タイ国際航空に搭乗してイラっとする10のコト





私はタイに住んでいる関係上、タイ国際航空に乗る機会が多いです。

よく乗るのは中長距離路線ではなく、東南アジア内の短距離路線です。

一緒にゴルフをするタイ人の仲間の中にタイ国際航空のパイロットさんもいるので悪口は言いたくないのですが日頃感じている不満をあげます。

日本発着の便の場合はまた、印象は大きく変わるかもしれませんが、短距離路線でよくあることを書きます。

ちなみに先にフォローしておくと、エアラインランキングなどでよくタイ国際航空は上位に来ているので世界的には優秀なエアラインのようです。

世界にはもっとひどい航空会社は一杯あると思いますが、タイ国際航空は評判のわりに私とは相性が悪いみたいです・・・




タイ国際航空に搭乗してイラっとする10のコト


私が日頃感じてるタイ国際航空の不満10選です!


ボーディングタイムが早いのに定刻に搭乗&出発したことがない

これが一番イラっとしているところです。国際線の場合、ボーディングチケットに記載されている搭乗時刻がフライト時刻の50分前とかにも関わらず、大抵ギリギリまで搭乗開始しません。

東南アジア内の移動の場合、フライト時間は1、2時間ということはよくありますが、50分前から搭乗ゲートで待たされて、結局搭乗も出発時刻も遅れたらたまったものじゃありません。

これは2018年5月現在継続中です、このボーディングタイムに関しては、このあとの沖止めが影響している気がします。

やたら沖止めが多い

私はかなりの確率で沖止めにあってます。



沖止めとは、バスに乗って飛行機に移動する場合のことを指しますが、せっかく優先搭乗しても沖止めの場合意味がありません。結局、バスに早く乗って降りるの遅くなると意味ないですからね。。

そして、バスな場合は移動時間もかかるので、大抵出発時刻はおくれます。ちゃんと計算しておいてほしいものです。

これも、2018年5月現在継続中です。まじか?!というくらい沖止め率高いです。

未だに離着陸時に電子デバイスが使えない

最近のANAやJALは離着陸時も、携帯の電波を発しない場合、電子デバイスが使えるようになりました。

タイ国際航空はまだ、離着陸時に電源を切る必要があります。

先日、スマホで電子書籍を読んでいて、電源を切るように言われて電源を切ったんですが、隣でKindleペーパーバックを使っていた人は、CAさんは確実にKindleを見たにも関わらず素通りでした。

お国柄でしょうが、適当なところにもイラっとしてしまいます。

これも2018年5月現在でも継続中です。

機材が古い

日本-バンコク路線の場合は、A380や787などが投入されていますが、東南アジア内路線の場合は大抵古い機材で座席などはくたびれています。

座席はかんぜんにくたびれてます・・・
国際線でも機内エンターテイメントがないことの方が多いです。

先日乗った、バンコク-ジャカルタ路線ではシートが抜けていて、なんとか枕を挟んで我慢しましたが、ありえないレベルです。

タイのフラグシップエアラインだけに、決して安い金額ではないので、もっとメンテナンスをしっかりしてほしいです。

先日乗ってきたバンコク-ムンバイはB747のジャンボジェットでかなり古い機体でした。。いつまで現役で働かせるんでしょうか・・・




でも、その前に乗ったバンコクーシンガポールはA350が導入されていて一筋の光明が見えてきました。

超快適!タイ国際航空 エアバスA350-900搭乗記!!

ラウンジが古い

これまでの記事で何度か触れて来ましたが、スワンナプーム空港のタイ国際航空のラウンジはいくつかあるんですが、全体的に古くあまりいい印象がありません。

スワンナプーム空港には他にも色々なラウンジがあるので困りはしませんが、せっかくなのだからリノベーションしたりして、リニューアルしていってほしいです。

これも以前、継続中ですね。。

【保存版】スワンナプーム空港のラウンジ総集編!各ステータスに応じたオススメラウンジはココです!! 〜SFCやJGCじゃなくても良いラウンジが使えちゃいます〜

ANAマイルの積算率が悪い

タイ国際航空はANAと同じスターアライアンスなので、タイ国際航空搭乗分のマイルをANAに貯めることができるのですが、その積算率や加算対象クラスが年々減っていっています。

多くの場合ここには記載のないVやWになることが多く加算対象外になります


特にタイのホームページで予約すると日本語のページより、色んな選択肢がでてくるのですが、安い航空券は大抵、ANAの場合マイル加算外になります。

というコトで、わざわざタイ国際航空を選ぶ理由がなくなってきています。

機内食が美味しくない

これは個人の好みによるので、何ともいえませんが私はタイに住んでいながらタイ料理が好きじゃないのです。

ANAやJALの機内食を食べると、本当に美味しく感じます。こんなにも違うものでしょうか・・・

そしてあの、機内に充満するタイ料理の匂いが....

機内の温度調整が難しい

これはタイ国際航空に限ったことではないですが、温度調整がイマイチですごく寒くなったり暑くなったりします。

アメリカ系の航空会社はもっとひどいと聞くのでまだマシな方かもしれません。

この辺り、B787やA350の機体が増えてくると、自動空調で状況が変わってくるかもしれません。。。

優先搭乗が結構適当

ビジネスクラスやスターアライアンスゴールドメンバー向けの優先搭乗と言いながら、列がグチャグチャになって、結局わけわからなくなったり、なぜか優先搭乗と一般搭乗が一緒に始まったりよくわかりません。

あとは、モンク(僧侶)が一番先に乗るのはいいのですが、政治家なのか航空会社の重役なのかわかりませんが、後からきてその人達を無理くり先に搭乗させるまで優先搭乗も始まらないのもよくわかりません。

チェックインカウターの対応が遅い

これもタイ航空に限らず東南アジアの空港での対応の問題な気がしますが、チェックインカウンターがいつも遅いです。

そして、全然やる気がないのでゴールドメンバーだろうがなんだろうが、適当にあしらわれます。

これはタイ人の気質によるものかもしれません。

タイ国際航空のCAさんにまつわる裏話

タイ人の方からよく聞く話として、タイ国際航空のCAさんはほとんどがコネ入社のため、いくら頑張っても入れないとか。

そのため、タイのノックエアーやエアアジアのCAさんはキレイな人が集中するとかしないとかw

都市伝説レベルかもしれませんが片隅に入れておいてください。タイのLCCに搭乗した時「あー、そういえば!」と思うかもしれません。

最近ANAやJALなんかもタイ人のCAさんを大量採用しているので、状況は変わって来ているかもしれません。

数年前、やたら真ん中の席に若いタイ人の女性が座っていて、CAさんと仲がいいなと思ったら、旅行か研修で日本路線に乗っているタイ人の新人CAさんでした。

毎回乗っていたので、その頃に大量採用を始めたのかもしれません。



0 件のコメント :

コメントを投稿