アジアマイルの面白い使い道を紹介します!(キャセイパシフィック航空 )



陸マイラーの皆さんは普段貯めたマイルやポイントを特典航空券に交換せずに商品に交換するということはあまり考えたことがないかと思います。

ANAであればスカイコインに変えて航空券を購入するという方法もありますが、私も基本的には特典航空券に変えます。

最近、タイのクレジットカードでそれなりのマイルが貯まってきたので、交換可能なマイレージプログラムの中でベストと思われる、キャセイパシフィック航空のアジアマイルの使い道を考えていました。

色々調べていく中で、「iRedeem」という商品やサービスに交することができることを知りました。

そのiRedeemのラインナップをチェックしてみると多種多様で面白かったので紹介します。

還元率を考えると微妙なものが多いですが1マイル=1円の価値で交換できそうなものも結構ありました。

選択肢が広がるので、日系のマイレージプログラムも追従してくれと嬉しいですね。

アジアマイルを使ったオススメの特典航空券のルートなどは下記の記事をご参照ください。
アジアマイルの使い道を徹底解説(特典航空券のオススメルート)

キャセイパシフィック航空 アジアマイルの「iRedeem」


アジアマイルは、キャセイパシフィック航空のマイレージプログラムですが、マイルを特典航空券に交換するだけでなく「iRedeem」という交換プログラムでマイルを様々なサービスや商品に交換することができます。

特典航空券に交換してちょっと余ったマイルを有効活用したり、有効期限が近くなった時も無駄にせずに使い切れそうです。

そんなアジアマイルの「iRedeem」で交換可能なものをピックアップして紹介します。

旅行先で活躍するポケットWiFi

旅行先で活躍するポケットWiFiに交換できます。4日間で2,500マイルなので決して還元率は悪くないのではないでしょうか?

ポケット WiFi
他にもトラベルSIMへの交換もありました。

ラウンジ利用パッケージ

プラザ・プレミアム・ラウンジの利用券を時間単位で交換することができます。

ラウンジ利用パッケージ

2時間パッケージで6,000マイル、10時間パッケージは12,000マイルです。

ラウンジ利用パッケージ10時間
普段ラウンジは入場の時だけ手続きをするものですが、このパッケージの場合は退場時も申告する必要がありそうですがどうするのかちょっと興味があります。

同じラウンジでもキャセイパシフィックのCXラウンジではないのが残念です。

機内免税販売品への交換(事前注文)

キャセイパシフィック航空の機内販売品の交換に使うことができます。使い方は事前注文して、機内で受け取ることになります。

機内免税品事前注文

化粧品などの機内販売品がマイルで交換できます


ポータブル・エスプレッソマシン


こんな商品があるのは知りませんでした。なかなか面白そうな商品です。

ミニプレッソGR

日本のアマゾンで8,845円で販売されているので、1マイルの価値が1円以上で利用できる例になります。

WACACO(ワカコ) エスプレッソメーカー ミニプレッソ GR LG12-MP

アジア・マイルオリジナルグッズ


アジアマイルのオリジナルグッズもラインナップされています。

南京錠とトラベルアダプターという渋い組み合わせです。

私が学生のころバックパックひとつで旅行してたときは南京錠が活躍しましたが、いまでも需要はあるんでしょうか・・・
アジア・マイルオリジナル


この旅行用アダプターは結構いいですね。私はライフトロンズのトラベルアダプターを持っているので不要ですが、3,000マイルだと端数が余った時に使ってもいいかもしれません。

関空行きの南海特急ラピートにも使えます

旅行時に使う電車の乗車券やレンタカーなどに交換することができます。関空の南海特急ラピートの乗車券にも交換できます。難波-関西空港間で1,430円が2,000マイルとなってます。

旅行時の移動手段にも交換可能


他にも箱根フリーパス2daysだったり、香港-マカオ間のターボジェットだったり、空港アクセスだったり、米国の観光用パスだったりと中々の品揃えです。


説明を追加


テーマパーク入場券への交換

アジアを中心として世界各国のテーマパークの入場券へも交換できてしまいます。こちらも還元率はイマイチですが・・・。

テーマパークの入場券にも交換できます

以前紹介したタイのサファリワールドのビュッフェ付き入場券に交換することもできます。

タイのサファリワールド

キリンの大群が?!バンコク郊外の穴場スポット「サファリワールド」

タイのサファリワールドはオススメですよ!!

レストランでの利用

レストランの利用にも使えるみたいです。と言っても日本のレストランはなく香港とマカオと台湾のレストランが多かったので旅行中に使うのもありかもしれません。

レストランでも利用可能

リモワもアップル製品もあります

私の大好きなリモワやアップル製品もありました。

リモワへも交換可能


アップル製品はかなり充実


ギフト券にも交換できます

ギフト券にも交換できますが、日本向けではあまり還元率は良くないので交換することはないでしょう。
ギフト券(日本向けで還元率がいいものはなし)

ホテル予約にも使えます

マイルをホテル予約にも使えます。税サ込みたいですが、ホテルによってはかなり1マイルの価値が下がってしまいそうです。
マイルでホテル予約

超過手荷物特典

キャセイパシフィック・キャセイドラゴンを利用する場合は、アジア・マイルで超過手荷物許容量に交換するとことができます。必要なアジア・マイル数は旅行距離によって異なります。

特典ゾーンSABCDEF
特典ゾーンの実マイル数0-600601-1,2001,201-2,5002,501-5,0005,001-7,5007,501-10,00010,001+
5キロ(11lbs)あたりの必要アジア・マイル数#2,5003,5004,5006,0009,00010,50012,000
荷物1個あたりの必要アジア・マイル数*8,00010,00012,00016,00024,00028,00032,000
大きさを超えた荷物1個あたりの必要アジア・マイル数^12,000

  +キャッシュ

マイルが足らない場合には、支払いをアジアマイルとクレジットカードで支払うことができる商品もあるみたいです。

その場合は「  +キャッシュ」と記載されているのですが、対象商品は少なかったです。

本当の端数のマイルが余った時に消費する最終手段として使えそうです。

おわりに

還元率で見てしまうとそこまで良くないですが、期限が近い場合や、端数のマイルが余ってしまった場合に有効活用できるのではないでしょうか?

日本ではキャセイパシフィック航空のアジアマイルはそこまでメジャーではりませんが、個人的にはキャセイパシフィック航空にはいい思い出の方が多く、いま使っているタイのクレジットカードでアジア・マイルのマイルを貯めることができるので、今後アジアマイルも積極的に使っていきたいと思っています。




0 件のコメント :

コメントを投稿