ビジネスクラスに乗ってわかった!!降機時にビジネスクラスが荒れている理由


ビジネスクラスキャビン
皆さんも体験したことないでしょうか?

飛行機の降機時にエコノミークラスからビジネクラスを通過する際に、いつもなんであんなに荒れているんだろう?という疑問がありました。

ビジネスクラスに乗っている人たちは人間性に問題があるんじゃないかと疑ってしまうこともあるくらい、荒れていることがあります。

きっと、この疑問を持っているのは私だけではないかと思います。

そんな疑問が先日、ビジネスクラスに搭乗してきて解決しましたので紹介します。

ビジネスクラスのキャビンが荒れ放題な理由

モノが散乱しているビジネスクラスの機内

理由その① 

エコノミークラスは、枕と毛布くらいですが。ビジネスクラスでは、加えてベットパッドやスリッパなど様々なアメニティが配布されています。
そして、これらのアメニティは回収しに来ることなく、降りることになりますので、そのままシートに放置して帰ると、機内は荒れているように見えてしまいます。

理由その②

この「理由その②」が荒れているように見える一番の理由だと思いますが、ビジネスクラスのシートには、物を置いて置くことができるテーブルスペースがあります。


このスペースに、ちっちゃいカバンや小物を置いてあったとして、離着陸時に片付けるように言われないのです。

私の隣に座っていたお姉さんは搭乗してから降りるまで、カバンをずっとこの机の上に置いてありました。

そのため、着陸の衝撃で、この机に置いてあるペットボトルやゴミ類が散乱してしまう結果になります。

実際に、私もいくつかのモノをこの机に置いてあって、着陸時の衝撃で落ちていくのを必死に抑えました。

このときに、抑えきれずにゴミやアメニティが散乱してしまいます。

それを片付けることなく、降機になるのでエコノミークラスからビジネスクラスを通過する際に、散らかっている状況を目の当たりにすることになります。

私は一度しかビジネスクラスに乗っていないので、この理由が毎回当てはまるかはわかりませんが、モノが散乱している状況はこれらの理由がひとつの要因であることは間違いないと思います。

コメント