2018年 鳴子温泉 湯元 吉祥がすごく良かったので詳細な宿泊レビューを掲載します。


宮城県 鳴子温泉郷

久しぶりに常夏のバンコクから真冬の日本に一時帰国してきたので、冬の温泉を堪能してきました。

奥州三名湯の一つに数えられ、白濁湯が気持ちいい鳴子温泉に行ってきました。ホテルは、2016年10月にオープンしたばかりの「鳴子温泉 湯元 吉祥」をチョイスしました。

日本に住んでいた頃は一年に一度は温泉旅行をしていたのですが、今回宿泊した「吉祥」は非常に良かったので紹介します。

「吉祥」は全てが新しく、貸切り露天風呂が4箇所あり、さらには大浴場も素敵でした。お湯も白濁湯で温泉として最高です。

食事も旬菜膳+ハーフバイキング形式で本当に美味しかったです。

そして、事前の口コミレビューでは、高級旅館の割にサービスが少ないというのがありましたが、私たちにとってはその距離感が心地良かったです。逆に、老舗旅館では仲居さん達に気を使ってしまいます。

そして、平日の場合は、1泊2食付きで1万円そこそこでしたので、過剰なサービスよりも、それらを排除してコストダウンして、最高の設備、温泉、料理を提供してもらえたので私たちには良かったです。

今の時代にあった新しい形の温泉旅館ではないかと感じました。

鳴子温泉郷について

鳴子温泉郷は、鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉地の総称です。

鳴子温泉郷は、宮城県北部の米どころ大崎地方を流れる江合川(荒雄川)の上流に位置し、「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」の5ヶ所の温泉地からなる一大温泉郷です。それぞれに個性豊かな街並みや風呂を備えており、比較しながら巡ってみるのも楽しみの一つです。
数年前には、鳴子温泉と東鳴子温泉に宿泊したことがありましたが、その時の印象が良かったので今回再訪することにしました。

鳴子温泉について

温泉郷の中心部。古くから“奥州三名湯”の一つに数えられています。5ヶ所の温泉地で最も大きく、近代的な宿泊施設や食事処、土産物店が賑やかな街並みを形成しています。「滝の湯」「早稲田桟敷湯」という2つの共同浴場は温泉街の“顔”です
鳴子温泉といえば、「こけし」で有名ですが、温泉街のおみやげ屋さんでも必ず売られており、中には実演販売しているお店もありました。

自分たちでこけし作成体験できる施設もあります。

鳴子温泉街

鳴子温泉にはいい感じにしなびた温泉街があります。お土産屋さんがあったり足湯があっったりと散策を楽しむことができます。

鳴子温泉街散策用の駐車場


私たちは、チェックアウトの日に散策したのですが、ホテルは小高い場所があったので、鳴子駅の目の前に、30分無料駐車場がありますので、そちらに車を止めて散策することができます。

  • 営業時間:8:00-18:30
  • 料金:最初の30分は無料、以降は30分ごとに100円

鳴子温泉 湯元 吉祥

今回宿泊したのは、「鳴子温泉 湯元 吉祥」ですが、選んだ理由としてはオープンして間もないので、施設は間違いなく綺麗だろうということでチョイスしました。

新規オープンではあるんですが、既存の施設を買収して全館リノベーションされているため、建物の外観は古い部分もありますが、部屋もお風呂も、フロントも全て新しかったです。

館内の雰囲気

館内は全体的に落ち着いていて、高級感があります。


入り口近くには、ソファーが置かれた休憩スペースがあり、ゆったり過ごすことができるようになっています。こちらでは、無料のコーヒーやお茶、時間帯によっては甘酒も提供されていました。

貸切露天風呂

このホテルには、貸切露天風呂が4つあり、空いていれば予約することなく利用可能です。滞在中、この貸切露天風呂を2回利用しましたが、2回とも待ち時間なく利用できました。


貸切露天風呂は離れにあるので、少しだけ外を歩く必要があります。



貸切露天風呂は中から施錠すると上のランプが点灯するようになっていて、入浴中かどうかわかるようになっています。

岩風呂

こちらが4つある貸切露天風呂の中で一番広くて立派でした。

檜風呂

ヒノキは香りがいいですよね、ちょっとツルツルしますが気をつければ問題なしです。

レンガ風呂

こちらには入浴してませんが、空いていたので写真だけ撮ってきました。こちらは露天風呂ではなく内湯でした。レンガはちょっと寒そうな印象を受けました。。

タイル風呂

こちらは普通のタイル風呂です。露天風呂ではなく、こちらも内湯です。こちらは狭かったので今回入浴しませんでした。

大浴場

貸切風呂だけではなく、大浴場も十分すぎるお風呂でした。

新しいので、当然綺麗で内風呂は大きな浴槽と、一人用の陶器の浴槽そして、もう一つ小さい浴槽の三種類でした。
メインの浴槽

陶器風呂
外には、立派な露天風呂があります。露天風呂に行くまでにちょっとした通路を通る必要があり、足元が冷たいですが、それくらいは我慢できます。
露天風呂への通路
露天風呂
今の時期は雪を見ながら露天風呂に入ることができます。これぞ日本の冬という感じですね。最高でした。

お風呂も白濁湯でまさに温泉に入っているという感じがする鳴子温泉独特の非常にいい温泉でした。

湯上がりのアイスクリーム

このホテルでは湯上がりの無料サービスが充実しています。時間帯によって、アイスクリームやヤクルトが無料で提供されていました。




そのほか、大浴場の露天風呂にはジュースや甘酒などが置いてありました。

お部屋について

部屋は、今回一番安いプランで予約したのでスタンダードな部屋(10畳和室+次の間)でした。部屋もまだ新しいので、非常に気持ち良かったです。布団もふかふかで最高でした。
10畳和室
次の間
部屋からの雪景色は最高でした。

食事について

食事は旬菜膳+バイキングのハーフバイキング形式で、天ぷらなども好きなだけオーダーできる方式でした。

この食事も大満足の内容でした。食事の場所はレストランなんですが、個室風になっていて小さな子供がいても安心して食事することができました。



旬菜膳は、お刺身や蟹、牛たんなどなど目白押しの内容でした。


特に牛タンは、分厚くて柔らかくてすごく美味しかったです。バイキングもイクラがあったりして、十分な内容でした。

朝も会場は同じでバイキング形式でかなり満足の内容でした。




この他に、夜には「夜鳴きラーメン」の無料サービスがあったんですが、お腹がいっぱいすぎて食べることができませんでした。残念です。

総評

私たちが宿泊した「鳴子温泉 湯元 吉祥」は新しいだけに設備は全て新しく気持ちよかったです。また、料理の内容も量も十分満足のいくものでした。

のお風呂は鳴子温泉のお湯で間違いなく良いです。鳴子温泉 湯元 吉祥は本当に良かったのでおすすめですよ。


最初にも書きましたが良い意味で放置してくれるので、過剰なサービスではなく必要十分なサービスが提供されるので、あまりかまってほしくない人たちにはもってこいです。

今回は、値段が安く、ポイント還元率の高かった「楽天トラベル」を利用しました。



土日は結構高くなってしまいますが、週の半ばなどであればお得に泊まれるので、お休みがあわせられる方は平日に宿泊することをお勧めします。

私も、次に仙台周辺に滞在することがあれば行きたいと思っています。



0 件のコメント :

コメントを投稿