国内線なのに豪華なマレーシア航空のゴールデンラウンジ(Golden Lounge)@KLIA 国内線ターミナル


先日のマレーシア旅行の際に、クアラルンプール国際空港(KLIA)で国際線から国内線に乗り換えてクアラルンプールからクアラ トレンガヌへ行ってきました。

その際に利用したKLIA国内線のマレーシア航空ラウンジを紹介します。



今回は国際線からの乗り換えだったので、KLIAでの国際線から国内線への乗り換え方法もあわせてご紹介します。


マレーシア航空ラウンジ@KLIA 国内線ターミナル

マレーシア航空の本拠地であるクアラルンプール国際空港の国内線ラウンジは中は広く、食べ物も豊富でした。国内線ラウンジの中では上位に入るかもしれません。

JGC会員であれば、同じワンワールドのマレーシア航空利用時に利用することができます。

営業時間

5 am - 12 am(5時から0時まで)

早朝から深夜まで営業しています。

アクセス

Domestic Terminal A,  (next to Gate A2),Kuala Lumpur International Airport

国内線ターミナルのゲートA2の隣にありますので上の表示を見ながらA2ゲートを目指してください。
途中にSPECIAL HANDLING LOUNGEというのがありますが、その奥のはす向かいにマレーシア航空のGolden Loungeがあります。
SPECIAL HANDLING LOUNGE

マレーシア航空の国内線のGolden Loungeの入り口は落ち着いた雰囲気です。
Golden Lounge

国際線から国内線への乗り換えアクセス

国際線から国内線への乗り換えはKLIAの場合は、メインターミナルで乗り換えすることができますので、サテライトターミナルに到着した場合は、空港内を無料で移動できるエアロトレインでメインターミナルに移動する必要があります。




国内線のチケットを持っていない(チェックインしていない)場合は、メインターミナルのエアロトレイン駅付近に乗り継ぎカウンターがありますのでそちらで、チェックインを済ませてください。



その後は、メインターミナル内の国内線出発ゲートを目指してください。



国内線乗り継ぎ者専用のイミグレがあります。結構広くて、私が利用した時はガラガラでした。


あとは、前述の通り国内線のゲートA2を目指せばマレーシア航空の国内線ラウンジにアクセスできます。

イミグレを抜けてすぐにやたら騒がしい、いろんなものを売っている自動販売機がありますので、そちらの方に向かっていただけば、A2ゲートの方になります。

設備

アルコールはありませんが、食事は充実しており、トイレはもちろん、イスラム教徒の方向けのお祈り部屋やシャワールームもありました。

ラウンジ潜入レポート

前述の通り、国内線ラウンジにしては立派なラウンジで、食事も充実していました。



ラウンジスペース

入り口付近はソファースペース、真ん中は食事カウンター、奥もソファーのラウンジスペースになっていました。トイレやシャワー、お祈り部屋は食事カウンター近くにあります。
入り口付近

真ん中付近のダイニングスペース
一番奥のソファースペース
窓側からは駐機している飛行が見えます。
奥の窓側のソファースペース

食事&ドリンク

ラウンジの真ん中辺りが、フードカウンターになっています。


マレーシア料理も置いてありました。





ラクサをオーダーすることができる、ヌードルバーがあったんですが、残念ながら7時?(7時半?)から開始ということで早朝利用した私たちは利用することができませんでした。



お国柄なのかアルコール類は置いてありませんでした。



家族三人で朝からたっぷり頂きました。



終わりに

マレーシア航空の国内線ラウンジはかなり充実した食事&設備で国際線ラウンジと言われても不思議ではない充実度でした。

この前日ははKLIAの国際線ターミナル内にあるSama-Sama Expressに宿泊したので朝食はなかったのですが、ラウンジで十分に済ませることができました。
これは便利!クアラルンプール空港のトランジットホテル Sama-Sama Express KLIA(サマサマエクスプレス KLIA)の宿泊レビュー マレーシア航空の国内線ラウンジはなかなか利用する機会は少ないかもしれませんが、全然ありだと思います。

JALやANAも通常の国内線ラウンジをこの程度充実させてもらうとありがたいですね!



0 件のコメント :

コメントを投稿