マイレージプログラムを徹底比較(ANA、JAL、 BA、 CX、 TG、 UA、 SQ)


マイレージプログラムについて

世界各国のエアラインが独自のマイレージプログラムを展開していますが日本人であればJAL、ANAでマイルを貯めたり使った人が中心になるかと思います。
しかし、近年はワンワールドやスターアライアンスといった航空会社連合の出現で、日本に住んでいるのに外国のエアラインのマイレージを貯めた方がお得になるケースもあります。

いまタイのクレジットカードを見直すべく、条件を比較しているのですが、タイのクレジットカードは、ポイントを本拠地のTG(タイ国際航空)のマイルに交換できる物が多く、その他、CX(キャセイパシフィック航空)やSQ(シンガポール航空)などに交換できるカードがあることがわかってきました。

そこで、これらのマイレージプログラムを比較してみたいと思います。ついでに、いま使っているBA(ブリティッシュエアウェイズ)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)、UA(ユナイテッド航空)も比較対象に加えます。

今回は、マイルを貯める方ではなく、利用する方にフォーカスをあてて比較していきます。

特典航空券に必要なマイル数

マイルと言えば、主に特典航空券に交換するために貯める物だと思いますので、特典航空券に必要なマイル数を日本国内線、近距離国際線、長距離国際線の順に比較していきます。

国際線はエコノミークラスとビジネスクラスをそれぞれ比較します。

日本国内線特典航空券必要マイル数


マイレージ 東京-大阪 東京-福岡 東京-沖縄 東京-石垣島
JAL 12,000 15,000 15,000 20,000
ANA 10,000-15,000 12,000-18,000 14,000-21,000 17,000-23,000
BA 9,000 9,000 15,000 20,000
UA 10,000 10,000 16,000 16,000
TG 40,000 40,000 40,000 40,000
CX 15,000 15,000 20,000 30,000
SQ 25,000 25,000 25,000 25,000

コメント:
日本国内線はBAとUAが圧勝です。

近距離国際線特典航空券必要マイル数(エコノミークラス)


マイレージ 東京-韓国 東京-香港 東京-バンコク 東京-シンガポール
JAL 15,000 20,000 35,000 35,000
ANA 12,000-18,000 17,000-23,000 30,000-38,000 30,000-38,000
BA 9,000 20,000 25,000 40,000
UA 30,000 45,000 45,000 45,000
TG 40,000 60,000 45,000 55,000
CX 20,000 30,000 45,000 45,000
SQ 25,000 25,000 50,000 38,250

コメント:
短距離国際線のエコノミークラスもBAの圧勝です。続いて、ANA・JALと行った感じでしょうか。

近距離国際線特典航空券必要マイル数(ビジネスクラス)


マイレージ 東京-韓国 東京-香港 東京-バンコク 東京-シンガポール
JAL 30,000 or 36,000 40,000 or 48,000 60,000 or 80,000 60,000 or 80,000
ANA 25,000-33,000 35,000-43,000 55,000-63,000 55,000-63,000
BA 18,000 30,000 75,000 120,000
UA 50,000 80,000 70,000 70,000
TG 55,000 90,000 75,000 98,000
CX 40,000 50,000 80,000 80,000
SQ 45,000 45,000 80,000 68,000

コメント:
JALは曜日別、ANAはシーズン別のマイル数が適用されますが、距離の短い韓国、香港はBAの圧勝ですが、それ以外についてはANAとJALが有利なことがわかります。

長距離国際線特典航空券必要マイル数(エコノミークラス)


マイレージ 東京-ロンドン 東京-シドニー 東京-ハワイ 東京-ニューヨーク
JAL 55,000 40,000 40,000 50,000
ANA 45,000-60,000 37,000-50,000 35,000-43,000 40,000-55,000
BA 60,000 50,000 40,000 70,000
UA 90,000 45,000 50,000 70,000
TG 90,000 60,000 50,000 80,000
CX 60,000 45,000 45,000 60,000
SQ 72,250 55,250 90,000 90,000

コメント:
シーズンの違いによって、JALかANAがお得です。この路線は日系の航空会社が独占的に有利な条件です。

長距離国際線特典航空券必要マイル数(ビジネスクラス)



マイレージ 東京-ロンドン 東京-シドニー 東京-ハワイ 東京-ニューヨーク
JAL 85,000 or 110,000 60,000 or 80,000 60,000 or 80,000 80,000 or 100,000
ANA 80,000-95,000 65,000-80,000 60,000-68,000 75,000-90,000
BA 180,000 150,000 120,000 210,000
UA 150,000 80,000 80,000 130,000
TG 170,000 90,000 86,000 144,000
CX 120,000 80,000 80,000 120,000
SQ 157,250 89,250 175,000 175,000

コメント:
ここでもJALとANAが圧勝です。こんなに大差がつくとは思いませんでした。

ご覧の通り、短距離路線はBAの圧勝でしたが、その他はJALとANAが非常に優れていることがわかりました。

日本発着路線を調べているので、確かにそうかもしれませんが、基本的には区間マイルごとに必要マイル数が決定されているため、日本発以外を比較した場合でも同じような傾向になると思われます。

特典航空券の必要マイル数だけを比較すると、BAかANA、JALを選択するのが良いということがわかりました。

 サーチャージの有無

国際線の特典航空券発券時に必要になるサーチャージ。実はこのサーチャージ、特典航空券で必要な航空会社と不要な航空会社に分かれています。


マイレージ サーチャージ
JAL 一部不要
ANA 一部不要
BA 一部不要
UA 不要
TG 一部不要
CX 必要
SQ 一部不要

UA以外は基本的に必要であることがわかりました。UA以外には今回比較対象にしていない、アメリカン航空やデルタ航空など米国系のマイレージプログラムの場合サーチャージ不要な傾向にあります。

各種手数など

発券手数料や、キャセンルなど各種手数料を比較してみます。会員クラスごとに金額が異なる場合は、一番下の一般会員を基準にしています。

マイレージ 発券手数料(電話) 発券手数料(Web) 日程変更手数料 便名変更手数料 キャンセル料 緊急発券手数料
JAL 2,160円 無料 無料 無料 3,100円 or 3,100マイル 無料
ANA 2,100円 無料 無料 無料 3,000マイル 無料
BA 2,000円 無料 5,740円 5,740円 5,740円 無料
UA 25 USD 無料 75-125 USD 75-125 USD 75-125 USD 75 USD
TG 無料 無料 16-95USD 16-95USD 125-190USD or 10,000-15,000マイル 3,240円
CX 無料 無料 25USD or 1,000マイル 25USD or 1,000マイル 125USD or 12,000マイル 無料
SQ 無料 無料 20USD or 2,000マイル 20USD or 2,000マイル 50USD or 5,000マイル 無料

手数料も日系の2社が有利なことがわかります。

その他

その他、家族以外の特典利用有無や有効期限を比較してみます。

マイレージ マイルの購入可否 家族以外の特典利用 有効期限 有効期限の延長
JAL 不可 2親等以内 3年 不可
ANA 不可 2親等以内 3年 不可
BA 誰でもOK 3年 可(加減算)
UA 誰でもOK 18ヶ月 可(加減算)
TG 5人まで登録可能 3年++ 可(手数料)
CX 5人まで登録可能 3年++ 可(手数料)
SQ 5人まで登録可能 3年 可(手数料)

細かい条件面では日系、欧米系、アジア系と綺麗に傾向がでました。日系の2社は細かい条件面では融通が利かないと言った印象です。

総評

こうやって比較してみると、日系の2社はマイレージプログラムとしてかなり優秀なことがわかりました。

他にも、ストップオーバーなどおもしろルートが発券できるかどうかと言った基準もありますが、比較しにくいので今回は比較対象外としました。

今回の結果からわかることは、JALかANAに貯めておけば間違いないということです。短距離路線であればやはりBAが頭一つ抜け出しています。

そもそも日本人なんだからJALかANAに貯めておけば間違いないというのは基本ですね。。

昨今のANAのマイルの大盤振る舞いぶりを見ていると、JALマイルを貯めておくのがもっとも懸命といえるかも知れません。感覚的には特典航空券の予約取りやすさはJAL>ANAです。



0 件のコメント :

コメントを投稿