新たにヒルトン系列のホテルがバンコクにオープン!ダブルツリーバイヒルトンバンコクプルンチット






バンコクに新たなヒルトン系列のホテルがオープンします♪


日本大使館やアメリカ大使館も近くにあるハイソなエリアにダブルツリーブランドの「DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit」が新たにオープンします。

以前からヒルトンのアプリで予約画面には出てきていましたが、「Opening Soon」となっていて予約できる状態ではありませんでした。

しかし、最近は2019年10月1日以降の予約受付を開始しています。

気になるアクセス方法や料金など紹介します!


DoubleTree by Hilton Bangkok Ploenchit(ダブルツリーバイヒルトンバンコクプルンチット)がオープンします!


結構前からヒルトンアプリに表示されているのでいつオープンするのか気になっていましたが、現時点では2019年10月1日以降の予約の受付を開始しています。

バンコクのヒルトン系列のホテルについて

2019年7月現在、バンコクにヒルトン系列のホテルは最高級ブランドのウォルドーフ アストリア バンコクからダブルツリーブランドのホテルまで計6ホテルあります。
この中にさらにダブルツリーブランドのホテルが増えることになります。

今回オープンするダブルツリープルンチットはバンコクのヒルトン系ホテルの中で一番お気に入りのコンラッドバンコクと最寄駅は同じ駅になります。

ダブルツリー バイ ヒルトン バンコク プルンチット

ダブルツリープルンチットに関して、以下公式ホームページからの抜粋です。

高架鉄道BTSのプルンチット駅やスクンビット通りに近く、文化的ランドマークやビジネス街、ショッピング街、エンターテイメント施設へのアクセスも良好です。
広さ28〜240m²からお選びいただけるダブルツリーbyヒルトン・バンコク・プルンチットの客室とスイートは、すべて上品な内装が施され、快適さを最大限に引き出すよう設計されています。大きな窓から市街の風景を一望でき、すべての客室にワークデスクやノートパソコンが収容可能なセーフティボックス、ローカル局とケーブルチャンネルを視聴可能な40インチの薄型ハイビジョンテレビなど、充実したアメニティをご用意しています。終日オープンのレストランで地元の料理や各国料理を楽しんだり、ロビーラウンジでドリンクを片手にリラックスしたりなど、ゆったりとお過ごしください。ウェイトトレーニング機器や有酸素トレーニングマシーンなど設備の充実したフィットネスセンターや、軽食も提供するバーを併設した屋外プールなど、アクティブにお過ごしいただける設備も揃っています。ダブルツリーbyヒルトン・バンコク・プルンチットの26階に位置する屋上イベントスペースからは、バンコクの美しいスカイラインをご堪能いただけます。フレンドリーなスタッフが、当ホテル名物の温かいチョコチップクッキーをご用意して皆さまのご到着をお待ちしております。

ダブルツリープルンチットへのアクセス

住所:12 Sukhumvit Soi 2, Bangkok 10110, Thailand

スクンビット道路のソイ2にあり、JWマリオットホテルバンコクのすぐ近くに位置しています。



最寄駅は、BTSプルンチット駅ですが繁華街のあるナナ駅も徒歩圏内です。

治安的にはナナ駅の方から行くと、繁華街なので賑やかな雰囲気でちょっと治安を悪く感じることもあるかもしれませんが、プルンチット駅周辺にはアメリカ大使館や日本大使館もあるので、プルンチット駅からアクセスする分には全然問題ないと思います。

ただ、周辺はオフィス街なのでプルンチット駅からホテルまでの道のりは、夜の時間帯は人通りが少なく寂しい感じはあるかもしれませんが心配するほどではないと思います。

空港からの場合は、タクシーやGrabでの移動が手っ取り早いかと思います。ざっくり、高速料金込みで400バーツくらいでしょうか。(空港発のタクシーは空港利用料が50バーツ必要です。メーターとは別に支払う必要があります。Grabは不要です。)

少しでも安くという場合は、エアポートレイルリンクで終点のパヤタイ駅まで行き、そこでBTSに乗り換えて15分程度の場所にあります。トータルで1時間くらいかと思います。

空港からのアクセスについては下記の記事をご参照ください。

【2019年版】Grabがオススメ!スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセス方法まとめ

予約の受付が開始されました!

7月に入って、何気なくヒルトンのホームページで検索してみると予約の受付が開始されていました。
This hotel will soon be joining the Hilton Portfolio of Brands and is presently accepting reservations for arrival October 1, 2019 and beyond.
”このホテルは間も無くヒルトンホテルブランドの一員になります。現在は、2019年10月1日以降の予約を受け付けています。"


気になる宿泊料金は?

では、気になる宿泊料金ですが同じくダブルツリーブランドのダブルツリーバイヒルトンホテルスクンビットバンコクは大体1万円ちょっとが相場なので、同じくらいの値段設定になるだろうと予想していましたが、実際にはどうか見てみたいと思います。


一番安い部屋タイプで2,706バーツ(税サ別)からあります。

HONORS DISCOUNT SEMI-FLEXという会員向けの割引料金ですが、支払総額は3,185.04バーツなので予想通り1万円ちょっとです。


ポイント宿泊の場合も、ダブルツリーバイヒルトンホテルスクンビットバンコクと同じ設定になりそうです。

いくつかの日程で調べてみたら30,000ポイントからとなっていますが、同じ日付のダブルツリーバイヒルトンホテルスクンビットバンコクも同じポイント数です。

ダブルツリーバイヒルトンホテルスクンビットバンコクは20,000ポイントから宿泊できたはずなのですが、必要ポイント数が上がったのか、変動制なのでたまたま高くなっているのかわかりません。

部屋タイプについて

部屋タイプは12タイプあるようです。
  • キングゲストルーム(28㎡)
  • ツインゲストルーム(28㎡)
  • キングゲストルーム・シティービュー(28㎡)
  • ツインゲストルーム・シティービュー(28㎡)
  • ツインデラックスルーム(28㎡)
  • キングデラックスルーム(28㎡)
  • ツインスーペリアルーム(40㎡)
  • キングスーペリアルーム(40㎡)
  • キングプレミアムルーム(36㎡)
  • キングワンベッドルームスイート(70㎡)
  • キング1ベッドルームテラススイート(89㎡)
  • キング2ベッドルームテラススイート(240㎡)






一番狭い部屋で28m2、一番広い部屋で240m2となっています。



ラウンジ設備はありませんので、エグゼクティブフロアの設定はありません。

ダブルツリーバイヒルトンバンコクプルンチットまとめ

まだオープン前なので宿泊してませんが、オープンしたら早いタイミングで行ってみたいと思っています。

価格的には1万円前後と宿泊しやすい料金です。場所的にはバンコク中心部のど真ん中で、近くに観光スポットなどがあるわけではないですが、電車移動の場合はどこに行くにも便利な立地だと思います。

自分がバンコクに来るときに利用するかというと微妙なところではありますが、最寄駅にはセントラルエンバシーという高級ショッピングセンターがあり、もう1つの駅ナナ駅方面はナイトスポットが充実しています。

また、オープンして宿泊してきたら宿泊レビューを紹介します!

これまでに宿泊してきたバンコクのヒルトン系列の宿泊レビューは下記の記事をご参照ください。一番のお気に入りはコンラッドバンコクです。

格安改装済みスイートを満喫!バンコクリバーサイドのミレニアム・ヒルトン・バンコク宿泊記 好立地の5つ星ホテル!!ヒルトンスクンビットバンコク宿泊レビュー(Hilton Sukhumvit Bangkok) ホスピタリティ満点!コンラッド・バンコク宿泊レビュー(CONRAD BANGKOK)

コメント