タイでネット通販のShopeeを使ってみた!タイ語ができなくても買い物する方法を解説します。






最近タイもネット通販が盛んになって来ました!


電化製品などタイの場合は大手のデパートなどの店頭価格はほぼどこも同じで、商品ごとに決まった割引しか提示してくれません。

そのためメーカーやブランド品を買うには高く感じることが多かったのですが最近はネット通販が普及して来て状況が変わって来ました。

さらにタイの場合はバイク宅配が発達しているおかげで、30〜40バーツの送料で荷物を送ることができるためお得にネット通販で買い物ができます。

5年前ではタイでネット通販ができるなんて考えられませんでしたが、今ではLAZADAや今回紹介するShopeeなどが台頭して便利になりました!

でもShopeeはまだタイ語しか対応しておらずまだまだ使い勝手がよくないのですが、Lazadaと比較してもお得なショップが多く、使ってみたので使い方を徹底解説します!!


タイでネット通販のShopeeを使ってみた!タイ語ができなくても買い物する方法を解説します。


Shopeeが安かったので使ってみましたがタイ語しか使えないし、アプリはタイのApp Storeだけでしか公開されてなかったり、スマホページは不完全だったりとなかなか苦戦しましたw

Shopeeとは

2009年に設立されたシンガポールに本社のあるネット通販会社です。 Shopeeは2015年にシンガポールで最初に立ち上げられ、その後、マレーシア、タイ、台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピンに拡大しました。

今回は私の住んでいるタイのWebサイトをベースに紹介します。

LAZADAと比較してShopeeの良い点

タイで通販といえばLAZADAが有名です。

私も最近はLAZADAをよく使っていました。

【LAZADA】タイのネット通販でMIの空気清浄機をポチってみたw
このLAZADAと比較してShopeeが優れている点は「価格」です。

例えば、日本でも楽天とYahooショッピングの両方に出店しているストアがあると思いますが、私の欲しいものを調べた範囲では同じお店でもLAZADAよりShopeeの方が安かったです。

おそらく、出店手数料の違いによるものかもしれません。(あとセールなどタイミングにもよるので一概には言えませんが・・・)

LAZADAと比較してShopeeの悪い点

反対にLAZADAと比較してイマイチな部分ですがWebサイトの言語対応です。

LAZADAタイはタイ語だけでなく英語にも対応しているので、我々日本人も比較的使いやすいです。

一方でShopeeは、タイの通販サイトの場合はタイ語しか使えません。

しかもアプリはiOS版の場合タイのApp Storeからしかダウンロードできません。

タイのShopee攻略法

そんなShopeeを攻略するために欠かせないのは、
  • Google Chrome
  • Google翻訳アプリ
です。

Google Chromeがあればタイ語も自動で英語や日本語に翻訳できます。私も英語圏以外のWebサイトで買い物したり、調べたりする際によく利用しています。

個人的にはタイ語を日本語にしてしまうと意味がわからないことが多いので、タイ語を英語に翻訳して使っています。

そしてShopeeを攻略するためには、大部分はChromeの翻訳機能でOKですが、ポップアップしたウィンドウや画像に書かれているタイ語など、Chromeの翻訳機能では訳すことができないケースがあります。

そんなときはGoogle翻訳のリアルタイム翻訳機能を使って突破します。

Google Chromeの翻訳機能

Chromeとはブラウザのことですが、Chromeで翻訳したいページを開いて、翻訳をリクエストすると自動で指定言語に翻訳してくれます。

Shopeeのページは下記の通りタイ語オンリーです。(2019年12月時点)


ページを開くとこのページを翻訳しますか?と聞いてくることがありますが、聞いてこない場合は該当ページ上で右クリックしましょう。すると、「●●に翻訳」というメニューがあるので、それをクリックします。


すると下記の通り無事に英語に翻訳されました。


例えば、日本語になってしまう場合やオリジナルのページを表示したい場合はアドレスバーの下記の部分をクリックしましょう。




下記の通り「原文のページを表示する」「オプション」の選択肢が出て来ます。


「オプション」を選択すると言語を変更することができます。



が、いくつかのケースではChromeでは翻訳できないケースがあります。

Google翻訳

例えば青枠部分のようにテキストになっていない部分はChromeでは翻訳できません。


そんなときはスマホアプリのGoogle翻訳でスマホカメラをかざして翻訳しちゃいます。

するとこんな感じで翻訳できちゃいます。


Google翻訳の使い方は下記の記事の中で紹介しているのでご参照ください。

他にもポップアップウィンドウなんかはChromeでは翻訳できないことがあるので要所要所でこちらのアプリを利用しました。

Shopeeの会員登録方法

では、早速Shopeeの使い方を紹介します。

Shopeeの登録には電話番号による認証が必要ですが、今回はGoogleアカウントとリンクさせてみました。


トップ画面の右上の右から二番目が新規アカウント登録画面です。翻訳がうまく行ってないですが「Reapply」となっている箇所です。


こちらがアカウント登録画面です。こちらの画面では、Chromeの翻訳機能では対応できない部分があります。


こんなときは先ほどの翻訳アプリを使います。


上から順番に、

  • 電話番号
  • 右に記載されている認証コードを入力(キャプチャとは違いますが機械処理を検知するための認証です)
  • 上記の電話番号に認証コードを送り、左側に認証コードを入力
となっています。

が、今回は一番右下の「Goole」のボタンをタップしてGoogleアカウントと連携しました。

その場合は、GoogleのボタンをクリックしてGoogleアカウントにログインするだけです。

Googleアカウントと連携する場合は、この時点では電話番号による認証は不要ですが注文を確定するタイミングで電話による認証が必要になりました。

これだけで登録完了です!

商品の注文方法

あとは、商品を選んでカートに入れて注文するだけです。

オーダー画面はこんな感じです↓



ディスカウントコード

ShopeeはDiscount codeが色々ありますが、こちら一度適用しても一回戻ったりしたすぐに外れてしまうので、右下の注文ボタンを押す時にクーポンコードが適用されていることを確認しましょう。

住所の入力

そして、次に住所の入力を求められます。

が、これもChromeでは翻訳できませんw


なので、Google翻訳で翻訳します。



そして、下の方にある現在地マークの部分「Select area」をタップするとGoogleマップが開いて、地図上で住所を指定できるので念のため地図上でも配送先を指定しておきましょう。


支払いについて

次に支払い方法を選択します。今回はクレジットカードで支払いをしました。


ちょうどキャンペーンでVISAカードで5%オフキャンペーンがありましたが上限が100バーツなのでちょっと残念w

私はGoogleとリンクしてアカウントを作成したので、初回の注文じのみこの時点で注文ボタンを押すと、電話番号の認証を求められました。(電話番号に認証コードが送られてくるので、そのコードを入力して認証する必要があります。)

そして、タイのクレジットカードをWebで利用する際は認証のためにOTPが必要です。


OTPのコードを入れれば支払いが完了です。


最後も残念ながらChromeでは翻訳できませんでしたw

これで無事に支払いが完了しました!!

配送ステータスを確認

支払いが完了したらあとは到着を待つだけですが、Shopeeにログインして、随時ステータスを確認したり、ショップとチャットで話をすることができます。


私が購入した商品はデフォルトがタイで今や最大手のKerryによる配送だったので荷物のピックアップ後は追跡コードを入力することでKerry Expressのページで配送状況の確認ができました。


ちなみに上記のステータス(配送未完了)の時点でShopeeのページでは配送完了になってしまっていましたw



そしてモバイルページでは購入後のステータスが確認できず、PCページでしか見ることができなかったのでご注意ください。

Shopeeの使い方まとめ

今回紹介した通り、Shopeeは外国人には使って欲しくないかのように思えましたが、Google ChromeとGoogle翻訳を使うことで無事に攻略できました。

モノによりますが、私が見比べた範囲ではLAZADAよりShopeeの方が安いものが多かったので出店手数料が関係している可能性があります。

冒頭にも述べたとおり、タイをはじめ東南アジアではネット通販が盛んになってきました。

タイの場合は、まだまだ労働者層の賃金が安く、配送料が安いので今後もどんどんネット通販は盛んになってくるものと思われます。

異国の地でネット通販は怖い部分もありますが、うまく使いこなせばお得に買い物できます。

例えば、タイでカメラは日本で買うより圧倒的に高いと思っていましたが、実際に比べて見るとタイの方が安いケースもあったりして意外な結果になりました↓↓


コメント