【港珠澳大橋】香港空港からマカオへバス(HZMB)での行き方を解説します!







【港珠澳大橋】香港空港からマカオへバスでの行き方を解説します!プライベートの旅行ではあまり同じ国には行かないのですが、珍しく一年で二回目香港・マカオに行ってきました。

香港に限ってはこの3年で3回目です。

そんな香港とマカオを結ぶ世界最長の海上橋である「港珠澳大橋」が2018年10月に開通したので、早速「港珠澳大橋」を通ってバスで香港からマカオに行ってきました。

まだまだ開通したばかりで情報が少ないのでわかりやすく解説したいと思います。

【港珠澳大橋】香港空港からマカオへバスでの行き方を解説します!

港珠澳大橋(HZMB)とは

港珠澳大橋は香港とマカオを結ぶ世界最長の海上橋です。

英語ではHongKong-Zhuhai-Macao Bridge (HZMB)と言います。

これまでは香港とマカオの移動は、高速船が主流でしたが料金が高いのがネックでした。

港珠澳大橋が開通して、バスが利用できるようになったことで、グッと料金が下がり、移動時間も短くなったことから、ますます香港からマカオへのアクセスが簡単になりました。

香港国際空港からマカオへの行き方(バス)

香港国際空港から港珠澳大橋経由でマカオへ行く方法を紹介します。

ざっくりいうと、下記の流れになります。
  1. 香港国際空港からB4バスで香港口岸まで行く
  2. 香港口岸で香港を出国してバスでマカオ側に移動
  3. マカオ側のバスターミナルでマカオの入国手続きを行う
  4. 有料バスでマカオの街中に移動するか、無料シャトルバスで香港フェリーターミナルに移動
香港空港からマカオにバスで行く手順を順番を追って紹介しますが、まずは気になるバスの料金を紹介します。

香港-マカオのバス料金について

香港-マカオのバスは24時間運行しています。

香港から乗車する場合は香港ドル、マカオから乗車する場合はMOP(パタカ)になります。参考までに1香港ドル=14.5円、1MOP=14円として日本円換算もしておきます。

香港マカオの料金

香港→マカオの料金

昼間(6:00-23:59)
大人:HKD 65(928円)
子供:HKD 33(478円)

夜間(0:00-05:59)
大人:HKD 70(1,015円)
子供:HKD 35(507円)

マカオ→香港

昼間(6:00-23:59)
大人:MOP 65(910円)
子供:MOP 33(462円)

夜間(0:00-05:59)
大人:MOP 70(980円)
子供:MOP 35(490円)

高速船の代金が200香港ドル異常なので、それと比べるとかなりお得ですね。

支払いはクレジットカードでもOKでした。

香港国際空港から香港口岸まで(B4)バス

まずは香港国際空港から香港口岸まではB4バスという、路線バスで移動します。

B4バス料金

B4バスの料金は下記の通りです。

大人:HKD 6
子供:HKD 3

料金は安いですが香港についてすぐの場合は小銭を持っていない可能性が高いので、空港内のお店で少額を使って、崩しておくことをオススメします。

私たちは奇跡的にぴったりと前回の訪問時のあまりの香港ドルがありました。

運転手さんに両替をお願いできると思いますが、あまり大きい金額だとダメなような雰囲気でした。

B4バスルート&時刻表

B4バスは24時間運行しています。

時間帯ごとに8分から30分間隔で運行しています。


空港から乗った場合は、香港口岸は最後のバス停です。逆に香港口岸から乗った場合は、空港は最初のバス停でした。

B4バス乗り場

キャセイパシフィック航空だったのでT1に到着しましたが、さまよった挙句、B4のバス乗り場は、T1とT2の間の道路沿いにバス停がありました。

赤枠部分がT2のB4バスターミナル
一応、ターミナルの出口付近にはこのような案内がありました。


バス停がいくつかある中で、比較的奥の方にB4バス乗り場はありました。


空港から香港口岸へは、寄り道しながら行くので15分ほどかかりましたが、帰りは香港口岸の次のバス停が空港なので早かったです。

B4バスはディズニーラッピングの二階建てのバスで子供は大喜びでした。


運賃は入り口


二階の先頭座席が子供は楽しいと思います!

マカオ行きシャトルバス(HZMB)

バス停とは思えない立派なターミナルビル
B4バスで香港口岸まできたら次は、いよいよ港珠澳大橋を渡るバスに乗り換えです。このHZMBでは、マカオ行きと珠海行きのバスが出ています。

マカオ行きのバスに搭乗する手続きとしては、
  • 香港の出国手続き
  • バスのチケット購入
  • バスへ搭乗
の順番になります。

バスのチケットの購入は香港出国手続き後なのでご注意ください。

これ出国後にお金がない!とかなったらどうするんですかね。。

バス料金

バスの料金は前述の通りです。”香港-マカオのバス料金について”の章をご参照ください。

出国手続き・チケットの購入



HZMBのターミナルに入ると、すぐに出国手続きになります。自動化ゲートのe道も使えるようでした。

上記の写真に写っている、奥の方のカウンターのような場所がイミグレです。

イミグレは手際よく、スムーズに進みました。

出国すると次は、バスチケットの購入です。

チケットは、自動券売機でも有人カウンターでも購入可能ですが、自動券売機はオクトパスカードやアリペイなどの電子通貨専用のようです。


私たちは大人しく有人カウンターで購入しました。自動券売機の近くに有人カウンターがあります。


カウンターで無事バスチケットをゲットしました♪


次はバス乗り場へ移動しますが、その前にサークルKがあるのでそこで腹ごしらえの準備をしました。(バスの車内は飲食禁止と書いてありましたのでご注意ください。)


トイレを済ませたらバス乗り場へ向かいます。

バス乗り場は、外側にありマカオ行きと珠海行きがあるので間違えないように係の人に聞いてください。


といっても大きく漢字で書かれているのでなんとなくわかると思います。


行ったのは22時くらいでしたが、ほぼ待つことはなく直ぐにバスが来ました。

バスは二階建てもあるようですが、私たちが乗った時は普通の観光バスでした。路線バスのタイプもあるようです。

マカオ到着後に撮影
先頭だったので一番前に座ることができましたが、景色はそれほど期待するほどではなかったです。

バスに乗る際、マカオだと子供が一番前に座ると怒られますが、香港からは大丈夫でした。文化の違い?でしょうか・・・

バスは新しいバスではなく、使い回しですね。


往路のバスは、車内に速度表示があったからなのか、運転手さんはかなり慎重だったので40分ほどかかりました。


バスの窓ガラスが汚いので、写真をとってもあまり綺麗には撮れませんでした。この後のマカオ市内の夜景と比べるとバスからの眺めは特筆すべきものはなかったです。


マカオ側到着後の手続き

マカオ側のバスターミナルも空港かと思うほど立派な造りです。


ターミナル内に入って、入国審査に移動します。大きなバスターミナルなので結構歩きます。


私たちが行った時間は23時頃でしたが、多少イミグレは混み合ってましたが、直ぐに手続きをできました。

問題はこのバスターミナルからの移動です・・・

港珠澳大橋でマカオに着いてからの移動手段

マカオ側の港珠澳大橋のバスターミナルはマカオのフェリーターミナル「アウター・ハーバー・フェリーターミナル」の沖合にあります。

そこからの移動手段としては、

  • タクシー
  • 無料シャトルバス
  • 路線バス(101X・102X)
があります。

シャトルバスが様々なホテルに出ていればいいですが、2018年12月現在は、アウター・ハーバー・フェリーターミナル行きのシャトルバスしか確認できませんでした。

そのため、フェリーターミナルまでシャトルバスで行って、そこから宿泊先のホテルのシャトルバスに乗り換えるのがベターです。(ただ、時間帯によってはフェリーターミナルいきのシャトルバスは混み合っていて、本数も少ないことがあるようなので、タクシーでサクッと移動もいいと思います。)

路線バスについては、MOPが必要なので着いたばかりの場合はちょっとハードル高いですね。(過去に2回マカオ行きましたが、まだ未だMOPを手にした事がない(笑))

今回はフェリーターミナル行きのシャトルバスを選択しました。時間も遅かったので結果的にはタクシーでもよかったのかな、、とは思います。

マカオのタクシーについては下記の記事をご参照ください。

マカオのタクシーについて。マカオ空港からマカオ半島(旧市街)のホテルへの行き方

HZMBバスターミナルからフェリーターミナルの無料シャトルバス

港珠澳大橋のマカオ側バスターミナルからフェリーターミナルへの移動方法を紹介します。

私たちが移動したのはコタイ地区側のタイパフェリーターミナルではなく、マカオ半島側のアウター・ハーバー・フェリーターミナルです。

フェリーターミナルまで行けば、シャトルバスで大抵の場所に移動できます。

シャトルバス乗り場は、ターミナルを出て真っ直ぐの真ん中です。


H3がフェリーターミナル行きのシャトルバス乗り場です。今後、H3とH4でカジノ行きのシャトルバスも増えてくるものと思われます。(実際にH3のところにはギャラクシーなんかの看板も立っていたので、時間帯によってはシャトルバスが出ているかもしれません。)

真中がH3とH4
実は、情報が少なかったのでH3にたどり着くまでに右往作用してしまいました。。

で、シャトルバス乗り場ついた時に係の人と周りの中国人観光客に中国語で一斉に話しかけれましたが、全くわかりませんでしたw


とりあえず、看板を指差してここに行きたいと伝えたら、係のお姉さんは帰って行きました。。

20分くらい待ったらやっとバスが来ました。(この時点でタクシー使えばよかったと後悔しました。)

バスはごく普通の路線バスのような感じです。


マカオのバスターミナルからフェリーターミナルは大体10分くらいで到着しました。

路線バス(101X・102X)

MOPを持っている場合やオクトパスカードを持っている場合は、路線バスを使うと安価に移動できます。


路線バス乗り場はGで、真ん中やや左です。

101Xの停車駅

101Xは旧市街行きのバスです。旧市街側の観光スポットに停まります。

停車駅は、下記の通りです。
  • 看台街(Rua Da Tribuna)
  • 林茂海邊大馬路(Av. Marginal do Lam Mau)
  • 新馬路(Av. de Almeida Ribeiro)
  • 亞馬喇前地(Praca de Ferreira do Amaral)
料金は一律で現金の場合は6MOPです。

102Xの停車駅

102Xはタイパ方面行きのジョッキークラブ行きのバスです。

停車駅は、下記の通りです。
  • 慕拉士(Av. de Venceslau de Morais)
  • 仙德麗街 (Rua Cidade De Sintra)
  • 奧林匹克大馬路(Av. Olimpica)
  • 賽馬會(JOCKEY CLUB)
料金はこちらも一律で現金の場合は6MOPです。

アウター・ハーバー・フェリーターミナルからシャトルバス

私たちは今回、シャトルバスで、アウター・ハーバー・フェリーターミナルに向かいましたが、フェリーターミナルに到着すればあとは簡単です。

アウター・ハーバー・フェリーターミナルの各ホテルやカジノ行きのシャトルバスは深夜12時くらいまでは運行しています。

バスターミナルからのシャトルバスはホテルのシャトルバスが密集している場所で下ろしてくれるので、自分が行きたいホテルのシャトルバスに乗ってください。

この時のホテルはコンラッドマカオだったのでサンズコタイ行きのシャトルバスに乗りました。


コタイ方面行きは右側に座っておくと、澳門友誼大橋から夜景が綺麗に見えます。


香港空港からマカオへバスでの行き方まとめ

香港空港からマカオへバスでの行き方を紹介しました。

飛行機を降りて荷物をピックアップしたのは20時半くらいでコタイのホテルに到着したのが23時半くらいでした。

便利になったとはいえ、バスの乗り継ぎで3.5時間ほどかかりましたw

なので、高速フェリーという選択肢もありかと思います。

ただし、バスの方が料金は圧倒的に安いです。

今回の費用は、
  • 香港空港から香港口岸へのB4バス(HKD 6)
  • 香港からマカオのバス(HKD 65)
  • マカオのバスターミナルからフェリーターミナルのシャトルバス(無料)
  • フェリーターミナルからホテル(無料)
と、大人1人たったの71香港ドル=約1,030円でした。

シャトルバスと路線バスの組み合わせで安く行くことはできますが、乗り継ぎやバスの待ち時間を入れると時間的には決して早くないこともわかりました。

いずれにしても選択肢が増えて、香港からマカオに行きやすくなったのは事実です。

今後、バスも空港直通などができて利便性も上がって来ると思います。

個人的にはかなりマカオはお気に入りなので皆さんもぜひ、香港旅行のついででも構わないのでマカオに行ってみてください。

マカオから香港への戻り方

逆方向のマカオから香港へのバスの行き方は下記で紹介しています。

マカオから香港空港へバスでの行き方(港珠澳大橋 ・HZMB)

コメント