2018年版 ANAプレミアムメンバーサービスのSFC会員になるための条件について徹底解説!!


ANAプレミアムメンバーサービスのSFC会員になるための条件は?

本日は、ANAプレミアムメンバーサービスのSFC会員になるための基準についてわかりやすく徹底解説します。

SFCの会員特典について

SFCの会員特典について、先日徹底解説しました。
【ANA】プレミアムメンバーサービスのSFC会員特典について徹底解説!!

 ANAのSFCステータスの決定方法

ANAの上級会員資格を決めるステータスは、毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まります。

そのため、12月末までにプレミアムポイントを何ポイント獲得するかによって、来年度のステータスが決まります。

※ステータスの期間は年度単位ですが、プレミアムポイントの計算は1月〜12月で計算されるので注意が必要です。



単純にいうと、年間プレミアムポイントが3万ポイント(ブロンズ会員)、5万ポイント(プラチナ会員)、10万ポイント(ダイヤモンド会員)で会員資格が変わってきます。

先日の記事で、各ランクの特典を解説しましたが、ブロンズ会員とプラチナ会員の間には大きな特典の差があります。

そのため、まず目指すべきはSFCクレジットカードへの入会資格が与えられる、プラチナ会員になります。

SFC会員特典については、下記の記事をご参照下さい。
【ANA】プレミアムメンバーサービスのSFC会員特典について徹底解説!!

プレミアムポイントとマイルの違いについて

良く間違えられるのが、プレミアムポイントとマイルの違いです。

私もよく友人や同僚から質問されるのが、

「プラチナ会員になる為には、何マイル貯めれば良いの?」

と聞かれることが多いですが、プレミアムメンバーのステータスを決めるのはマイルではなく、プラチナポイントになります。

プレミアムポイントは、搭乗することでしか貯めることができません。プレミアムメンバーステータスを取得する為には、飛行機に乗る以外ありません。

お金を出せばもらえる資格ではなく、航空券を購入して、実際に搭乗して始めてプレミアムポイントが付与されます。

そのため、プレミアムステータスを取得する目的で飛行に乗り続けることを、苦行になぞらえ、SFC修行やJGC修行といわれています。

プレミアムポイントの計算方法

プレミアムポイントは、下記の方法で計算されます。
通常積算されるフライトマイルとは別に、予約クラス・運賃種別ごとの積算率、路線倍率に、搭乗ポイントを加算して、プレミアムポイントが計算されます。
 


というところで、プレミアムポイントの計算は結構めんどくさく、いくつかの条件から算出されることになります。

区間基本マイレージ 

こちらは飛行距離に応じて設定されているマイレージのことです。
下記のANAのHPから確認することが可能です。

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

これは、航空券の種類のことで、座席クラスや飛行機の日程変更が可能か、キャンセルが可能かといった航空券を購入した時の条件によって変わってきます。

この積算率は、最大150%〜0%まで設定されています。

0%は積算対象外運賃となり、特典航空券や格安航空券の一部では、せっかく搭乗してもプレミアムポイントをもらうことができません。

一般的には、「この積算率が高い」=「値段が高いチケット」になります。

路線倍率

これは、国内線は2倍、日本発着のアジアオセアニアは1.5倍と路線ごとに倍率が設定されています。

この路線倍率は、飛行距離が短くポイントが貯まりにくいが、航空会社がターゲットにしている客層の多い路線(つまりは出張族が多い路線)に設定している物を思われます。

プレミアムポイントシミュレーションでは、ご搭乗の条件を入力すると、獲得できるプレミアムポイント数を計算できます。

搭乗ポイント

先ほどの搭乗クラスや予約クラス/運賃種別によって、一律付与されるポイントです。最大で400ポイントから0ポイントまで設定されています。

こちらも、高額な運賃ほど搭乗ポイントが付与される傾向にあります。

プレミアムポイントのシュミレーション

 下記のANAのHPにプレミアムポイントの計算サイトがあります。

プレミアムポイントシミュレーションのページへ

例)プレミアムポイントシュミレーション結果例
下記は、東京→バンコクをプレミアムエコノミーで計算しています。
 
 ご覧のように、マイルとプレミアムエコノミーではポイント差があることがわかります。

プレミアムポイントの獲得できる航空会社について

スターアライアンス加盟の航空会社

ANAはスターアライアンスという航空連合に加盟しており、プレミアムポイントはANA便だけではなく、スターアライアンス加盟の航空会社の飛行機でも、チケット購入時や搭乗時に当該旅程のマイルをANAマイレージクラブへ加算する手続きをとることで貯めることができます。

ただし、この場合も前述のプレミアムポイントの計算方法が適用され、各社によって条件が異なります。

各社の条件は下記から参照が可能です。
http://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/flightmile/tk/  

※各ステータスになる為の条件として、獲得プレミアムポイント総数だけでなく、ある一定以上のプラチナポイントをANA便で稼ぐ必要がありますので、ご注意下さい。

つまり、スターアライアンス便だけで、50,000ポイント貯めてもだめです。

[注意!!]スターアライアンス以外の提携航空会社

ここで、注意が必要なのですが、プレミアムポイントを獲得できるのはANA便とスターアライアンス加盟の航空会社の運行便だけです。

マイレージ提携航空会社ではプレミアムポイントは貯まりません 。提携航空会社の運行便ではANAマイルを貯めることはできますが、プレミアムポイントを貯めることができません。

私は昨年、フィリピン航空に乗った際、マイレージが加算されるので、すっかりプレミアムポイントが貯まるとおもっていましたが、フィリピン航空はスターアライアンス加盟の航空会社ではないため、プレミアムポイントを貯めることができず、苦い思いをしたことがあります。

PP単価とは?

 航空券の金額を獲得できるプレミアムポイントで割ったポイントをPP単価(プレミアムポイント単価)と呼ばれているのですが、このPP単価が低いほど、低コストでプレミアムポイントを獲得することができるという意味になります。

つまり、

PP単価 × 50,000PP = プラチナ会員取得のための費用

となります。


プレミアムポイントが貯まりやすい路線、座席クラスは?

プラミアムポイントが貯まりやすいのは、搭乗倍率が2倍の国内線、1.5倍のアジアオセアニア路線です。

さらに、国内線の場合はプレミアムクラス、国際線の場合はプレミアムエコノミーが予約クラスが高いため、上記の路線と組み合わせて修行ルートとして使われることが多いです。

【SFC修行 PP単価7.36円】 2017年スタートダッシュ / 2016年総仕上げのオススメ修行ルート

注意点まとめ】SFC会員になるための条件

これまでに記載した、SFC修行の際に間違いやすい注意点を下記にまとめます。
  • ステータスの期間は年度単位だが、プレミアムポイントの計算は1月〜12月で計算される
  • マイルとプレミアムポイントは違う
  • スターアライアンス以外のマイレージ提携航空会社に搭乗してもプレミアムポイントは貯まらない


今回は、SFC修行のための前提知識となる、SFC会員になるための基本的な条件をまとめました。今後、本ブログでも修行ルートや修行のためのお得情報を紹介していきたいと思います。



0 件のコメント :

コメントを投稿