結構いいかも?!エアアジアのBIGプログラム(AirAsia BIGポイントでお得に特典航空券をゲット!!)


ローコストエアライン(LCC)のエアアジアにもポイントプログラムがあるのをご存知ですか?

LCCといえばコスト重視でポイントプログラムがないと思いがちですが、エアアジアはBIGポイントというポイントを搭乗のたびに獲得することができて、それを特典航空券に交換することができます。

最初、調べた時は必要ポイントも多くあまり魅力的ではないなと思ったんですが、頻繁に「Final Call Sale」というものが行われていて、そのセール期間にBIGポイントを使うとかなりお得であることがわかりました。

エアアジアのBIGプログラム(AirAsia BIGポイント)

エアアジアのBIGプログラムですが、日本語の情報が比較的少なく、エアアジアのページで調べても404エラーが出たりして、イマイチ使いづらい印象です。

しかし、使いようによっては中々魅力的なプログラムなことがわかったので紹介します。

BIGプログラムの特典航空券の発券に必要なマイル数


例えば、日本発着便の場合、関空-バンコクの直行便の場合、片道25,000ポイントからとそれほどお得感がありません。さらに、これに空港税が必要になります。



私の調べた旅程では、往復に関空-ドンムアン空港の必要なポイントは50,000ポイントで空港税として5,744円となっていました。

関空-ドンムアン空港必要ポイント&空港税


このように、日本発着便ではエアアジアのBIGポイントプログラムですが、通常のポイントではあまりお得感がありません。

一方で、マレーシアやタイ発着の場合は比較的リーズナブルなポイント数で特典航空券に交換することができます。


KUL発着便の片道必要ポイント数例
DMK発着便の片道必要ポイント数例

ちなみに、タイの国内線の予約の場合でも空港税は必要になります。

こちらのページから必要ポイント数を検索することができます。

そして、このエアアジアのBIGプログラムですがさらにお得に利用する方法があります。

頻繁に実施されている、「FINAL  CALL SALE」というプロモーションを利用すればかなりお得に特典航空券を予約することができます。

BIGロイヤリティプログラムの「FINAL CALL SALE」



この「FINAL CALL SALE」は少ないBIGポイントで特典航空券が予約できるプロモーションです。

例えば、2017年9月に実施されている、Final Call Saleで特典航空券の発券に必要ポイント数の一例を紹介します。

出発地 到着地 BIGポイント数
Siem Reap Phuket 480
Mandalay Bangkok - Don Mueang 480
Phuket Siem Reap 500
Bangkok - Don Mueang Mandalay 500
Chiang Mai Ubon Ratchathani 500
Pattaya Ubon Ratchathani 500
Ubon Ratchathani Chiang Mai 500
Ubon Ratchathani Pattaya 500
Krabi Kuala Lumpur 500
Surat Thani Kuala Lumpur 500
Pattaya Kuala Lumpur 500
Bangkok - Don Mueang Medan - Kualanamu 500
Kuala Lumpur Krabi 500
Kuala Lumpur Surat Thani 500
Kuala Lumpur Pattaya 500
Medan - Kualanamu Bangkok - Don Mueang 500
Phnom Penh Bangkok - Don Mueang 960
Siem Reap Bangkok - Don Mueang 960
Luang Prabang Bangkok - Don Mueang 960
Yangon Bangkok - Don Mueang 960
Hanoi Bangkok - Don Mueang 960
Ho Chi Minh City Bangkok - Don Mueang 960
Bangkok - Don Mueang Phnom Penh 1,000
Bangkok - Don Mueang Siem Reap 1,000
Bangkok - Don Mueang Luang Prabang 1,000

480ポイントからと通常のポイントよりかなり少ないBIGポイントで特典航空券へ交換できます。

必要ポイント例(バンコク・ドンムアン空港〜クアラルンプール)

例えば、バンコクのドンムアン空港の旅程で検索してみました。

まずは、往路(ドンムアン〜クアラルンプール)です。

プロモーションで必要な最低BIGポイントは1,500ポイントです。

Bangkok - Don MueangKuala Lumpur1,500

1つだけ注意点があります。このプロモーションはスマホアプリ「BIG LOYALTY」内でしか適用することができません

ちなみにこの区間、通常は10,500〜26,200BIGポイントとなっています。




少しスクロールして、下の方を見ると、1,500 BIG POINTSというのがありますが、PC画面ではアクティブになっておらず、選択することができません。


復路のクアラルンプール〜ドンムアンも同様に検索して見ると、往路と同様の必要ポイントです。


こちらもスクロールしていくと、1,500 BIG POINTSのプロモーションがありました。

一番必要BIGポイントの少ないフライトは、毎日の設定はないようですが、日付&時間限定でプロモーションが設定されています。

ちなみにBIGポイントとは別に「空港税」が必要で、今回検索した旅程の場合は「1,126.80THB」となっていました。

アプリ「BIG LOYALTY」利用方法と注意点

前述の通り、プロモーションを適用するためにはアプリケーションから予約する必要があります。

しかし、iPhoneに「BIG LOYALTY」プログラムをダウンロードして、最初は日本語を選択して予約を進めようとしたのですが、日本語を選択するとアプリケーションがエラーの連続で全く使うことができませんでした。

アプリケーションのError


そのため、私は地域とと言語設定を「Thailand」→「English」と選択することで問題なく使えるようになりました。(「Japan」→「English」でも問題ないことを確認しました。)


一旦、アプリをダウンロードして日本語を選んでしまうとエラーで何もできなくなってしまうので、言語を変更するために一度アプリを削除してから、言語設定をし直しました。

もし、エラーの連続で使えない!!という場合は、アプリを一度削除して、言語設定をやり直してください

アプリのレビュー欄にも使えない!というレビューがたくさんありました。。



言語設定で英語を選択すると、無事起動することができます。トップ画面は指定した国のプロモーションポイントが表示されるようになっています。(日本発着便は無いため、プロモーションはありませんよ!といったメッセージが表示されます。)



上記の行き先をクリックすると、プロモーション検索機能があり、出発空港と到着空港を指定して検索すると、カレンダー上にプロモーションの必要ポイントを表示することができます。



カレンダーの日付の下に必要最小ポイントが表示され、赤字の部分が最も必要ポイントが少ないフライトの設定がある日付になります。



いくつかの路線を調べてみましたが、設定さえあれば比較的予約は取りやすそうな印象です。

BIGポイントの貯め方(日本)

では、特典航空券を発券するために必要なBIGポイントはどうやって貯めるのか紹介したいと思います。

あまり馴染みのないポイントプログラムかと思いますが、日本にいながら貯める場合は、

  • エアアジアに搭乗して貯める
  • Agodaのポイントマックスプログラムで貯める
  • Kaligoで貯める
  • SPGアメックスのポイントを移行する

などの選択肢があります。

エアアジアの搭乗やサービスで貯めることができるポイントは下記の通りになっています。マレーシアの会社なのでベースがマレーシアリンギットになっているため、通貨変換が必要になりますが目安までに載せておきます。

項目
BIGポイントの交換
フライトのみ(基本運賃)
2MYR(マレーシアリンギット)=1BIGポイント
1つ以上のアドオン(機内食、受託手荷物など)をお申し込みいただいているフライト
2MYR(マレーシアリンギット)=1BIGポイント
プレミアムフラットベッドでのフライト
1MYR(マレーシアリンギット)=1BIGポイント
プレミアムフレックスでのフライト
1MYR(マレーシアリンギット)=3BIGポイント*

と、日本でのポイントの貯め方を紹介しましたが、日本発着便の場合には前述のセールは使えないなど、貯めるにも利用するにも不利な状況ですので、積極的に日本発着便で使う必要は無いのかなと思います。

BIGポイントの貯め方(タイ)

私が住んでいるタイ在住の場合は、クレジットカードのポイント移行先としてAirAsiaのBIGポイントが入っていることが多いです。

実際私の所有している「Krungsri VISA Signature」と「Citi M Visa Select Credit Card」 の2つのクレジットカード共にポイント交換先にエアアジアのBIGポイントが入っています。

Krungsri VISA Signatureのポイント移行先


Krungsri VISA Signature

航空会社 条件
タイ国際航空(TG) 2ポイント=1マイル
バンコクエアウェイズ(PG) 1,000ポイント=10フライヤーポイント
キャセイパシフィック航空 2ポイント=1マイル
日本航空 (JAL) 3ポイント=1 JALマイル
エアアジア 2ポイント=1ビックポイント

Citi M Visa Select Credit Cardのポイント移行先

Citi M Visa Select Credit Card

航空会社 条件
タイ国際航空(TG) 2ポイント=1マイル
キャセイパシフィック航空 2ポイント=1マイル
ブリティッシュエアウェイズ 2ポイント=1 Avios
エディハド航空 2ポイント=1マイル
エバー航空 2ポイント=1マイル
カンタス航空 2ポイント=1マイル
シンガポール航空 2ポイント=1マイル
エアアジア 2ポイント=1ビックポイント
このようにタイでは比較的BIGポイントが貯めやすい環境になっています。

タイのクレジットカード選びは下記の記事をご参照ください。

他にもエアアジアの本拠地マレーシアなどではさらに貯めやすくて使い易い状況になっているかと思います。

まとめ

現状、日本在住で日本発着の便を利用したい場合は、他のマイレージプログラムと比較するとメリットはほとんどありません。

一方で、クアラルンプールやバンコク在住の場合は、キャンペーン等を上手に利用すればかなりお得に航空券を発見できることがわかりました。

キャンペーンを利用する場合は、日付や時間が限定されてしまいますが、フレキシブルな日程で旅行可能な場合は強力なマイレージプログラムになりそうです。

私は前述のKrungsri VISA Signatureのポイントが10万ポイント(エアアジア5万BIGポイント)分あるため、選択肢が増えてよかったです。

もう1つの「Citi M Visa Select Credit Card」も3万ポイント(エアアジア1.5万BIGポイント)分ありますが、こちらはブリティッシュエアウェイズのAviosに交換する予定です。

今回紹介したエアアジアの搭乗レビューは下記の記事をご参照ください。私は積極的にエアアジアも利用しています。

LCCの雄!エアアジアの評判ってどうなの?実際の搭乗レビューを交えながら紹介します。

私は陸マイラーでANAやJALの上級会員ステータスも保有していますが、コスパのいいLCCも積極的に利用します。 マイルで発券して飛行機に乗るのもお得ですが、税金やらサーチャージを考えたらLCCを利用した方が割安なことも多々あります。 ...





0 件のコメント :

コメントを投稿