹介するのは、バンコクのLCC専用空港であるドンムアン空港〜トラン空港までの搭乗記録です。といっても、あくまでメインは沖止めですので、余計なところは省きます。

まずは、バンコクを出発です。




かわいいですね。(機体の話ですよ)



LCCにしては珍しく、ドーナッツが配布されました。

Nok Air in トラン空港

早速トラン空港到着です。



正面もこんな感じで可愛いです。

 

This is the "沖止め".ですね。

中々こんな素敵な沖止めも少ないと思います。 沖止めコンテストがあると上位に入ると思います。バスに乗らなくていいので、これなら大歓迎です。 テンションあがりますね。

ということで、沖止シリーズ記念すべき第一回目は終了です。

ちなみに、このときの目的地はLipe島(リペ)です。タイ最後の楽園と呼ばれている島です。マレーシアの近くにあり、すごく綺麗な島です。ただ、行くまでの道のりは結構大変です。。この旅行記もまた、いつか南国離島シリーズとして紹介したいと思います。

コメント