プライオリティパスでも入室可!ジョージア・トビリシ空港のプライムクラスラウンジ(PrimeClass Lounge)潜入レビュー


コーカサス地方のジョージア(旧グルジア)の首都、トビリシ国際空港のラウンジに行ってきました。


トビリシ国際空港はそれほど大きな空港ではありませんが新しく綺麗な空港でした。

そんなトビリシ国際空港にもきちんと空港ラウンジは存在します。

空港内にラウンジは一箇所しかないのでSFCでもJGCでも、プライオリティパスでも同じラウンジです。

トビリシ国際空港のラウンジ「プライムクラスラウンジ(PrimeClass Lounge)」の潜入レポートを紹介します。


プライオリティパスでも入室可!ジョージア・トビリシ空港のプライムクラスラウンジ(PrimeClass Lounge)潜入レビュー



ジョージアのトビリシ国際空港という中々レアな空港にあるラウンジに潜入してきました。ジョージアは、物価が安くバックパッカーに人気の旅行先です。ラウンジはそれほど大きなラウンジではなかったですが、滞在中私がハマったレモネードという名のフルーツフレーバーの炭酸飲料も置いてあって、最後の最後にもう一度ジョージアの味を堪能することができました。(本当はジョージアといえばワインなんですが、私はあまり飲まないので・・・、ラウンジにはジョージアの地ビールも置いてありましたよ!)

プライムクラスラウンジ利用資格

トビリシ国際空港にラウンジはこの「プライムクラスラウンジ(PrimeClass Lounge)」一箇所です。そのため、各航空会社のビジネスクラス以上又はSFCやJGCなどの上級会員は全てこのラウンジに案内されます。

私はカタール航空のビジネスクラス利用時に入室しました。

そのほかに、プライオリティパスでもラウンジ利用が可能です。


残念ながらダイナースクラブカードの対象ラウンジにはなっていませんでした。

ロケーション・アクセス方法

プライムクラスラウンジは出国審査を通過した後の制限エリア内にあります。

出国審査通過後にすぐに右側に行くとその突き当たりにあります。出国審査の後、すぐ右すぎて私は一周迷いましたが、出国審査を通過したらすぐに右側に向かってください


ラウンジの前に受付がありますが、なぜか私は顔パスでした(笑)

というか、お姉さんたちがおしゃべりに夢中だったのでそのまま通過できましたw

入り口を内部から見ると↓の感じです。



営業時間

24時間営業です。

私は深夜の2時頃に利用しました。

トビリシ国際空港プライムクラスラウンジ潜入レポート

トビリシ空港のプライムクラスラウンジは、それほど大きくなくこじんまりしたラウンジです。

一箇所しかラウンジが無いので、時間帯によっては混み合ってそうですね。

私が利用した深夜二時頃も座席は結構埋まってました。

バーカウンター

入り口はバーカウンターになっています。


お酒好きの方はここで綺麗なお姉さんに入れてもらった、ジョージアワインを愉しむのもいいですね!


ソファースペース

中に入ると一番奥まで見渡せるこじんまりとしたラウンジです。




ラウンジの外側にテーブルと椅子が置かれています。


喫煙エリア

Tbilisi空港のWebとプライオリティパスの説明には喫煙スペースがあると書かれてますが、私は見つけることができませんでした。

食事・ドリンク

時間帯によるかもしれませんが、深夜の時間帯は軽食のみ置いてました。








朝食のような感じですね!

ドリンクは入り口のバーカウンターでアルコール類は注文できますが、ソフトドリンクとビールはラウンジ内の冷蔵庫に置いてありました。


ビールはハイネケンをはじめ三種類ありました。二番目はトルコのエフェス(EFES)というビールで、一番右はナタフターリビールというジョージアの地ビールです。


私がジョージア滞在中ハマったのがレモネードと呼ばれる、フルーツフレーバーの炭酸ジュースです。


レモネードというとレモンを想像しますが、いろんなフレーバーがあります。ラウンジにはレモンと洋ナシ、もう一個はタラゴンというヨモギ科のハーブです。

滞在中にレストランでは必ず注文してましたが、最後のラウンジでも飲むことができてよかったです♪

トビリシ空港のアライバルラウンジ

このブログを書いていて、トビリシの空港には、今回紹介したラウンジ以外にも、アライバルラウンジがあることを知りました・・・


Tbilisi Internatinal Airport “Primeclass” Lounge - Arrivals Floor

Tbilisi Internatinal Airport “primeclass” Lounge - Arrivals Floor The lounge provides service 24/7 to “primeclass” passengers. All arrival transactions are completed at the lounge by a CIP hostess while passengers await their luggage to be brought to the lounge by a porter. Greeters can benefit the use of the private car park and enjoy the refreshments offered at the lounge while waiting to meet their guests. Location: Arrivals Floor at Tbilisi International Airport.

ポーターの人が荷物をラウンジまで持ってきてくれるんですね!せっかくなので利用してみればよかったです。

ジョージア・トビリシ空港のプライムクラスラウンジ(PrimeClass Lounge)まとめ


小さい空港なのでこじんまりとした空港でした。深夜にも関わらず混雑していたので時間帯によっては結構混み合うのかなと思いました。

とはいえ、地ワインや地ビール、地ジュース(レモネード)が楽しめるので飲み物には困りません。食事は、私が行った時は朝食のようなラインナップでしたが、時間が違えば内容は変わるかもしれません。

ちなみに、空港へのアクセスはタクシーだと20ラリ(約900円)(定額)ですが、37番のパブリックバスを使えば0.5ラリ(約22.5円)でいけちゃいます。

本数は減りますが夜中も運行しているので便利でしたよ。ジョージアのトビリシ空港へのアクセスやSIMカードの購入、両替など旅行者が気になる情報は別途まとめたいと思います。

タクシーは、定額と言われていますがメーターでは無いので交渉になってトラブルも結構あると思います。実際に、アライバルゲート付近にはぼったくりタクシーの勧誘が一杯いました。


コメント