プライオリティパスで利用できるスワンナプーム空港のラウンジ特集!






観光客が多く訪れるタイの首都バンコクにあるスワンナプーム空港には多数の空港ラウンジがあります。


スワンナプーム空港はアジアのハブ空港としての役割も担っていて、非常にたくさんの人たちが利用しています。

そんなスワンナプーム空港のラウンジの中には、ビジネスクラスやファーストクラス利用者、航空会社の上級会員のみが利用できる航空会社のラウンジやタイの銀行が上顧客向けに提供しているラウンジまで多種多様な種類があります。

今回はそんな数多くあるスワンナプーム空港のラウンジの中で、エコノミークラス利用でもプライオリティパスというラウンジカードがあれば利用可能なラウンジを紹介したいと思います。

ちなみに、2019年6月現在スワンナプーム空港にはプライオリティパスで入場可能なラウンジが国際線13箇所、国内線1箇所の計14箇所あります。



プライオリティパスで利用できるバンコクのスワンナプーム空港ラウンジ特集!


スワンナプーム空港はまさにラウンジ天国です!バンコクを本拠地にしている私はこれまでにプライオリティパスで利用可能なラウンジのうち、かなりのラウンジに実際に行ってきた中からオススメのラウンジを紹介します!

プライオリティパスについて

プライオリティパスは、世界中の空港のラウンジが利用可能なラウンジカードです。所持しているだけでエコノミークラスやLCC搭乗時でも空港ラウンジを使うことができます。

プライオリティパスについては下記の記事をご参照ください。

プライオリティパスで利用可能なスワンナプーム空港のラウンジ

前述の通り、プライオリティパスで利用可能なラウンジは国際線は13箇所、国内線は1箇所の計14箇所もあります。

最近ではトルコ航空のラウンジが追加されました。

国際線

国内線

実際にブログで紹介しているのはリンクを張っているラウンジだけですが、ブログに書いてないものも含めればほとんどのラウンジを制覇しました。

オススメのラウンジ

スワンナプーム空港でプライオリティパスで利用可能なラウンジの特徴に航空会社が運営しているラウンジが数多く利用可能なことです。

プライオリティパスで利用可能なラウンジは、航空会社が運営しているラウンジよりも空港やラウンジ運営会社が運営しているラウンジであることが多いですが、スワンナプーム空港ではエールフランスやトルコ航空、オマーン航空など航空会社のラウンジが利用可能です。

個人的には空港やラウンジ運営会社が運営しているラウンジよりも、航空会社のラウンジの方が食べ物やサービスが良いと感じることが多いです。

その中でもオススメは「オマーン航空ファースト&ビジネスクラスラウンジ」と「エールフランス航空のKLMスカイラウンジ」です。

一方で、スワンナプーム空港にはミラクルラウンジという航空会社の運営ではなくスワンナプーム空港の空港管理会社のAOTが運営しているラウンジも数多くあります。

そのミラクルラウンジのうち、特にコンコースDにある「ミラクルファーストクラスラウンジ」と「ミラクルビジネスクラスラウンジ」はオススメです

オススメ① オマーン航空のラウンジ

まず最初のオススメは、「オマーン航空のファースト&ビジネスクラスラウンジ」です。

オマーン航空のラウンジはコンコースEの3階にあります。その名の通りオマーン航空が運営するラウンジです。

比較的こぢんまりとしていますが、たまに利用しても利用者が少なく、清潔感があるので結構お気に入りです。

オススメ② エールフランス航空のラウンジ

次に紹介するのはスカイチームに所属する「エールフランス航空のKLMスカイラウンジ」です。

こちらも流石は航空会社のラウンジと言うだけあって、食べ物も豊富でよかったです。

コンコースFにあって、スターアライアンス加盟のエバー航空ラウンジの向かい側にあります。


オススメ③ ミラクルファーストラウンジ(コンコースD)

次に紹介するのはコンコースDにある「ミラクルファーストクラスラウンジ」です。

コンコースDのミラクルラウンジがオススメな理由としては、ラウンジが新しく内装が豪華で食べ物も充実しています。

次に紹介するミラクルファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジの違いは以前は、ビジネスクラスラウンジには喫煙所がありましたが、最近はなくなっているのであまり差異はなくなっているような気がしますが、どうせなら個人的にはファーストクラスラウンジの方がオススメです。

というのも、以前JAL便に搭乗する際に、JALラウンジが混雑しているという理由でチェックインカウンターでミラクルラウンジのインビテーションをもらいました。

そのインビテーションでは、ビジネスクラスラウンジのみに入場可能で、ファーストクラスラウンジには入場できませんでした。

プライリティパスでは両方入れますが、どちらかというとファーストクラスラウンジの方が一般的には入場のハードルが高いことになるので、ファーストクラスラウンジの方が混雑度が少ない可能性があります。
【プライオリティパスで利用可】スワンナプーム空港のミラクル・ファーストクラス・ラウンジ コンコースD

オススメ④ ミラクルビジネスラウンジ(コンコースD)

「コンコースDのミラクルビジネスクラスラウンジ」は先ほど紹介したミラクルファーストクラスラウンジの隣にあります。

ラウンジ内部の様子も提供されている食事も似ています。以前はビジネスクラスラウンジの方にはテラス型の喫煙所がありましたが、スワンナプーム空港の全面禁煙に伴い現在は喫煙所は閉鎖されているものと思います。

その他プライオリティパスで利用可能なラウンジ

これまでに紹介したラウンジがスワンナプーム空港でプライオリティパスで利用可能なラウンジですが、それ以外にもまだまだプライオリティパスで利用可能なラウンジがあります。

例えば、航空会社のラウンジではスターアライアンス加盟のトルコ航空のラウンジが利用可能です。

同じく航空会社では、タイの航空会社バンコクエアウェイズのブルーリボンラウンジも利用可能です。バンコクエアウェイズは全ての乗客向けにラウンジサービスを提供していますが、こちらのブルーリボンラウンジはプレミアムエコノミー・ビジネスクラス利用者向けのワンランク上のラウンジです。

他には、ミラクルラウンジに名前が変わる前のCIPラウンジの時代に行ったのみですがコンコースGのミラクルラウンジ(旧CIPラウンジ)も良かったですが、最近はそれ以上に良いラウンジが増えたので、利用する機会がなくなりました。

スワンナプーム空港国内線で利用できるラウンジ

スワンナプーム空港の国内線でもプライオリティパスで可能です。
国際線でも紹介したバンコクエアウェイズのブルーリボンラウンジが利用可能です。

PPで利用できるスワンナプーム空港のラウンジまとめ

スワンナプーム空港では非常に多くの多彩な空港をラウンジカードのプライオリティパスで利用可能です。

私のオススメは下記のラウンジです。
他にもスワンナプーム空港にはANAのSFCやJALのJGC会員であれば利用可能なラウンジがたくさんあります。

各ステータスに応じたスワンナプーム空港のオススメラウンジは下記をご参照ください。
【2019年版】Grabがオススメ!スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセス方法まとめ
【完全保存版】スワンナプーム空港のラウンジ総集編!各ステータスに応じたオススメラウンジはココです!

そしてラウンジ天国のスワンナプーム空港からのアクセスについては下記の記事をご参照ください。

ドンムアン空港のプライオリティパスで利用可能なラウンジ

バンコクにはスワンナプーム空港とは別にLCC(格安航空会社)の拠点となっているドンムアン空港があります。以前は、ドンムアン空港がメインの空港でしたがスワンナプーム空港ができてからドンムアン空港は格安航空会社(LCC)専用の空港になりました。

そんなドンムアン空港でもプライオリティパスは大活躍します↓

これだけのラウンジが使えれば十分すぎますよね、さらになんと飛行機に乗らない時でも利用可能なラウンジがドンムアン空港にはあります!

え?!プライオリティパスで利用できるドンムアン空港のコワーキングスペース「MIRACLE CO-WORKING SPACE」

私が行った時は搭乗券の提示は不要でした。コワーキングスペースなので今後も航空券の提示は不要で利用できる可能性は高いですね!

ドンムアン空港へのアクセスは下記の記事をご参照ください。
ドンムアン空港の行き方「空港⇄BTSモーチット駅(市内)のA1/A2バス」について

コメント