超神秘的なカオ・ルアン洞窟(Khao Luang Cave)!バンコクから日帰りも可能!!






バンコクからホアヒンに行く途中に「カオ・ルアン洞窟」に行ってきました。


この洞窟、侮るなかれ天候やタイミングによりますがかなり神秘的な光景を見ることができました!(侮っていたのは私ですが・・・)

この時は、ホアヒンに行くのが目的でついでに立ち寄ったのですが、ここは是非多くの方に知って欲しいので行き方や詳細を紹介します。



超神秘的なカオ・ルアン洞窟(Khao Luang Cave)!バンコクから日帰り可!!


ホアヒンに行く際に、妻がどうしても立ち寄って見たいというので気が進みませんでしたが、行って見たら神秘的で感動しました!ここは本当に行って良かったです♪これまでにタイでみた景色で一番感動したかも。。

カオ・ルアン洞窟とは(Khao Luang Cave)

バンコクの南西にあるペチャブリーにある洞窟です。

以下、amazing Thailandさんのページの説明文を引用させてもらいます。

Royal Caveという意味でナンクラオ王とモンクット王に捧げるためチュラロンコーン大王が作らせた仏像が奉られている、県内で最も重要な洞窟とされています。モンクット王がここの静けさを好み、頻繁に瞑想に訪れ多くの仏像を残しました。洞窟の上部の岩の裂け目から漏れ射す明かりが仏像を荘厳に照らします。


バンコクからは南西に130kmくらいの場所にあり車で2時間ほどなので、無理なく日帰りで行くことも可能です。


ホアヒンまでは3時間ほどかかりますが3分の2の場所くらいにあるのでホアヒンに行くついでによるとちょうどいいかもしれません。

アクセス ・行き方

まずは、カオ・ルアン洞窟の駐車場までいって、そこから乗合のバスに乗って山を登ります。

バンコクからの場合は、タクシーをチャーターしたり、国鉄のペチャブリー駅まで鉄道で行く方法もあります。

他にも、ロットゥーという乗合の白いバンで南ターミナルからペチャブリーまで行く方法もあります。

ペチャブリーまで行けば、そこからはソンテウ(乗合バス)やバイタクでカオ・ルアン洞窟まで行きましょう。

駐車場はこちらです。


駐車場が満車の場合でも道路沿いにスペースがあるので車の場合は、どこかしらに駐車できると思います。


駐車場からは山登りが待っていますが、カオ・ルアン洞窟の駐車場からは軽トラの荷台が乗り場になったミニソンテウのような乗合バスに乗るように促されます。


上記の小さなチケット販売所でチケットを購入します。往復で一人15バーツです。子供もしっかりと料金を徴収されました。

お猿さんも日陰で休んでました。何気にタイで野生の猿初めて見たかも(笑)


洞窟の入り口まで連れていってくれるのはこちらのダイハツの軽トラです。




乗合なので何組か乗ったら出発します。


タイ人の若者と同じでしたが、帰りも同じになりました。滞在時間は万国共通ですね。。。

帰りは降りた場所に行くと、車が停まっているので運転手のおじさんに声をかけましょう。

入場料

カオ・ルアン洞窟の入場料は無料です。

先ほどの送迎の15バーツのみ必要でした。

いざ洞窟へ!


軽トラを降りると白い立派な建物が真ん中に見えます。最初、この中から洞窟に繋がってんのか?と思いましたが違いました。。


 この建物の左側が洞窟への入り口の階段になっていました。建物の右手側にトイレがあり、比較的綺麗なトイレだったのでここでトイレを済ませておきましょう。



ちょっとだけ階段を登ると、直ぐに洞窟の入り口です。


私たちが行った時は門番が居眠り中でした。せっかくならセブン犬のようにもっと涼しいところで寝ればいいのに・・・


洞窟の中に仏像に涅槃像まで!


階段を降りて行くとそこが洞窟の入り口です。


 仏像が並んでいます。


そして、こちらが太陽の光が射し込んで仏像を照らし神秘的な光景が見られるスポットです。


ただ、残念なことにこの時訪問したのが14時過ぎで既に一番いい時間帯は過ぎていましたが、これだけでも十分に神秘的な光景です。

午前中ならここに光が射し込んでもっと神秘的な光景が見えるようです。

でも、この後に紹介する別の場所で素敵な光景を見ることができました。


タイ人の方達は仏像に手を合わせてお祈りをしていました。


 奥には涅槃像もいます。


素敵だったけど、光の射し込みが弱くて残念だったね、、という会話をしていたら奥にもう一つ洞窟の奥にスペースがあることに気づきました。

さらに奥に進むと光の射し込む神秘的な光景が・・・

その隣の移動するとそこには言葉を失う程の神秘的な光景が・・・


奥の部屋に仏塔があり、そこにちょうど太陽の光が射し込んで照らし出されていました。

いろんな角度から夢中で写真を撮ってしまいました(笑)





奥の方から見るとこんな感じに仏塔が見事に照らされています。人多いですねw






 期待してなかっただけに本当に感動しました!

ベストなシーズン&時間帯は?

晴れていないと陽は差し込まないので、11月から3月頃の乾季がベストです。

仏像の方に太陽の光が差し込むのは9時〜10時頃と言われていますが、時期によって前後すると思います。

私たちが行ったのは11月の上旬の14時頃です。

一番美味しい時間が終わっていたわけですが、仏像ではない、隣の仏塔の方に太陽が射し込む時間にあったようです。

大勢のタイ人の方もいたので、この時間を狙ってきている人もいるように思われます。

奥の方が洞窟の上の穴が小さいので、絞りこまれた神秘的な光が見えやすいのかもしれません。

カオ・ルアン洞窟まとめ

ただの洞窟と侮るなかれ、カオ・ルアン洞窟は神秘的な景色の見える素敵な洞窟でした。

この後に、ホアヒンの有名な洞窟「プラヤーナコーン洞窟」にも行きましたが、残念ながら曇りだったので、こちらの方が感動は圧倒的に大きかったです。

バンコクからも比較的近いので、週末に日帰りで訪れることができるのでオススメしたい観光スポットです!

ホアヒンで車で行く場合は、立ち寄り地としてぜひ候補に入れて見てくださいね!

コメント