憧れのカルティエの時計を安く購入する方法


最近知り合いがカルティエの時計が欲しいということでどうすれば安く買えるか調べて見ました。


カルティエといえばフランスが発祥の地なので、定石通り行けばフランスで購入するのが一番安いと思われますが実際はどうなんでしょうか?


カルティエ(Cartier)の時計を安く購入する方法

憧れのカルティエの時計を安く購入するすべはあるのか調べて見ました。

その前に、男の私にはカルティエと聞いててもジュエリーのイメージしかないのでカルティエについて調べて見ました。

カルティエとは


1847年にフランスで創業したジュエリー&ウォッチブランドです。

メゾン・カルティエ。その歴史、受け継がれる伝統、卓越した職人技をご紹介します。

カルティエの時計について

カルティエの時計と聞くと、私はデザイン料金が先行で、どうせだったら時計メーカーの時計を買えばいいのになと思いましたが、調べるとカルティエは結構時計に対しては真剣に取り組んでいて、良い時計を作っているということがわかりました。

諸説ありますが、カルティエは「世界で始めて腕時計を作った」メーカーと言われています。

カルティエと言えばジュエリーのイメージが強いので、なかなか時計メーカーというイメージがないですよね。

でもカルティエは時計の世界でも高く評価されているブランドであることが調べてわかりました。

ロレックスやオメガなどは時計専売でやっていますが、カルティエはジュエリーとしても評価される腕時計を目指して作っているんじゃないかと思います。

いろんなモデルを見ていて思いましたが「エレガント」という言葉がぴったりな腕時計です。

カルティエソロSMの価格比較

カルティエの時計の中でも一番お手ごろで女性に人気のある「カルティエソロSM」の価格を世界にまたがって調査しました。




今回の調査結果は「カルティエソロSM」にのみ当てはまる内容で、他のモデルについては調査しておりませんのでご容赦ください。

調査したのは、日本、フランス、香港、タイ、マレーシアです。フランスとマレーシアは実際に現地で調査したわけではなく、インターネットで情報を収集しました。

日本、タイ、マレーシアは実際に現地で調査を実施しました。
  • 日本:正規販売店価格と免税店価格
  • フランス:正規販売店価格
  • 香港:正規販売店価格
  • タイ:正規販売店価格と免税店価格、正規代理店価格
  • マレーシア:正規販売店価格と正規代理店価格

正規店価格

まずは、いわゆるブランドのブティックで販売されている正規店価格を調べました。
  • 日本の正規店価格:280,800円
  • フランスの正規店価格:2,310ユーロ(1ユーロ128円:295,680円)
  • 香港の正規店価格:18,800香港ドル(1香港ドル14円:263,200円) ※税金なし
  • タイの正規店:81,000バーツ(1バーツ3.4円:275,400円)
  • マレーシアの正規店:9,300 リンギット(1リンギット27.5円:255,750円) ※GSTフリーの価格
香港とマレーシアの価格は税金なしなので安くなっていますが、フランスは逆に付加価値税が高いので他より高くなっています

香港より、マレーシアの方が安いのは意外でした。このたりは通貨レートが大きく影響していそうですね。

ちなみに、正規店はバンコクとクアラルンプールで実際に店舗にいって、一応ディスカウントがあるか聞いてみましたがノーディスカウントでした。

カルティエ免税店・免税後の価格

免税店は成田空港とスワンナプーム空港の免税店価格を調査してきました。
  • 日本の成田空港の空港免税店価格:260,000円
  • タイのスワンナプーム空港免税店価格:76,000バーツ(1バーツ3.4円:258,400円)
タイと日本はほぼ同じ価格ですね。為替レートによって変動するので、誤差の範囲内かとおもいます。

先ほどの免税価格相当の香港よりも安く、マレーシアより高くなっています。

例えば、フランスの場合付加価値税を還付してもらったとすると、12%ほどの還付が受けられると言われているので、日本円にして約26万円にになります。

つまり、私がサーチした国の中では正規店の場合は、マレーシアの価格が最安値になりますがこれもマレーシアリンギット安が関係しているものと思われます。

タンクソロSM最安価格調査

次に、インターネットや足を駆使して、どうすれば最安値で購入できるか調べて見ました。

実際にフランスや香港の街中のお店で探せばもっと安い店舗も見つかるような気がしますが、私が調査したのは日本、タイ、マレーシアです。

日本の価格.comやヨドバシ、ビックカメラで確認すると、時期によってはかなりお得に販売されていることがありますが、私が調査したタンクソロSMは在庫薄もあって、調査した時点では、あまり安いものはありませんでした。
  • 日本の価格.com最安値価格:256,800円
次に、タイの正規代理店を回って見ましたが、カルティエのホームページを見ても正規店以外は一箇所しかありませんでした。

その一箇所で、ディスカウント可能か確認したら、一声で10%オフがOKでした。実際に買う場合は、上に掛け合ってくれるということで15%〜20%は行けそうな雰囲気でしたが、そこまでは交渉していません。

お店の名前は「Cortina Watch」というお店で、バンコクのBTS Chidlom駅近くのエラワンショッピングセンター内にあります。私が行きつけのつけ麺屋さん「麺屋一燈」のすぐ向かい側にありました。

世界的にチェーン展開している高級時計屋さんみたいです。

旅行者の場合は10%オフに加えて、VAT還付が受けれるとのこと。タンクソロSMの場合、還付額は4,130バーツと教えてくれました。
  • タイの正規販売代理店:81,000バーツ + 10%オフ + VAT還付(4,130バーツ)
もし、本当に買う気があるなら10%+αのディスカウントがあると店員さんが教えてくれました。(ボス次第だと)

マレーシアでも、正規販売代理店を調べて見ましたがこちらも数店舗しかありません。

KLの繁華街Bukit Bintangに集中していたので、3店舗回って見ましたが、2店舗はカルティエの時計すら置いていなくて、バンコクで価格調査した「Cortina Watch」のSTARHILL GALLERYにあるお店に行って見ました。


そこに、カルティエの時計はあったのですが、肝心の「タンクソロSM」は在庫切れ。。

一応値段を確認したら、9,300リンギットの10%オフでOKとのこと。ちなみにマレーシアは2018年6月1日からGSTフリーになっているので、9,300リンギットはすでに免税価格相当です。
  • マレーシアの正規販売代理店:9,300 リンギット + 10%オフ
他の市内の高級時計屋さんを除いてもカルティエの腕時計ってあまり置いてないですね。。他に見つけることができませんでした。

ということで、調査した価格を日本円に換算して表にまとめると下記になります。

店舗名 価格(現地通貨) 価格日本円
日本 価格ドットコム最安値
¥256,800
¥256,800
タイ
Cortina Watch
THB68,770
¥233,818
マレーシア
Cortina Watch
MYR8,370
¥230,175


カルティエの腕時計を一番安くできる国はどこか?

今回の調べた結果では、カルティエを一番安く購入できる国は、私の調べた範囲ではマレーシアになりました。(比較対象は、日本、フランス、香港、タイ、マレーシア)

世界は広いのでもっと調べれば安いところもありそうですが、調べて感じた印象としては、どこの国で買ってもそれほど大差がなそうというところです。

日本帰国時の落とし穴(20万円以上の物品は課税対象)

ここまで、カルティエの腕時計を安く購入できる方法を紹介してきましたが、海外で購入する場合に、日本に帰国した際にあまり知られていない落とし穴があります。

海外で買い物をした場合、基本的には課税対象にはなりませんが「合計金額が20万円を超える物品を日本に持ち込む場合は課税対象になります

税関のホームページには下記の通り記載されています。

品名
数量又は価格
備考
酒類
3本
1本760mlのもの。
たばこ
「紙巻たばこ」のみの場合
200本(日本製)
200本(外国製)
外国に居住している人は免税範囲が2倍になります。
「葉巻たばこ」のみの場合
50本
その他の場合
250g
香水
2オンス
1オンスは約28ml(オーデコロン、オードトワレは含まれません。)
その他の品目
その他のもの
20万円
(海外市価の合計額)
  1. 1.合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。
  2. 税関は、旅行者の皆さんに有利になるように、免税となる品目を選択の上、課税します。
  3. 2.1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバッグは25万円の全額について課税されます。
  4. 3.1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下のものは、原則として免税となります。(例えば、1コ1,000円のチョコレート9コや1本5,000円のネクタイ2本は免税になります。)

つまり、カルティエのタンクソロSMの場合、例えばマレーシアで安く購入したとしても課税対象になります。

ただ、腕時計の関税は無税なので、関税は不要で消費税のみ必要です。

例えば25万円の時計を持ち込むときは、下記の通り消費税及び地方税が課税されます

【税額計算方法】
250,000円(海外市価) × 0.6 = 150,000円(課税価格)
150,000円(課税価格) × 6.3%(税率) = 9,450円(消費税額)
9,450円(消費税額) × 17/63(税率) = 2,550円(地方消費税額)

消費税(9,450円) + 地方消費税(2,550円) = 12,000円

となり、日本に帰国時に12,000円払う必要がありますのでご注意ください。なので、例えば、マレーシアで23万円で購入したとしても約12,000円を課税されて、242,000円ということになります。

基本的には自己申告制になっていますが、念のため記載しておきます。

これって、日本では免税になる海外在住者や外国人は当てはまらないんですかね?

そういえば、税関通るときにたまに「海外在住ですか?」と聞かれて「はい」と答えると、荷物のチェックがほぼないのはそのせい何でしょうか?


カルティエを安く購入する方法まとめ


今回調べていて気づきましたがカルティエの時計って、取扱店舗も少なくて価格が下落するのをコントロールしているように思えました。(日本での取扱店は比較的多いですが、他の高級時計ブランドと比較すると圧倒的に少ないと思います。)

実際にカルティエのホームページに記載されている取扱店以外で、販売されているのを見かけませんでした。

なので、世界中どこで買ってもそれほど大きな差がつかないように価格が設定されているようです。

ただし、為替レートや税額によって価格が変動しており、その時々で最安値は変わることがわかりました。

例えば、日本で購入する場合でも10%〜15%割引のお店があれば最安値に近い金額かと思います。

海外で購入する場合も、10%+免税が目安になりますが、20万円を超える時計の場合は、制度上は日本帰国時に税金を支払う必要があるのでご注意ください。

お得情報を見つけ次第アップデートして行きたいと思います!!今回紹介している情報よりもお得に購入できる情報をご存知の方はコメント欄から教えてください!よろしくお願いします。

日本のグランドセイコーを安く買う方法は下記をご参照ください。

日本が誇るグランドセイコーの腕時計を安く買う方法



0 件のコメント :

コメントを投稿