【スクートのセール攻略法】ホノルル線就航記念セールで7人分予約した方法を紹介します♪


シンガポールを拠点にしているスクート(Scoot)が関空-ハワイ(ホノルル線)の就航を発表しました。


本当はグアムに行く予定だったんですが、安く航空券が買えるなら!ということで予約にチャレンジしてみました。

しかも2家族分、総勢7名分を同一便で取るというハードルの高さです。

大抵、この手の航空券はなかなかサイトに繋がらずに苦労するのですが、いろんな方法を試した結果、最適と思える方法を発見したので紹介します。(ちなみに今回は競争率が比較的低かったと思います)


関空〜ホノルル線について:
▪️関空~ホノルル線
TR700便:関空(19時25分)発~ホノルル(07時30分)着、月・火・土曜運航
TR700便:関空(18時50分)発~ホノルル(07時00分)着、金曜運航
TR701便:ホノルル(09時35分)発~関空(翌14時00分)着、月・火・金・土曜運航

ハワイ線就航を記念して、そのセールが10/4に開始されました。

▪️セール運賃
関西~ホノルル線 エコノミークラス:1万8800円~
スクートビズ:11万8800円~
旅行期間:2018年1月11日~2月28日
エコノミークラス:2万1800円~
スクートビズ:12万1800円~
旅行期間:2017年12月19日~2018年1月10日、2018年3月1日~6月30日、8月27日~10月28日 
※上記価格は、サーチャージ&税込、予約手数料や座席指定などのオプションは別



スクート(scoot)のセール攻略法

今回、2家族分計7名の予約をしたのですが予約を別々に取る必要がありました。

というのも、ひと家族分はパスポートを持っていないメンバーがいるので一筋縄では予約できないのです。

幸い私の家族分(3人分)は予約開始の11時ちょうどに、Webで予約を開始してすんなり予約できました♪

特にWebが遅くなることもなく、今回のセールはそれだけ競争倍率が高くなかったということもあるかと思います。

ちなみに事前に色々試してみたんですがscootの予約ページを複数のタブで開くのはNGみたいでエラーがでて検索できなくなりました。ご注意ください。

で、これだけでは全く攻略法でもなんでもありませんよね・・・

パスポート未発行の場合の予約方法

問題はもうひと家族分なんですが、子供が小さくまだ飛行機に乗ったことがなくパスポートを持っていません。

今回セールの情報を入手して、教えてあげたら一緒に行きたいといことで急遽参戦してきたためから、事前の準備も何もしてませんでした。。。

多くの航空会社では航空券をWebで購入する際にパスポート番号の入力が必須になっていたりします。


スクートもパスポート番号が必須になっていて、Webでは予約できません。

となると、パスポートがないと予約できないのでしょうか?

でも過去の自分を振り返ってみると旅行会社経由でパッケージや航空券を予約する場合はパスポートなくても予約できますよね?(初めての海外旅行の時にパスポートはまだ作ってないと言うと、あとでいいですよ!と言われた記憶ありませんか?)

となればきっとできるはずなんですが、どうするか?

答えは簡単で、電話予約すればパスポートなしでも予約できます♪

ということで、早速スクートに電話してみました。Web上では希望日程の残り座席数がチェックする度に減って行きます。あぁ、急がなければ・・・

日本
電話番号:+81 3 4589 9464日本語対応 - 月曜日~日曜日 午前9時~午後9時(日本時間)
英語対応 - 月曜日~日曜日 24時間
電話は、1〜2分で比較的すぐにつながりました。

訳があって、何回かかけ直したりしたんですが、日本語を希望する場合は「1」を押す必要があります。それで繋がらない場合は、電話番号を伝えると折り返し電話してくれます。

ちなみに、オペレーターさんは日本人の場合もありましたが基本的には日本語のしゃべる外人さんでした。

セール攻略の鍵は・・・

で、実際にセール攻略の鍵は何かと言うと、この電話予約です。

というもの、電話でもWebと同じ価格で予約できるだけでなく、電話で日付を伝えて航空券を一旦確保してもらったあと、こちらの電話の調子が悪く一旦電話が切れてもきちんと航空券を取り置きをしておいてくれました!

しかも、スクートの電話オペレーターさんはかなり丁寧で、その後私の電話の調子が悪く何回も切れたにもかかわらず、その都度掛け直してくれました。

なかなか、電話をかけ直してくれる予約センターってない気がします。

途中、オペレーターさんが外国人ということもあり、意思の疎通がうまくいかず、最終的に予約した内容のメールを確認したら、子供の生年月日が2018年という未来になっていたりしましたが、その点は再度電話して訂正してもらいました。(当然、変更手数料はかかっていません。)

支払いもクレジットカードがあれば電話でできてしまうので、Webで予約するより確実かもしれません。ちなみに、クレジットカード番号は口頭で伝えるスタイルなのでセキュリティ的には?です・・・

今回は比較的余裕があって、即効売り切れたわけではありませんでしたが、scootの予約センターに早めに電話して、接続した状態で発売開始時刻を迎えることが出来ればかなりの確率で希望の日程の航空券がゲットできるのはではないかと思います。

ただし弱点が・・・

一方で、この方法には弱点があります。

コールセンターで予約する場合、スクートでは予約手数料を取られてしまいます。

手数料は1名につき2,400円と決して安くないですが、今回はパスポートなしで選択肢がない中、確実にセール価格で買えたので安い手数料でした。

ANAなんかでも電話予約の場合は手数料をとられるのでLCCに限らずそのあたりはレガシーキャリアでも同様です。

なぜか受託手荷物40kgが無料

あと、Webで予約した時はなぜか受託手荷物の40kgが追加手数料無料になってました。。それ以外の20kgや25kgは有料でした。

小心者の私はあとで請求されたりするのが怖かったので、一人分だけ40kgを追加しておきましたが、最後まで請求はありませんでした。

多分、システムのバグかなぁとは思います。(予約確認書もしっかり40kgになってます。)

電話で予約する時聞いてみましたが、そんなプロモーションはしてませんと言われましたw

ちなみに現在、WEBで確認した通常の価格は下記の通りになってます。私は偶然?14,400円分得したことになります♪
受託手荷物(関空-ホノルル線)

スクートの対応

まだ、飛行機には搭乗していないので感想は言えませんが、コールセンターの対応はかなり良かったと思います。

購入手続き完了していなくても航空券を確保しておいてくれたり、電話が切れてしまった場合に電話をかけ直してくれたりと、十分に満足な対応をしてもらえました。

LCCとある程度割り切っていましたが、予約時の対応はレガシーキャリアにも負けていないと思います。

おわりに

関空ーホノルル線 3名分の明細
今回、私の家族の分は各種手数料を合わせて3名分の往復が68,840円でした。例えばANAマイルを使って特典航空券を発券しても、マイル(エコノミー:4万マイル/人)とは別に税金やサーチャージで約14,000円/人かかりますので、それと比較してもかなり安いことがわかります。

私は、JGC会員かつSFC会員で陸マイラーでもあるのでマイルをたっぷり貯めていますが、基本的にはコスパ重視なので、臨機応変にマイルを使って特典航空券を発券する場合やLCCなど他の選択肢と比較してお得感があれば積極的に使うようにしています。

先日のF1マレーシアGPもエアアジアで行ってきました。

これまであまりLCCについては記事にしておりませんでしたが、今後はLCCの搭乗記なども紹介して行きたいと思っています。


スクート・ハワイ線搭乗レビュー!


後日、実際にスクートに乗って、ハワイに行ってきました♪搭乗レビューは下記をご参照下さい。
2018 スクートで格安ハワイ旅行!!関空-ホノルル便に搭乗して来ました!



0 件のコメント :

コメントを投稿