タイ在住者が教えるバンコク市内でオススメのバーツ 両替!!


海外旅行といえばどうやってお金を持っていくか、どこで両替するか悩ましいですよね・・・

私が住んでいるタイのバンコクはご存知の通り観光が盛んで、多くの外国人が訪れています。そのためか両替レートも非常にいい場所が多いです。

なので、絶対に日本で両替してくるべきではありません


バンコクでは全体的にレートがいいとはいえ、両替する場所によってレートは異なります。少しでもお得に両替するためにレートのいい両替所を紹介したいといます。

在住者が教えるバンコク市内でオススメのバーツ両替!!

バンコク市内では街の至る所で両替所を見かけます。銀行でも通貨レートのボードが掲げられていて両替することができます。

一般的に両替できる場所としては、
  • 空港
  • 市内の両替所
  • 銀行
  • ホテル
があります。

タイのバンコクではレートの良い順番は、

市内の両替所 > 銀行 > ※空港 > ホテル

です。

しかし、例外があってワンナプーム空港のエアポートレールリンク乗り場近くの両替所が密集しているエリアは市内の好レートの両替所とほぼ変わらないくらい良いレートです。

スワンナプーム空港のオススメの両替は下記にまとめています。


タイ バンコクへのお金の持って行き方

前述の通り、日本でバーツに両替してくるのはかなりもったいないです。

というのも、日本ではタイバーツの流通量は極めて少なく、両替レートがかなり悪いからです。

他の手段としては、クレジットカード払いやクレジットカードキャッシングが一般的にはレートが良いと言われていますが、タイのバンコクでは両替所で両替した方がクレジットカード払いやキャッシングよりレートがいいといえますので、クレジットカードは持ってきつつ、基本は現地で両替して現金払いがベストな方法といえます。

両替レート表の見方(日本円からの両替はBuying Rate)

まずは、基本中の基本両替レート表の見方です。

両替所や銀行の前には下記のような通貨レート表が掲載されています。

通貨レート表
日本円からの両替は”Bying Rate”をみてください。
  • Buying Rate = 両替屋さんが日本円を買い取るレート
  • Selling Rate = 両替屋さんが日本円を売るレート
上記の例では、下段のJPY1000とJPY10000-5000に別れていますが、5,000円以上まとめて両替する際のレートと5,000円未満の少額を両替するレートが分かれている場合があります。

多いのは、10,000円以上の場合と、それ未満の場合に分かれているケースをよく見かけます。

バンコクの両替所では通貨レート表のまま両替できますので追加の手数料は必要ありません

例えば、上記の通貨レート表の場合は、10,000円をタイバーツに両替する場合は、1円=0.293が適用されますので、2,930バーツになります。

実に単純明快ですね!

バンコク市内でオススメの両替所

レートは刻一刻と変化していて、常にもっともレートの良い両替屋さんは変化しています。

ただ、競争が激しい場所では常にレートがいい両替屋さんがあります。

一番有名な所は、チットロムのセントラルワールドというデパートの向かい側にある、両替所が密集しているエリアです。


BTSのチットロム駅から歩いて10分から15分くらいです。

ちょっと、路地裏的な雰囲気でローカル感漂う場所なので、抵抗があるかもしれません。(夜は両替屋さんもやっていないので危なくはないと思いますが行かないのが懸命です。)

その一帯には「SuperRich」という両替所が何軒かあります。

というのも、元々は同じだったようですが、兄弟が喧嘩別れしたりして「SuperRich(オレンジ色)」「Grand Super Rich(青色)」「SUPERRICH THAILAND(緑色)」と乱立している状態です(笑)。

全て同じエリアにあって、お互い意識しているのかだいたい同じレートです。でも、せっかくそこのエリまで行った場合は、店頭もしくは店内の通貨レートボードを見比べて決めましょう。

一般的にスーパーリッチと言われるのはオレンジ色のスーパーリッチでバンコク市内に数多くの支店を構えています。

ただ、土曜日は営業時間が限られていたり、日曜日は休みだったりするので営業時間には注意してください

わざわざ両替のために、ここまで行くのはちょっと手間かもしれませんが、近くにはセントラルワールドというバンコクで一番大きいショッピングセンターがあり、その敷地内のはパワースポットで有名な「ガネーシャ像」と「トリムルティ」があります。

ガネーシャは、タイでは人気の高い神様で学問の神・芸術の神、出世の神様と言われています。

また、その隣にある三人の神様が一体となった“トリムルティ”は恋愛の神様で恋愛成就にご利益があると言われています。

そして、もう一つバンコク市内の最大のパワースポット「エラワン廟」がすぐ近くにあります。


エラワンの祠(ほこら)は、ブラフマーと呼ばれる神様をまつるヒンドゥー教の祠です。こちらはお金を払えば、奉納の踊りを踊ってもらえます。料金は踊ってもらう人数ごとに決まっていて、結構いいお値段してました。


ちょっと待っているとすぐに踊りが始まるので、見て楽しむのもありだと思いますが、いつ行っても混雑しています。

という所、今回紹介したレートのいい両替屋さんがある一帯は、レートはいいですが、そこまでアクセスが簡単というわけではないので、観光のついでに行くならありかと思います。

街中のスーパーリッチ(SuperRich)

では、気軽にアクセスできるレートの良い両替屋さんはどこかというとオレンジ色のSuperRichが最近、バンコク市内のあちこちにできています。

例えば、BTSの駅でいえば、サイアム駅、チットロム駅、アソーク駅、パヤタイ駅などにあります。

支店はこちらのページで確認できます。

なので、少額を気軽に両替したい場合は、アクセスのしやすいオレンジ色が目印のSuperRichで両替するのが便利です。

でも、一つだけ注意点が。。

しかし、このSuperRich店舗によってレートが異なります

最近は店舗間のレート差もなくなってきているようなので、それほど気にする必要はありませんが、大量に両替する場合は、先ほどのセントラルワールド近くの「SuperRich」の密集地域に行くことをオススメします。

バーツから日本円に戻す場合

例えば、日本円からバーツに両替しすぎて、帰国時に余ることがあるかと思いますが、そんな時、手数料がもったいないから使い切った方がいいというのが一般論です。

でもバンコクの場合は、日本円→バーツとバーツ→日本円のレートがほとんど変わりません。

だいたい、レートのいい両替屋さんでは10,000円を両替してわずか10バーツ程度です。

そのため、多めに両替して帰国時にバンコクで日本円に戻してもそれほど損はしないです。

ただ、レートの良い両替屋さんで両替するケースなのでお間違えのないようにご注意ください。

【旅行者必見!!】タイ・バンコクのバーツ両替レートについて

バンコク旅行の時は日本円をいっぱいタイバーツに両替しても損しない?! タイの首都バンコクといえば観光大国で年間2,000万人以上の観光客が訪れていると言われています。 観光客が増えると、観光業が栄えて外国人がお金をバンコクに落としてくれるわけですが、タイの通貨であるタイバーツと言えばマイナー通貨で周辺国では一部使えるとはいえ基本的にはタイ国内でのみ流通している通貨です。 ...
私は、バンコクから旅行に行くときにもバンコクでバーツから外貨に両替してから行くようにしています。なぜなら、世界中から観光客が来るバンコクは、世界中の通貨がお得に両替できちゃうからです。

バーツの両替まとめ


日本円からバーツへの両替は絶対にタイに来てからやるべきです。

そして、クレジットカードよりも現金両替の方がレートがいいです。

スワンナプーム空港着の場合は、エアポートレイルリンクの乗り場近くの両替所密集地域で両替して下さい。

【2018年版】バンコクに来たらココで両替!オススメのバーツ両替屋さん!!

街中では、オレンジ色のSuperRichが比較的安定してレートがいいし、アクセスしやすい場所にあります。

少しでもいいレートで両替したい場合は、セントラルワールド近くの「SuperRich」密集地域にパワースポット巡りがてら行って下さい。

それで、両替しすぎてバーツが余った場合でもレートの良い両替所で日本円に両替すればそれほど損することはないのでご安心ください。



バンコクはさすが観光大国というくらい、バンコクの両替レートがいいです。

やっぱり需要と供給なんでしょうか・・・

本当にバンコクは旅行者や外国人には非常に優しい国だと思います。



0 件のコメント :

コメントを投稿