JALやANAの上級会員の別航空会社ラウンジ利用について(JGCはワンワールド・SFCはスターアライアンス系のラウンジが利用できます)


今バンコクに住んでいて、仕事でいろんな方とお話しする際に、皆さん出張でよく飛行機に乗る機会が多い方が多いためかJGCやSFC会員の話になることがよくあります。

その会話のなかでラウンジの話になることが良くあるのですが、私はスワンナプーム空港のオススメラウンジを伝えたりするようにしています。

しかし、意外にもJGC会員がワンワールド、SFC会員はスターアラインアンス加盟の航空会社のラウンジを使えることをしらない方が多いことに気づきました。

皆さん曰く、チェックインカウンターで案内される(渡される)紙に書いてあるのが日本の空港の場合、ANAラウンジやサクララウンジだったりするため、それ以外の航空会社のラウンジはダメなのかなと思っちゃうみたいです。




そんな方のために、今一度利用できるラウンジの条件を紹介したいと思います。

JGCやSFCがあれば同じアライアンスの航空会社のラウンジを利用できます


まず、本日一番伝えたいことは、

  • 「JALのJGC会員はJAL便やワンワールド系航空会社の飛行機に乗る場合、JAL以外のワンワールド系航空会社のラウンジを利用できる」

  • 「ANAのSFC会員はANA便やスターアラインス系航空会社の飛行機に乗る場合、ANA以外のスターアラインアス系航空会社のラウンジを利用できる」

ということです。

このことは、皆さんご存知かと思っていましたが、SFCやJGCを当たり前のように毎年更新している、一部の出張族の上級会員の皆さんには知られていないことが多いことがわかりました。
つまり、チェックインカウンターで案内されたラウンジしか利用できないと思っている方も結構いることがわかりました。

他の航空会社のラウンジ利用方法

他の航空会社のラウンジ利用方法はすごく簡単で、基本的には航空券とパスポートをそのラウンジの入り口で提示すれば大丈夫です。

普通、航空券を購入・発券する際に上級会員資格のある航空会社の会員番号を入力しておけば航空券にステータスが印字されるため、それを見せれば問題ない場合が多いです。

もしくは、チェックインカウンターでステータスカードを提示するとその場で登録してもらえます。

ただ、ラウンジ入場の際、本来はステータスカードを提示する必要があり、JALの場合はJGC会員カード、ANAの場合はSFC会員カードを見せてください。

たまに勘違いするのが、クレジットカードのJALグローバルカードやスーパーフライヤーズカードが会員証がわりになると思ってしまいがちですが、あればあくまでクレジットカードなので会員証とは異なります。

ちなみに、ANAの場合はANAのアプリの画面を会員証がわりに使うことができますので、会員証を忘れた場合でも安心です。

【AMC】ステータスカード代わりにもなるANA MILEAGE CLUB アプリ
では、実際にどういったラウンジが利用できるのか、私の本拠地バンコクのスワンナプーム空港をを例に紹介したいと思います。

ちなみに、当然ですが一部の特例(JAL経由でANAとのコードシェア便を予約したなど)を除いて、例えばJGC会員がANAやその他スターアライアンス便に搭乗する際はラウンジを利用することができません。

そのため、一度会員になってしまうと、同じアライアンスに乗る機会が多くなりがちです。このように、航空会社も顧客を囲い込むことができるし、利用者も特別待遇が受けられるので、双方にとってメリットのある状況を生み出せています。

一方で、最近は上級会員が増えすぎているのを感じることがありますので、今後ANAやJALも何らかの方針転換をする可能性も無きにしもあらずかなと思っています。

タイ・バンコクのスワンナプーム空港のラウンジ

私の本拠地であるバンコクにあるスワンナプーム空港のラウンジを例に紹介します。

スワンナプーム空港はバンコクのアジアの巨大なハブ空港で重要な役割を果たしており、多くの方が利用するため、ラウンジの数も多くなっています。

そのため、例えばタイのスワンナプーム空港でANA便やスターアライアンス系航空会社の飛行機に乗る場合、SFC会員の私には以下の選択肢があります。
  • タイ国際航空のロイヤルシルクラウンジ(6箇所)
  • シンガポール航空のシルバークリスラウンジ
  • エバー航空のEVA AIRラウンジ
JALのJGCの場合は、JAL便やその他のワンワールド系航空会社の飛行機に乗る場合以下の選択肢があります。
  • JALのサクララウンジ
  • キャセイパシフィック航空のCXラウンジ
スカイチームの場合は、
  • エールフランス - KLM スカイラウンジ
  • チャイナエアライン
などなど、多くのラウンジがあります。

これ以外にもプライオリティパスやクレジットカードなどで利用できるラウンジもあります。

プライオリティパスで利用できるラウンジは、
  • CIPラウンジ
  • オマーン航空ラウンジ
  • Miracle Lounge
など、話はそれてしまいましたが、今回紹介していないラウンジもあり非常に多くのラウンジがあります。

航空会社系のラウンジをまとめると以下のようになります。(これ以外にもあるかもしれません・・・)

アライアンス ラウンジ
スターアライアンス タイ国際航空のロイヤルシルクラウンジ(6箇所)
シンガポール航空のシルバークリスラウンジ
エバー航空のEVA AIRラウンジ
ワンワールド JALのサクララウンジ
キャセイパシフィック航空のCXラウンジ
スカイチーム エールフランスのKLMスカイラウンジ
チャイナエアラインのダイナスティラウンジ
その他 エミレーツ航空のザエミレーツラウンジ
バンコクエアウェイズのブティックラウンジ
オマーン航空のファースト&ビジネスクラスラウンジ

ANAのスーパーフライヤーズ会員(SFC)であれば、ANA便やタイ航空便などのスターアライアンス加盟航空会社の飛行機に乗る際には、エコノミークラスであっても、タイ航空のロイヤルシルクラウンジも、シンガポール航空のシルバークリスラウンジも、EVA AIRラウンジにも入ることができます。

JALのグローバルクラブ会員(JGC)の場合は、JAL便などのワンワールド加盟の航空会社便に乗る場合は、JALのサクララウンジはもちろん、キャセイパシフィック航空のCXラウンジのも入ることができます。

そんなスワンナプーム空港のラウンジについては下記にまとめてありますので興味がある方は読んでみてください。
【保存版】スワンナプーム空港のラウンジ総集編!各ステータスに応じたオススメラウンジはココです!

成田空港の国際線航空会社ラウンジについて

成田空港にも多くのラウンジがありますので参考までに紹介します。

成田空港第1ターミナル

ANAが発着する第1ターミナルには下記のラウンジがあります。


ANAのアライバルラウンジが国内線ラウンジと兼ねているため、国内線出発のチェックインカウンターのすぐ隣にANAラウンジがあります。

ANAだけでも第4サテライトと第5サテライトラウンジがあります。他にも、スターアライアンス系ではユナイテッド航空のラウンジであるユナイテッド・クラブがあります。

成田空港のスターアライアンス系のラウンジに関しては下記の記事をご参照ください。

成田空港第2ターミナル

JALのある第2ターミナルのラウンジは下記の通りです。こちらはJALと同じワンワールド中心です。

ラウンジ名 場所 アライアンス
アメリカン航空アドミラルズクラブ 本館2F(入口は3F ワンワールド
エミレーツラウンジ 本館4F(入口は3F エミレーツ航空
カンタスビジネスラウンジ サテライト2F(入口は3F ワンワールド
キャセイパシフィック航空ファーストアンドビジネスクラスラウンジ 本館4F(入口は3F ワンワールド
ダイナスティ・ラウンジ 本館2F(入口は3F スカイチーム
サクララウンジ 国内線3F(入口は2F ワンワールド
サクララウンジ 本館2F(入口は3F
 JALファーストクラスラウンジ 本館4F(入口は3F
サクララウンジ サテライト2F(入口は3F
JALファーストクラスラウンジ サテライト3F

こちらはブログをはじめてからまだ一度もいっていないので、行く機会があれば随時ラウンジレポートをアップデートしていきたいと思います。

ラウンジホッピングする楽しみ

ここまで、同じアライアンスの航空会社であれば、ラウンジに入場できることを紹介しましたが、ラウンジは一箇所だけではなく、複数のラウンジを一度の搭乗時に利用しても問題ありません。

私なんかはしょっちゅうラウンジホッピングしています。

例えばスワンナプーム国際空港の場合、EVA AIRのラウンジに行って、シルバークリスラウンジに行って、カードで入れるオマーン航空のラウンジいくということも可能です。

もはや何が目的かよくわからなくなって来ますが、せっかくなのでいろんなラウンジに行ってみるのも楽しいですよ。

そんなラウンジを訪問の度に記事にしていますので、こちらのページも参考にしてみてください。

まとめ

今回紹介せさてもらった通り、上級会員の方は同じアライアンス系の航空会社に搭乗する際はその航空会社のラウンジだけでなく、同じアライアンスの航空会社ラウンジを利用できます。

今回はラウンジ利用にフォーカスして紹介しましたが、他にも様々な特典を受けることができます。

JGCやSFCについては下記の記事をご参照ください。

2017年版 JALグローバルクラブ(JGC)の特典&メリットについて徹底解説!!
2017年版 JALグローバルクラブ(JGC)の入会条件について徹底解説 めざせJGCサファイヤ!!




4 件のコメント :

  1. やまと丸様
    詳細なラウンジガイドありがとうございました。おすすめのオマーン航空ラウンジへ先週行ってきました。静かできれいなラウンジで、デーツやサモサなどエキゾチックなおつまみにオマーン航空らしさを感じました。
    空港でチェックインしたのが出発2時間半前でしたが、今回は優先レーンを使わなかったため出国にやや手間取りラウンジにいたのは40分くらいでした。ラウンジホッピングを楽しむためにはもっと早く行かなければいけませんね!(^^)!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!

      オマーン航空のラウンジいいですよね!プライオリティパスでも入れるので重宝します。

      スワンナプーム空港は時間が読みにくいのでいつも、早朝以外は3時間前に着くように移動してます。そうすると大体、渋滞やらでいい塩梅になるんでず、早く着いた時はラウンジホッピングを楽しんでます。

      最近できたコンコースDのミラクルラウンジが気になってるので次の機会に行ってこようと思います。

      削除
    2. お返事ありがとうございます。
      やまと丸様のように慣れていらっしゃる方でもスワンナプーム着は3時間前なのですね。勉強になります。最近大陸からの旅客増加でイミグレがかなり混むことがあるようで気を付けなければと思っています。ひと月前?くらいのバンコクポストもエアポートクライシスの見出しでドンムアン空港の大混雑を伝えていました。
      コンコースDのミラクルラウンジのルポを楽しみにしています。

      削除
    3. こちらこそ返信ありがとうございます!
      私の場合は、ラウンジ利用するために早く空港に行っているといったほうが正解かも知れません(笑)

      私は幸いエコノミーでも優先レーンが使える環境にあるので、いつも早く着きすぎて時間をもて余していることもありますが・・・

      確か、一月くらい前にドンムアン空港が込みすぎて、スワンナプームの職員をドンムアンに回したら、スワンナプームが激込みになったというなんともタイらしいエピソードがありました。

      当事者だったら笑えないですが・・・、それもタイという国ですね。

      削除