最高のホスピタリティ!コンラッド東京エグゼクティブルーム宿泊レビュー!!






 先日、汐留にあるヒルトン系列のコンラッド東京に宿泊してきました。



一応、ヒルトンゴールドですがGoToキャンペーンも適用されたので、アップグレードは期待せず最初からエグゼクティブルームを予約しました。


最近、いろんなホテルに宿泊していますが、No.1のホスピタリティで大満足の滞在だったので紹介します!


最高のホスピタリティ!コンラッド東京エグゼクティブルーム宿泊レビュー!!

いやー、ホスピタリティーって大切ですね!本当に快適な滞在になりました!コンラッド東京のみなさんありがとうございました!!



コンラッド東京について



以下はコンラッド東京の公式ページからの抜粋です。
コンテンポラリーな日本の現代アートを配した館内の空間、数々の受賞暦を誇るシェフやソムリエ、コンシェルジュ、各専門チームが「コンラッドに滞在すること。その街に出逢うこと。」をテーマに他にはない洗練されたご滞在をお約束いたします。​成田空港や羽田空港をはじめ、都内全域へのアクセスにも便利で、ビジネスやレジャーの拠点として最適なロケーションを誇ります。スタンダードルームでも都内最大級の48㎡を誇る広々とした290の客室、活気溢れる4つのレストランとバー&ラウンジ、最新鋭の設備を備える大・中・小の宴会施設、スパ、25mの室内プール、フィットネスが備わった、1400㎡の面積を有する「水月スパ&フィットネス」などの充実した施設を用意しています。また『ミシュランガイド東京』をはじめ、『コンデナスト・トラベラー』や、『トリップ・アドバイザー』など国内外で常にトップの評価を獲得し続けています。

ヒルトン系列の中でもコンラッドは最上級ホテルブランドです。(日本にはありませんが、海外にはウォルドーフ・アストリアという高級ブランドもあります。)

コンラッドは、マカオ・バンコクについて3つ目の滞在ですが、コンラッド東京もその名に恥じない素晴らしいホテルでした!

コンラッド東京の立地・アクセス




銀座から徒歩圏内、東京湾や浜離宮を一望する立地にあるコンラッド東京ですが、私たちは新橋駅から歩いて向かいました。

新橋駅からは10分弱ですが、ほとんど地下道を通っていけるのでスーツケースがあってもそれほど大変ではなかったです。



上の写真で赤枠で囲っている部分がコンラッド東京です。

9・10番出口を目指して、最後にエスカレーターを上がればコンラッド東京の入り口です。




チェックイン/アップグレード/レイトチェックアウト

一階エントランス

一階のエントランスからエレベーターで28階のロビーに向かいます。



この時は、エグゼクティブフロアを予約していましたのでエグゼクティブラウンジでのチェックインもできますが、28階のロビーが空いていたのでそのままそちらでチェックインしました。

チェックインの時に、子供用にキティちゃんの形をしたミネラルウォーターのペットボトルをくれて子供は大喜びでしました。

残念ながらこの時は、満室ということでゴールド会員の特典のアップグレードはありませんでした。(実際にGoToの影響もあってかなり混雑していました。。)

一応、14時までのレイトチェックアウトはOKしてくれました。通常のチェックアウトは12字ですが、12時周辺になるとプールなどのホテルの施設が一気に空くので、レイトチェックアウトは重要です!

このチェックインの時点で、スタッフの方のホスピタリティを非常に感じましたが、滞在中のラウンジスタッフ、朝食会場のスタッフ、いずれも自然な形での積極的な接客がすごいなーと感心させられました。

最近、いろんなホテルに泊まっていますが、ここまでの接客は日本ではなかったのですごく満足度が高かかったです。

エグゼクティブラウンジについて



エグゼクティブルームを予約するとエグゼクティブラウンジの利用ができます。

ただし、行った時はコロナの影響で営業時間含め変則的な運営となっていました。

例えば、営業時間は「12:00 - 21:00」でした。

そして、アフタヌーンティやイブニングサービスも混み合っている場合は、別のレストランへの案内となっていました。

コンラッド東京のエグゼクティブラウンジの様子は近日中に記事を公開予定です。

コンラッド東京 子供の添い寝について・子供のラウンジの利用は?

コンラッド東京の子供の添い寝規定ですが12歳以下は無料でした。

同じヒルトン系列でもヒルトン東京は小学生の場合、大人扱いになるので大きな違いですよね。

そして、ラウンジ利用の場合、添い寝の子供でも小学生になると追加料金が必要そうなのですが、我が家は無料でした。(ゴールド会員効果?プランに入ってた?のかは不明ですが、追加料金の請求はなかったです。)

また、お酒が振舞われるイブニンフサービス含めて子供のエグゼクティブラウンジの利用制限がなかったのも子連れには嬉しいポイントです。

エグゼクティブシティールームキング

今回予約したのは「エグゼクティブシティールームキング」というお部屋タイプです、

前述の通り、アップグレードはなかったので、そのままそのお部屋に案内されました。

37階のエグゼクティブラウンジがあるフロアでした。

廊下はシックでシンプルな雰囲気でした。


こちらが今回のお部屋です!


ベッドになんかいますね?


ベッドにはコランドダックとコンラッドベアが鎮座していました!子供は大喜びです。


窓側はソファーになっています。



仕事ができるように丸テーブルですがデスクもあります。


入り口の方を見ると、バスルームがガラス張りになっています。


こちらがバスルームです!

シャワーブースも別にありました。



そして、南部鉄器の急須とネスプレッソも完備されています。



チョコレートも頂きました!


ホームメードチョコレート!めちゃくちゃ美味しかったです。


もちろんクローゼットもあります。


私はどこのホテルに行っても着たことがありませんが、、ふかふかそうなバスローブもありました。


アメニティはコンラッド定番のシャンハイ・タンのものが置かれていました。



お願いすればリファイナリー フォー メン バイ アロマセラピーアソシエイツというメンズ向けのアメニティももらえるそうです。(滞在時は知りませんでした・・・)

フィットネス・プールについて

コンラッド東京といえば、屋内プールがあるため楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?



29階にスパ&フィットネスがあり、そこにプールもあります、ロッカールーム内にはサウナもジャグジーもありました。(宿泊者は無料で利用可能です。)


プールは4歳以上の子供が利用可能ですが、夜間の時間帯は子供は利用できません。

小学生以上の子供は、異性のロッカールームには入れないので、お父さんかお母さんどちらかと子供がプールに行く場合は、事前に子供の着替えは済ませておく必要があります。


プールサイドにはビーチチェがあり、ゆっくり過ごすことができます。



水泳キャップが必要ですが、無料レンタルの水泳キャップをプールに置いてくれているので持って行く必要はありません。


腕に巻くタイプの浮き輪やビート板も借りることができます。



滞在中は子供とプールを二回利用させてもらいました!


プールがあるエリアにフィットネスジムもあります。


そしてロッカールームにはジャグジーとスチームとドライの2種類のサウナがありました。




コンラッド東京まとめ

何と言ってもコンラッド東京のホスピタリティが最高に良かったです。

最近滞在した他のホテルとは比べ物にならないくらい良かったです。

コロナ禍でもこのクオリティを保っているのはすごいですね!

そして、もちろん設備も一流で大満足の滞在になりました。

近日中にエグゼクティブラウンジや朝食の様子を紹介する記事をアップしますので、そちらもぜひご覧ください。


コメント