まさにテルマエ・ロマエ!温泉大国ハンガリーの首都ブダペストの温泉の入浴方法から料金、オススメの温泉まで徹底解説します!






ハンガリーは温泉大国と言うことをご存知ですか?


そんな温泉大国ハンガリーの首都ブダペストには旅行者も気軽に楽しめる温泉が沢山あります。

と言っても、水着で入る温泉がほとんどだったり、温度の低い温泉が多かったりと、日本の温泉とは勝手がちょっと違います。

ルールがわからないと戸惑うこともあるかと思いますので、温泉の入り方についてまとめたいと思います。

そして温泉好きの私は日本の温泉に比較的近い高温の温泉がある温泉を探して行ってきました。

今回、ブダペストに3泊して毎朝温泉に行ってきたのでオススメの温泉もあわせて紹介します。

まさにテルマエ・ロマエ!温泉大国ハンガリーの首都ブダペストの温泉の入浴方法から料金、オススメの温泉まで徹底解説します!



ブダペストでテルマエロマエに出てくるような温泉に入ってきました♪最初、ぬるい温泉はちょっと・・・と思っていましたが、実際に使ってみるとボーッと何も考えずに長時間入れて良かったです♪それでも、熱い温泉にも入りたいので高温の温泉があるオススメの施設と温泉の入り方を紹介します!

ハンガリーは温泉大国?

ハンガリーの首都ブダペストはドナウの真珠と言われるくらい、街そのものが世界遺産に登録されています。

そんな、東欧にあるハンガリーは古くは古代ローマ時代から温泉文化があり1,500以上の温泉施設があると言われています。

そのうち、首都のブダペストには100以上の施設があり多種多様な選択肢があります。

今回はその中から実際に行ってきた日本人に良さそうな厳選の温泉を紹介します。

テルマエ・ロマエ!

ハンガリーの温泉は映画テルマエ・ロマエに出てくるような古代ローマ時代の温泉施設を彷彿とさせる温泉でした。


 ここで紹介しているお風呂の写真は、どれもブダペストにある温泉施設の写真です。


その様式も様々で、トルコ風呂のような温泉もあれば、巨大テーマパークのような温泉プールの施設まで様々です。


温泉の種類が色々あれば、楽しみ方も色々あって面白いと思います♪

温泉の入り方

ブダペストの温泉は男女混浴&水着着用が基本です。

なので、日本の感覚で言うと温泉というよりは、プールに近い感覚です。

ただ、私が行ってきたルダシュ温泉の内湯は男性専用の日、女性専用の日、男女混浴の日に別れています。

男性専用の日の内湯に行ってきましたが、白い前掛けのような布を腰に巻くタイプでした。

見ていた限りだと10人に1人くらいが水着で入っていましたが、ほとんどの人が前掛け布で入ってました。

強者は前掛けを2枚もらって前後につけていました(笑)

更衣室は男女別が基本ですが、場所によっては男女共用で個室の着替えスペースがあるような場所もあります。

キャビンとロッカー

ブダペストの温泉施設は、キャビンとロッカーで値段が異なる場合があります。

キャビンは、個室のような脱衣所で服を脱いでそのままそこに荷物を置いておくことができます。




一方でロッカーの場合は、いわゆるプールや日本のスーパー銭湯の脱衣所のような感じです。




男女同じ場合もあり試着室のような小さなボックスが用意されています。


ここで水着に着替えて、ロッカーに荷物を置いておくスタイルです。

温泉の料金

気になるブダペストの温泉施設の料金ですが物価の安いハンガリーにしては高く感じましたが、それもで日本円にして1,000円〜3,000円弱くらいです。

早朝割引があったり、平日の方が安かったりすることが多かったです。

ブダペストで一番有名なセーチェニ温泉の価格は下記の通りでした。

Daily tickets
Weekdays
Weekends
and holidays
Daily ticket with cabin usage
6 000 Ft
6 200 Ft
Daily ticket with locker usage
5 500 Ft
5 700 Ft
Morning ticket with cabin usage for 2 hours (6-8 am)
5 700 Ft
5 900 Ft
Morning ticket with locker usage for 2 hours (6-8 am)
5 200 Ft
5 400 Ft
Afternoon ticket with cabin usage (from 7 pm)
5 700 Ft
5 900 Ft
Afternoon ticket with locker usage (from 7 pm)
5 200 Ft
5 400 Ft
Ticket paid in advance, with cabin usage
6 200 Ft
Ticket paid in advance, with locker usage
5 700 Ft
Guided tour ticket (each day at 10.30 am and 4 pm in Hungarian or English) (1)
3 000 Ft
Spa Basic Package (2)
17 000 Ft
Spa Beauty Package (3)
22 000 Ft
Spa Superior Package (4)
31 000 Ft
Cabin ticket
1 000 Ft

キャビンとロッカーで料金が変わっていて、早朝料金や午後そして週末料金があることがわかるかと思います。

週末に行って丸一日遊ぶとして6,200FT(=2,480円)はそれほど高くないかもしれませんね。

支払いにはクレジットカードを使えることが多かったので現金がなくても大丈夫かと思います。

ブダペストでオススメの温泉!

ここまで、ブダペストの温泉の入り方や料金について紹介して来ましたが、旅行の際に徹底的に前調べをして、実際に行って来たブダペスト市内の中心から公共交通機関で気軽にいける温泉を4つ紹介します!

まるでテーマパーク!ザ・ブダペストの温泉「セーチェニ温泉」(Széchenyi gyógyfürdő)

まずはじめに紹介するのが、これぞブダペストの温泉というセーチェニ温泉です。

ブダペストで一番有名な温泉施設かと思います。

とりあえず迷ったらセーチェニ温泉に行きましょう。

温泉というよりも温水プールのテーマパークといった方がしっくり来るかもしれません。



地下鉄の M1 「Hősök Tere(英雄広場)」又は「Széchenyi fürdő」から歩いていける場所にあります。最寄駅は「Széchenyi fürdő」です。


ブダペストの地下鉄1号線は世界で二番目に開通した地下鉄で、世界で唯一世界遺産に認定されている路線とあって、駅も車両もレトロで一見の価値ありです。

CityParkの中にあり、Hősök Tere駅で降りて英雄広場やヴァイダフニャディ城を観光しながら歩いてセーチェニ温泉まで行くことができます。





他にも博物館や美術館、サーカス、そして動物園まであるので一日楽しむことができると思います。

こちらがセーチェニ温泉の外観です。もはや温泉施設だとは思えませんよね。。


こちらの立派な入り口から入場します。


建物の天井も素敵です! テルマエロマエの世界ですね!


施設内の案内図がこちらです。


中はこんな感じでこれは本当に温泉?という風に思ってしまいますよね。。。


家族や友達でわいわい行くと楽しそうですね!

私はこの時は一人旅だったので、入り口までいって見学だけで入場はしませんでした。

SPAパッケージなんかもありました。


地下鉄のSzéchenyi fürdő駅から近くにある方の入り口はこんな感じです。


【一番オススメ!】本物の温泉が味わえる「ルダシュ温泉」(Rudas Baths)

温泉好きの私が一番オススメしたのがルダシュ温泉です。


ブダ城などがあるブダ側の温泉施設です。

ここを選んだ理由は、日本人が大好きな高温の温泉があるからです。

やっぱり温泉といえば暑い湯に浸かりたいですよね。

ルダシュ温泉の内湯は男性専用の曜日と女性専用、混浴の日に別れています。

他にも、展望風呂の景色が秀逸でオススメできる温泉です。

料金も平日の午前中であれば3,000フォリントと気軽に入浴できる料金でした。

アクセス方法や料金など詳細は下記の記事をご参照ください。

【ブダペスト温泉紀行】熱い温泉が特徴のルダシュ温泉(Rudas Baths)!

私は夜の露天風呂に行けなかったので次に行くことがあれば絶対に行きたいと思います。

ローカル御用達の穴場!「ヴェリ・ベイ・トルコ温泉」(Irgalmasok Veli Bej Bath)

次に紹介するのは、ガイドブックにもそれほど掲載されていない穴場のヴェリ・ベイ・トルコ温泉です。

ヴェリ・ベイ・トルコ温泉は、ブダペストの観光の中心地より少しだけ北側にあります。近くには次に紹介するルカーチ温泉があります。


中心部からはトラムやバスでアクセスすることができます。

こちらは16世紀に建てられたトルコ様式のお風呂ですが、2011年に改装されていて清潔そのものでした。

入り口も公民館の入り口のようなところで看板が出ているわけでもなく、分かり難かったです。

その分、観光客は少なく地元の方が多いように感じました。

リハビリ施設も兼ねた地元密着型の温泉施設でした。

セーチェニ温泉のような派手な温泉施設もいいですが、こじんまりと本当の意味で温泉を味わうのであれば、ヴェリ・ベイ・トルコ温泉はいいと思います。

料金も平日の午前中が2,500フォリントと日本円にして1,000円くらいなので良心的な価格です。

こちらも行き方や営業時間・料金、施設の詳細は下記の記事をご参照ください。

【ブダペスト温泉紀行】ローカル御用達の穴場温泉!ヴェリ・ベイ・トルコ温泉(Veli Bej Bath)

古代ローマ時代の温泉を味わうなら「ルーカチ温泉」(Lukacs Thermal Bath)

最後に紹介するルーカチ温泉はブダペストの数ある温泉の中でも最も歴史のある温泉療養施設で、起源は古代ローマ時代にまで遡ると言われています。

ルカーチ温泉先ほど紹介したヴェリ・ベイ・トルコ温泉と同じく、ブダペストの観光の中心地より少しだけ北側にあります。


バスでもいけますが、トラムの方が施設の入り口のすぐ近くに停留所があるので便利です。

こちらはブダペストカードという、ブダペスト市内の交通機関と観光施設の入場料が一体となったトラベルカードがあれば無料で利用可能です。(個人的にはこの手のカードは元を取るのが大変だと思うので、交通機関の乗り放題パスのみ購入しています。)

料金は平日の8amまでなら3,500フォリント(=約1,400円)でした。

私は先ほど紹介したヴェリ・ベイ・トルコ温泉の方がお気に入りですが、夏場で外のプールを我慢せずに利用できるくらいの気候になるとこちらの温泉も悪くなさそうです。

こちらも行き方や営業時間・料金、施設の詳細は下記の記事をご参照ください。

【ブダペスト温泉紀行】起源は古代ローマ時代にあるルカーチ温泉(Lukacs Thermal Bath )

温泉大国ハンガリーの首都ブダペストの温泉まとめ

温泉大国と言われているハンガリーのブダペストの温泉の入り方や料金、オススメの温泉を紹介しました。

せっかくブダペストに行くなら温泉はオススメです。

素敵な街を散々歩いて疲れた体を温泉で癒しましょう♪

家族連れでわいわい行きたいなら多少値が張りますが定番の「セーチェニ温泉」がオススメです。周辺には観光名所や動物園、サーカスなどもあって1日楽しめると思います。

がっつり温泉を味わいたいのであれば「ルダシュ温泉」がオススメです。

熱い温泉とぬるい温泉に交互に浸かりながら何も考えずにボーーーと天井を見ながら過ごした時間は至福のひと時でした。

ローカルの雰囲気を満喫したいなら中心部のやや北側にある「ヴェリ・ベイ・トルコ温泉」と「ルーカチ温泉」も良かったです。

どちらかといえば、ヴェリ・ベイ・トルコ温泉の方が私好みでしたが、ブダペストカードを持っているなら無料で入ることができるルーカチ温泉に行きましょう!

今回紹介したいずれの温泉もブダペスト市内の公共交通機関で行くことができます。

ブダペストは交通機関が発達しており、使いこなせば観光の強い味方になります。

そんな公共交通機関の利用方法は下記の記事をご参照ください。


コメント