【徹底レビュー】リモワの新定番エッセンシャル・エッセンシャルライト編!!


新リモワエッセンシャルを店頭で見て来ました!


リモワエッセンシャルは旧名サルサで、ポリカーボネート製のリモワです。

リモワといえば、アルミ製を想像する方も多いかと思いますがポリカーボネート製のスーツケースを世界で初めて世に出したブランドでもあります。

つまり、ポリカーボネート製スーツケースでもっとも歴史の長いブランドということになります。

そんな、エッセンシャルを店頭で見て来たのでたっぷりの写真とともに紹介します。

リモワエッセンシャル(RIMOWA ESSENTIAL)徹底レビュー!



リモワのエッセンシャルは定番サルサの新モデルです。個人的にはスタイリッシュになって、進化したと思います。

リモワエッセンシャル・エッセンシャルライトについて

エッセンシャルは旧名サルサとサルサデラックスが統合されたモデルです。

エッセンシャルライトは、サルサエアーという最軽量モデルの後継モデルです。

前述の通り、リモワといえばアルミ製のスーツケースですが、2000年に世界で初めてポリカーボネート製のスーツケースを世に出した会社です。

私は旧サルサとサルサデラックスを使っていますが、軽量でジッパー式のエッセンシャル系は使い勝手がよくオススメです。

あと、エッセンシャルはオリジナルやクラシックなどのアルミ製と比べると嫌味が少なく、上司と出張に行くときも角が立たなくていいなとリーマン的には思っています。

エッセンシャルは、
  • エッセンシャル
  • エッセンシャルライト
の二種類あります。

■エッセンシャル・スペック
ESSENTIAL
容量
重量
サイズ[cm]
日本価格(円)
エッセンシャル キャビン
37L
3.9kg
40 x 23 x 55
¥76,680
エッセンシャル キャビンS
32L
3.6kg
40 x 20 x 55
¥74,520
エッセンシャル キャビンプラス
47L
4.4kg
45 x 25 x 56
¥84,240
エッセンシャル チェックインM
58L
4.7kg
45 x 24 x 67
¥91,800
エッセンシャル チェックインL
87L
5.2kg
52 x 28 x 77.5
¥100,440
エッセンシャル トランク
92L
5.2kg
37.5 x 43 x 73
¥106,920
エッセンシャル トランクプラス
103L
5.5kg
37.5 x 43 x 80
¥114,480
■エッセンシャルライト・スペック

ESSENTIAL LITE
容量
重量
サイズ[cm]
日本価格(円)
エッセンシャルライト キャビン
38L
2kg
40 x 23 x 55
¥60,480
エッセンシャルライト キャビンS
33L
1.9kg
40 x 20 x 55
¥58,320
エッセンシャルライト キャビンミニ
22L
1.7kg
32 x 20 x 43
¥54,000
エッセンシャルライト チェックインM
65L
3.2kg
45 x 25 x 67
¥74,520
エッセンシャルライト チェックインL
91L
3.8kg
52 x 27 x 78
¥79,920

今回両方ともじっくりみてきたのじっくり紹介したいと思います。

エッセンシャルの外観

まずはエッセンシャルの外観について紹介します。



新モデルで一番の変化点は真ん中のロゴ部分です。


アルミ製のプレートに変わりました。

以前のサルサのロゴはこんな感じでした。

サルサ
サルサデラックスはバックホルダーになっていました。

サルサデラックス
こうやって比較するとスタイリッシュになりましたね。

ファスナーとTSAロックの部分はほぼ見た目が変わっていません。


ハンドルも同系色で統一されています。


赤も鮮やかでいいですね。


カラーバリエーションによってキャスターの色も異なりました。

ホイール部分が、シルバーと黒の二種類ありました。

例えば、本体が白の場合はシルバーで、赤の場合は黒でした。

拡大写真

ホイールの形もオリジナルなんかと比べると少し違いました。
オリジナルのホイール
スッキリしたデザインになって、都会的な感じになった気がします。

エッセンシャルの内装について

リモワエッセシャルの内装ですがオリジナルやクラシックと同様に両側フレックスディバイダーでした。


これは使い勝手がいいのでポイントが高いですね。

ただ、以前はモデルによって内装が変わったり内装の色が違ったので、それはそれで個性としてよかったんですが、多くのモデルで統一化されたのはちょっと寂しいですね。

女性的にはこの内装色どうなんでしょう・・・

エッセンシャル・エッセンシャルライトの製造国

私がみてきたお店のエッセンシャルとエッセンシャルライトの製造国はチェコになっていました。

今持っている、サルサとサルサデラックスが同じくチェコなので同じ工場で作っていることがわかります。


エッセンシャルライトの外観

次はエッセンシャルライトの外観です。


こちらもリモワロゴのプレートがアルミ製になり、エッセンシャルと同じ仕様です。


エッセンシャルとの大きな違いは、エッセンシャルライトの方は一本ハンドルになりますが、それ以外にも鍵の位置が横ではなく、上部になります。

Check-In L - Essential Lite
引用:rimowa.com


あと、エッセンシャルの場合、ハンドルや取っ手は本体カラーと同色でしたがエッセンシャルライトは黒で統一されています。


あと、側面の裏側の側部分が小さい革になっています。これはエラーに限らずエッセンシャル全般同じです。(こんなところ、気にしている人いないかもしれませんが・・・)



しっかり新ロゴが入ってます

そして、車輪は各カラーとも黒で統一されていました。車輪の形状はオリジナルとかと同じなので、エッセンシャルだけが、特別な車輪かもしれません。



エッセンシャルライトの内装

次はエッセンシャルライトの内装の紹介です。


こちらはエッセンシャルやオリジナル、クラシックと違ってフレックスディバイダーがなく、ファスナータイプです。

使い勝手はあまり良くないですが、エッセンシャルライトは軽量化優先なのでしょうがないと思います。


リモワの新定番エッセンシャルを徹底レビューまとめ

今回はリモワのエッセンシャルとエッセンシャルライトをレビューしました。

個人的にはロゴ部分が変わってスッキリして、ターゲットを明確に女性に絞ったような気がします。

以前のサルサエアーはデザイン的にあまり好きではなかったですが、ロゴ部分が変わったことで、デザイン的には結構好きです。が、一本タイプのハンドルはちょっと抵抗があります。

何れにしても、個人的には今回のデザイン変更は特にこのポリカーボネート製のエッセンシャルとエッセンシャルライトにとっては良い方向かなと思っています。

その他の新型リモワのレビューも行なっていますので、下記の記事をご参照ください。

最速レビュー!リモワの新モデル「オリジナル(Original)」を徹底解説します
無骨さがかっこいい!新型リモワ(RIMOWA)クラシックを徹底レビュー!!

コメント