念願のANAビジネスクラス!成田-バンコク 787-8(フルフラットシート+スタッガード配列)搭乗記


憧れのボーイング787-8のフルラット&スタッガード配列シートの搭乗記です。

といっても、ビジネスの航空券など買えるわけがなく、アップグレードポイントを使ってビジネスクラスにアップグレードしました。

出発は仙台空港で、成田空港を経由してバンコクに向かいます。

実録!アップグレードポイントでビジネスクラスにアップグレード


 仙台-成田-バンコク787-8ビジネスクラス搭乗記(搭乗前)

搭乗便の選び方

成田-バンコク路線は1日2本あります。NH807とNH805です。成田出発時間はほんの一時間しか変わりません。

なのにNH807は787-8でスタッガード配列のビジネスクラス+プレミアムエコノミーで、NH807は777の古い機材で、座席モニターもしょぼく、USB電源すらありません。

プレミアムエコノミーの設定もありまあせん。

なので、アップグレードの空席があって価格は同じ場合は、圧倒的にNH807をお勧めします。

到着時間も1時間ほど早いので、ど深夜にならずにすみます。

いつも、アップグレード空席情報をチェックしていると、HN805便はありますがNH807便はやはり、空席が少ないです。

みなさんきちんと選んでチケット購入しているみたいです。当然といえば当然ですよね。

SFC会員であればプレミアムエコノミーの自動アップグレードもあるし、機材も新しい方がいいに決まってます。
【ANA】出張族のSFC会員に朗報!!バンコク、デリー線に新機材導入!787-9が登場!

知っているのと知っていないとでは大きな違いなので、バンコク路線に限らず飛行機に乗る際は機材も要チェックです!

仙台空港でチェックイン(国際線乗り継ぎカウンター)

今回は仙台空港から成田空港乗り継ぎで、バンコクに向かうので荷物の預け入れは仙台で行い、受け取りはバンコクになります。

なんと、仙台空港にはSFCやスターアライアンスゴールドメンバーなどの上級会員専用のチェックインカウンターがありません。。。

すっかりJGCとSFCのダブルホルダーになってからは楽をすることを覚えてしまったので、並ぶのが億劫になってしまいました。。

カウンターも三つしかなく、そのうち国際線乗り継ぎカウンターは一つだけ、、15分くらい待ってチェックイン完了しました。

仙台空港のANA LOUNGE

私はSFC会員なので、搭乗クラスに関わらずラウンジを利用できますが、国際線でビジネスクラスのチケットを持っている場合、国内線の出発空港でもラウンジを使うことができます。

チェックインが完了して出発まで1時間以上あったので、ラウンジで休憩します。小さいですが仙台空港にはJALのサクララウンジもANAのANA LOUNGEも両方あります。

今回はANA便の利用なので、ANA LOUNGEを使います。

仙台空港JALのサクララウンジの様子はこちらの記事にまとめています。

BAの特典航空券で新仕様機「エンブラエル190」に搭乗してきました。

仙台空港のANAラウンジの印象としては、ANAラウンジらしくシックにまとまっていて、新しくて綺麗でした。





生ビールもあります。サクララウンジは缶ビールでしたが種類が3種類ありました。

おつまみになりそうなスナックは一種類だけありました。

到着機材が遅れて、仙台の出発が遅れて乗り継ぎが大丈夫か心配になりましたが、乗り継ぎ時間に間に合いました。

成田空港での国際線乗り継ぎ

無事、成田空港に到着した後は国際線乗り継ぎです。私はなぜか沖止め率が高く、この日の仙台からの便は沖止めでした。

到着したら上の看板に従って「国際線乗り継ぎ」の方へ行きます。荷物はスルーチェックインなので、受け取る必要はありません。



国際線乗り継ぎの保安検査場にGOLD TRACKというスターアライアンスゴールド会員向けの優先保安検査場があったので、こちらを利用しました。

GOLD TRACK

このゲートを抜けた先に、出国審査場がありその手前に税関カウンターがあるので、私の場合は海外に住んでいて、日本で買い物して海外に持って買えるものは、免税が受けられますので、税関カウンターのBOXに免税書類を提出します。
海外在住日本人も使える日本の免税システムの仕組みを実践例を交えて紹介します
この日も、ただBOXに免税書類を入れただければ、一切何も言われることはありませんでした。

成田空港の国際線ANAラウンジ


成田空港に到着したら、目の前がANAラウンジのあるターミナル1南ウィングの第5サテライトだったので、とりあえずラウンジに向かいます。

成田空港ターミナル1南ウィングの第5サテライトのANA LOUNGE

第5サテライト ANA LOUNGE

カウンターでチケットを見せると搭乗便の搭乗ゲートが47番だったので、

「お客様の便の搭乗口のお近くにも、ラウンジがございますがこちらでよろしいですか?」

と言われたので、とりあえず入って撮影だけしてきました。

これまで成田空港を使う際はいつもこちらを使っていたので、メインは搭乗口近くの方で滞在することにしました。


このラウンジは綺麗なのはいいのですが、いつもすごく混み合ってます。まさに芋洗状態。。


一通り、歩いてみましたが、どこもかしこもほぼ満席でした。。
ほぼ満席
食べ物・飲み物は2箇所に設置されています。


ラーメンやうどんなどオーダ式の食べ物は、この左手の奥で注文できます。

ちょうど、職人さんが握ってくれるお寿司が出ている時間でした。


ビールサーバーも2箇所に設置されています。




ということで、一通り散策したら人も多いので搭乗ゲートが近い第4サテライトのラウンジに移動します。

ターミナルの真反対だったので、思ってた以上に距離がありました。。カウンターで教えてもらったおかげで、ゆっくりしなくてよかったです。

途中ユナイテッド航空のラウンジがありますが、仙台発の飛行機が遅れたこともあり、入るのを断念します。以前、利用したことありますが、ユナイテッド航空便が多く止まっている場所ということもあり、欧米の方でごった返していました。

スターアライアンスゴールド会員も利用できるUNITED CLUB

成田空港ターミナル1南ウィングの第4サテライトのANA LOUNGE

第4サテライトANA LOUNGE
第4サテライトのラウンジですが私が利用できる「ANA LOUNGE」は2F、ファーストクラスやダイヤモンド会員向けの「ANA  SUITE LOUNGE」は4階になっています。


移動時間が長かったので、搭乗時間まで30分くらいしかありませんので、急いで入ります。



入り口には「R2-D2 ANA JET」の模型が置いてありました。


スター・ウォーズ:バトル ポッド」も置いてありましたが残念ながら調整中でした。



ラウンジの雰囲気は第5サテライトと似ていますが、この時間帯はこちらの方が人は少なかったです。とはいえ、混雑はしています。

ANAはまだ、SFC会員を増やすつもなんだろうか・・・、ちゃんと目先の利益じゃなくて、将来のことを考えてるのかな。



こちらのラウンジも綺麗です。デザインコンセプトは第5サテライトのラウンジと当然ながら一緒ですね。


入って右奥の方には、日本酒バーがあり、地酒が楽しめるようになっていました。





注文できる食べ物は第5サテライトも同様です。
オーダーフード
この日はビジネスクラスなので、会社の先輩からはラウンジで何も食べない方がいいよ!とアドバイスをもらっていたにもかかわらず、間違ってラーメンを食べてしまいました。。
とんこつラーメン

いよいよビジネスクラス搭乗



前振りが長くなりましたが、いよいよビジネスクラスに搭乗です。搭乗予定時間ぴったりに行くと、ちょうど優先搭乗が始まりました。このあたりはさすがは日本、さすがANAです。

タイ航空なんて搭乗時刻が出発の50分前になっているくせに、いつもギリギリまで搭乗が始まらず、遅れることがほとんどです。

フルフラットシート+スタッガード配列

いつも素通りしていたビジネスクラスのシートに初めて着座します。


私は、3Hだったので通路に面した窓側の座席です。一番いいのは、上の写真の窓側の窓側座席だと思います。


フルフラットにするとこんな感じです。(暗い時に写真を取ったので見にくくてすみません。。)
フルフラット状態
足は、このディスプレイ下に入れることになります。


リクライニングは、手元のスイッチで操作できます。

アメニティ

エコノミークラスで使える、枕と毛布、ヘッドホン以外に、マットレスのようなものが置いてありました。
ベッドパッド
これは、ベッドパッドでスタッガードシート機材の場合のみ提供されているようです。
ベッドパッドの使い方
他にもプレミアムエコノミーでも置いてあるスリッパもあります。
スリッパ

その他、「歯ブラシセット、 マウスリフレッシュ、 フェイス&ボディシート、 アイマスク、 イヤプラグ、 フェイス&ハンドクリーム、 マスク、 くし」も希望すればもらえます。
充実のアメニティグッズ

機内エンターテイメント

ディスプレイの画面本当に大きいですよね、画質も綺麗で家でテレビを見ているのと変わりません。


大きい弊害としては、後ろから何を見ているか丸見えというところでしょうか。。

バンコク路線限定のプレミアムレーンチケット

バンコクの入国審査は異常に混雑していることがあります。そんな混雑を避けるためにビジネスクラス搭乗時はプレミアムレーンのチケットをもらうことができます。

ちなみに、この日は全く混雑していなかったので使いませんでした。取っておけば、後日別の日に、エコノミー搭乗時でも問題なく使えます。


機内食

一番楽しみにしていた食事です。和食と洋食がありますが、肉付きなので肉料理が中心だった洋食を選択しました。

洋食イメージ

和食イメージ(和歌山県の郷土料理)
メニューはANAのホームページで事前に確認して、ANAマイレージクラブ会員は事前に選択することもできます。
成田→バンコクの食事メニュー


ドリンクメニュー

ドリンク

普段お酒はあまり飲まないのですが、最近ワインやスパークリングワインは少しだけ飲み始めたので、普段中々飲むことのできないシャンパンをお願いしました。

シャンパーニュ・カナール・デュシェーヌ・キュヴェ・レオニー・ブリュット
シャンパーニュ、フランス 
まだ違いのわかる男ではないですが、雰囲気は十分に味わえました。

アミューズ

アミューズってなんだ?っていうところからですが、「アミューズメントパーク」のアミューズらしいです。「口を楽しませる」ってことみたいで、前菜の前段階です。
胡麻スティック アプリコットとバターのロール仕立て 2種のオリーブとチーズ ハーブオイルとともに 
オリーブとハーブがあまり好きじゃないのですが、、、胡麻スティックおいしかったです!

アピタイザー

ローストビーフ ずわい蟹のサラダに林檎のコンフィを添えて 
想像以上に冷たかったですが美味しかったです。ローストビーフは、ちょっと硬めでローストビーフという感じはしなかったです。

ブレッド


ANA オリジナルブレンド北海道産小麦粉100%、フランス産天然酵母を使用 
蒜山ジャージーバターとオリーブオイルとともに 

写真にオリーブオイルがないですが、おそらく忘れられていたのか、後でそっと置いていってくれました。

メインディッシュ

お肉と魚が選べましたが、お肉を選びました。
和牛のロール仕立て 椎茸とエシャロットのソース ほのかな醤油風味[559 kcal] 
飛行機であることを忘れてしまうくらい、メインディッシュは本当に美味しかったです。

デザート

謙虚に一個だけとりましたが、隣のタイ人のお姉さんは二つ取っていたので、二つとってもよかったんですね、、残念。。
ピエール・エルメ・パリのシュークリーム 
このシュークリームも普通に美味しかったです。

食後のドリンク

食後のドリンクは緑茶を選びました。美味しいチョコレートもついてきます。

食後のラーメン

一風堂のラーメンが食べれると聞いていたので、これは絶対に食べようと思い、お腹がいっぱいながら、しっかりいただいてきました。
一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「そらとん」 
お味は、期待値が高すぎたため、イマイチでした。。これで本当に一風堂はOK出しているんだろうか・・・、飛行機で食べたから味覚が麻痺していたのかもしれません。

ラーメンの他にカレーやサンドイッチなどを食後に注文できるのですが、このタイミングが難しかったです。

ずっとタイミングを見計らっていたら、周りの人が食べ始めて、、、いつ言おうかとしばらく様子を伺っていました。

フライトマップ

ビジネスクラスとあまり関係ないですが、今のフライトマップは進化してますね。Google Earthのような感じになっていました。また、フライトシュミレーターのような画面にも変更できて、見ていて飽きませんでした。
フライトマップ

CAさんのご挨拶

まだギリギリプラチナ会員なので、搭乗してすぐにCAさんが挨拶に来てくれました。何回乗ってもあの挨拶にはなれません。。

なんか恥ずかしいですよね・・・・

ビジネスクラスを体験した感想

素晴らしいサービス、素晴らしいシートに、美味しい機内食と至れり尽せりで大満足でした。

フラットシートは疲れ知らずで、体を伸ばせるって素晴らしいですね。飛行機降りた後の疲労感が全然違いました。

一方で、私は昔からできるだけ回数を多く、旅行に行きたいと思ってきました。歳をとるに連れて年々旅行のスタイルは変わってきていますが、特典航空券で搭乗する場合でも、まだエコノミーで十分かなと感じました。

確かに疲労感は格段に少なかったですが、食事などはその差額を考えれば地上でもっと美味しいものを一杯食べることができると思います。

とはいえ、チャンスがあればビジネスやファーストクラスは利用して行きたいですが、基本はこれからもエコノミーで数多くいろんなところを旅行して行きたいです。

また、前から不思議だったんですが飛行機を降りるためにビジネスクラスを通過するとやけに散らかっているのを目の当たりにします。今回搭乗して納得しましたので、その理由は下記の別記事にまとめています。

ビジネスクラスに乗ってわかった!!降機時にビジネスクラスが荒れている理由



4 件のコメント :

  1. 初めましてこんにちは。ブログ拝見しました。
    ひとつ質問なのですが、スワンナプーム空港で使えるプレミアムレーンチケットは機内でCAさんにお願いすれば、Cクラス搭乗客ならかならずもらえるんでしょうか?これまでもらえたことがないので参考にさせて下さい!

    返信削除
    返信
    1. 普段コメントをいただくことがないので、コメント今気づきました。申し訳ありません。基本、ビジネスクラスでは必ずもらえるはずです。もらえない場合はCAさんに聞いて見てください。上司も普段ビジネスの場合はもらえると言ってました。

      削除
    2. やまと丸さん、返信いただきありがとうございます!そうだったんですね。CAさんに確認したことがなかったのでみんなどこでもらっているのだとうなぁと思っておりました。良い情報ありがとうございました!

      削除
    3. こちらこそコメントありがとうございました。コメント通知がうまくいっておらずまたもや返信が遅れてしまいました。他にも色々な記事を書いていますのでよかったら読んでいってください。

      削除