ドンムアン空港の行き方「空港⇄BTSモーチット駅(市内)のA1/A2バス」について






LCC専用のドンムアン空港は結構不便な場所にあります。


現在、ドンムアン空港へ行くためのBTSやMRTのようなタイ国鉄(SRT)による新都市鉄道「レッドライン」は絶賛工事中です。。

このレッドラインの開通は2021年に開通の延期が発表されましたが、まだこの先もどうなるかわかりません。

一応、タイのローカル鉄道、国鉄の駅がドンムアン空港のすぐ隣にありますが、本数や所用時間を考えるとそれほど現実的な選択肢とは言えません。

そのため、ドンムアン空港から移動する場合は、
  • バス
  • タクシー
  • Grab
が現実的な選択肢になります。

普段はGrabかタクシーを使ってますが、今回空港バスを使ってみたら結構便利だったので紹介します。

ドンムアン空港の行き方「空港⇄BTSモーチット駅(市内)のA1/A2バス」について


タクシーの安いバンコクではついつい、タクシーやGrabを使ってしまいますが、たまにはバスも悪くないですね。

ドンムアン空港A1/A2エアポートバス

ドンムアン空港は、路線バスを含めれば非常に多くのバスが乗り入れています。鉄道が整備されているスワンナプーム空港とは大きな違いです。

今回紹介するのは、エアポートバスのA1/A2バスです。

A1/A2バスは、ドンムアン空港と市内を結ぶバスですが、最大の特徴はドンムアン空港からもっとも近いBTSモーチット駅の直通バスであることです。

他の番号の路線バスやエアポートバスを駆使すればいろんなことろにいけますが、直接カオサンに行きたいとかの希望がなければ、旅行者の場合は、A1/A2バスに乗って、BTSモーチット駅へ行くことをお勧めします。

というのも、ドンムアン空港ーBTSモーチット駅間も渋滞していることが多いですが、さらにそのさきの市内も渋滞していることが多いので、BTSモーチット駅でさっさと電車に乗り換えて、移動するのが時間の節約になるはずです。

またBTSモーチット駅と言ってますが、MRTチャトチャック駅も同じ場所にあり、行き先に応じて使い分けるといいと思います。

ちなみにカオサン行きのバスはA4バスで50バーツです。

今回はA1/A2バスの料金、乗車時間、乗り場(ドンムアン空港、BTSモーチット駅)などを徹底解説します。

ドンムアン空港ーBTSモーチット間であれば、基本的にはA1バス、A2バスとも同じと思ってOKです。

A2バスはビクトリーモニュメントまで行きますが、そのままロットゥと呼ばれる白いバンの乗合タクシーに乗る場合以外は、前述の理由でBTSモーチット駅で降りるのがベターです。

ドンムアン空港A1/A2バス概要

  • 運賃:30バーツ
  • 運行時間:7:00~24:00
  • 運行間隔:A1バス は約5分ごとに1本、A2バスは約30分ごとに1本

A1/A2バスの乗車料金

A1/A2バスの乗車料金は、30バーツで一律です。

バスが発車すると係のお姉さんが集金にくるスタイルです。


100バーツであればお釣りをもらえると思いますが、それ以上の場合は怪しいので、事前に崩しておくのがベターと思います。

お金を払うと、お姉さんが綺麗にお金をおって手に挟んで、チケットを切って渡してくれます。



運行時間・乗車時間

運行時間は7時から夜の24時となっています。

運行間隔も頻繁に出ているのでほとんど待つことなく乗れると思います。(とは言え、渋滞状況やタイミングによると思います。)

私は夕方にBTSモーチット駅からドンムアン空港、夜にドンムアン空港からBTSモーチット駅を利用しましたが、いずれバス乗り場に到着したら直ぐにバスがいて、発車後も渋滞をしておらず、出発してから15分ほどで到着しました。

ドンムアン空港付近は渋滞していることが多い印象なので、渋滞している場合は30分やそれ以上かかることもあると思われます。

ちなみに私が利用したのはBTSモーチット駅からはA1バス、空港からはA2バスでした。

【空港発】ドンムアン空港のバス乗り場

まずは空港発の場合のドンムアン空港側のバス乗り場です。

ドンムアン空港は国際線ターミナル(T1)と国内線ターミナル(T2)がありますが、歩いて往復できる距離です。

空港発の乗り場は、国際線ターミナル・国内線ターミナルの両方あります。
  • 国際線ターミナル(T1):到着フロア6番出口
  • 国内線ターミナル(T2):到着フロア12番出口
バスは国際線ターミナルを出て、国内線ターミナルに向かいます。

バスは混み合っているので、座りたい場合は国際線ターミナルから乗った方がいいです。

国際線ターミナル(T1)のバス乗り場(ゲート6)


預け入れ手荷物を受け取り、制限エリア内に出て、左側の方に行くと6番出口があるので、そこを出た場所にバス乗り場があります。(国際線ターミナル突き当たりのタクシー乗り場まで行くと行き過ぎです。)


6番ゲートから外に出ると、上記のような看板が立っているのですぐわかると思います。

でも、いろんなバスがきて停車場所が多少ズレるようなのでA1かA2のバスを見かけたら乗り込みましょう。


国内線ターミナル(T2)のバス乗り場(ゲート12)

次は、国内線ターミナルのバス乗り場です。

この時は、国際線ターミナルからバスに乗りましたが、国内線到着フロアの12番ゲート付近に停車しました。


12番ゲートを出て、少し右に行くとこの看板があるのでこちらもわかりやすいと思います。


【空港発】A1/A2バスの停車場所

  • ①国際線ターミナル→②国内線ターミナル→③Central Plaza Ladprao付近→③BTSモーチット駅
空港発の場合は、空港を出た後、Central Plaza Ladprao(セントラルプラザラップラオ)というショッピングセンターの手前で一度停車しました。

係のお姉さんが「センタンラップラオ!」と大きな声で言ってるのですぐにわかると思います。

BTSモーチット駅は、Central Plaza Ladpraoからすぐの場所にあり、到着するとまたまた係のお姉さんが「BTSモーチット!」と大きな声で言ってくれるのですぐにわかるはずです。

【空港発】モーチット駅バス停(降車場所)

モーチット駅のバス停留所はBTSの駅入口の手前でした。


ちなみに、上記写真の左側は駐車場になっているのですが、昼間は隙間なく車が並んでいて、面白い光景が見えるので、時間があれば立ち寄ってみてください。(これぞ、タイという光景が見えます(笑))

まっすぐ歩いて行くと、途中にMRTのチャトチャック駅があります。


そのままさらにまっすぐ行くとBTSの入口があります。


【空港行き】モーチット駅バス停(乗車場所)

BTSモーチット駅から空港へ行く場合は、BTSモーチット駅の3番出口から出てすぐの場所にバス停があります。


ここはかなり多くのバスがひきり無しに来るので圧倒されないようにA1かA2バスをしっかり見つけてください。


上記写真の赤く囲んである場所がバスの停留所です。


大勢の人たちが待っています。いろんな路線のバスが乗り入れているようです。A1とA2以外にも空港に行くバスはありそうですが、途中の停留所が多かったりするので、無視してください。


こちらもA1とA2バスがきたら逃さないように乗り込んでください。他に誰かしら乗る人はいるので付いていきましょう。



空港からもそうでしたが、かなり混み合います。


スワンナプーム空港行きのエアポートレールリンクもそうですが、空港周辺に住む市民の足の一部になっているようです。

【空港行き】A1/A2バスの停車場所

  • ①BTSモーチット駅→②チャトチャックバス停→③ドンムアン空港国際線ターミナル
モーチット駅から乗って、すぐに一度停車しましましたが、その後はノンストップでドンムアン空港の国際線ターミナルまで行きました。

【空港行き】ドンムアン空港の降車場所

A1/A2バスはドンムアン空港の国際線ターミナルまで行きますが、国内線ターミナルには行きません。

私が乗った時は出発フロアの7番ゲートで下されました。


国内線ターミナルに行きたい場合は、このまま国際線ターミナル内に入って、右のほうへ歩いていけばすぐにつきます。

そのまま、外を歩いて国内線ターミナルに行くこともできます。


ドンムアン空港からタクシーを利用する場合

ドンムアン空港でタクシーを利用する場合は、所定のタクシー乗り場から乗る必要があります。

タクシー乗り場は国際線ターミナルの一番奥、国内線ターミナル側にあります。

大抵、いつも並んでいるイメージです。

タクシーは基本的にはメーターでいってくれるはずですが、空港からの利用の場合は空港使用料としてメーターに50バーツプラスで支払う必要があります。

逆に空港にタクシーで行く場合は、50バーツプラスは不要です。

バンコクのタクシーについては下記の記事もあわせて読んでください。

タイのバンコクでタクシーのぼったくり被害に遭わないためのコツをお教えします!!

ドンムアン空港からGrabを利用する場合

ドンムアン空港からGrabも利用できます。

普段はバスでもタクシーでもなく、Grabを使うことが多いです。

あらかじめ待ち合わせ場所が登録されているので、一番自分がいる場所に近い待ち合わせ場所を選択して下さい。



Grabの使い方については、下記の記事をご参照ください。

東南アジア旅行で大活躍 Grab Taxiの登録方法・使い方を徹底解説

まとめ

普段あまりバスは使わないのですが、バスを使ってみたら結構便利でした。

特に料金も30バーツと安く、デフォルトで高速も利用するので、少しでも安く移動したい場合は空港バスは便利です。

又、途中から乗り換えて電車を併用することで渋滞にあうリスクを下げることもできて、結果的に早く目的地に到着できる可能性があります。

また、バスを降りてからBTSモーチット駅又はMRTチャトチャック駅の両方利用可能なので、最終目的地に応じて選択できます。

ドンムアン空港には、国鉄の駅が隣接しているので、今回紹介していない国鉄で、渋くのんびりと風情のある旅行をしてみたいというのもありかもしれませんね!

ドンムアン空港に隣接している国鉄の駅

レッドラインが開通すれば、もっと便利になりそうですが、開通は当分先なので、安くかつある程度時間を計算したい場合は今回紹介したA1/A2のエアポートバスとBTS又はMRTの組み合わせがいいかもしれません。

とはいえ、ドンムアン空港からBTSモーチット駅までも渋滞していることもあるのでご注意ください。

コメント