2018年版 JALグローバルクラブ(JGC)の入会条件について徹底解説 めざせJGCサファイヤ!!


JALグローバルクラブの入会条件について

JAL グローバルクラブ

本日はJALの上級顧客向けサービスのJALグローバルクラブ、通称JGCの入会条件について徹底解説します。

JGCの特典について

JGCの特典については、先日ご紹介した通り、飛行機を使う機会が多い人にとってはワンランク上のサービスが受けることができるので非常に魅力的です。
JALグローバルクラブの特典について徹底解説!!

JGCの入会資格について

JALのHPによると、
JALグローバルクラブ(JGC)は、以下の条件を満たした場合にご入会いただけます。
  • 1~12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること。
  • JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。
となっています。つまり、 FLY ON ポイントというポイントを50,000ポイント以上貯めるか、50回以上JALグループ便及びワンワールドアライアンス加盟航空会社便に搭乗する必要があります。

ちなみに、ANAは回数による条件は廃止されてしまっており、ANAにはJALだけの基準になります。

JAL FLY ON プログラム

JALのサービスステイタスは毎年1月~12月の12ヶ月間に積算された「FLY ON ポイント」や搭乗回数に応じて決定します。

そのため、12月末までにFLY ONポイントを何ポイント獲得するか又は何回搭乗するかによって、翌年度のステイタスが決まります。

※ステイタスの期間は年度単位ですが、FLY ONポイントの計算は1月〜12月で計算されるので注意が必要です。

FLY ON ポイントとマイルの違い

よく間違えられるのが、FLY ONポイントとマイルの違いです。

私もよく友人や同僚から質問されるのが、

「JGCに入る為には、何マイル貯めれば良いの?」

と聞かれることが多いですが、JGCの入会資格を決めるのはマイルではなく、FLY ONポイントになります。

FLY ONポイントは、搭乗することでしか貯めることができません。JGCに入会する為には、飛行機に乗る以外ありません。

お金を出せばもらえる資格ではなく、航空券を購入して、実際に搭乗して始めてFLY ONポイントが付与されます。

そのため、JGCなどのステイタスを取得する目的で飛行に乗り続けることを、苦行になぞらえ、JGC修行やSFC修行といわれています。

FLY ON ポイントについて

JALのサービスステイタス取得の流れは、下記の通りフライトマイルをベースにFLY ONポイントが計算され、サービスステイタスが決定します。

このFLY ONポイントは通称FOPと呼ばれいています。

FLY ONポイントの計算方法

FLY ONポイントは、フライトマイル×FLY ONポイント積算率×ボーナスポイントで決まります。



単純なフライトマイルの計算だけではなく、換算率やボーナスポイントから計算されますので、基本的にはフライトマイルよりは貯めやすいことになります。

 上記の通り、日本国内線は2倍、JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・ オセアニア線:1.5倍となっており、これらのフライトが修行の狙い目となります。

FLY ONポイント積算の運賃 

FLY ONポイントはJMBマイル積算対象運賃のJALグループ便だけでなく、ワンワールドアライアンス加盟航空会社のJMBマイル積算対象運賃で搭乗した場合にも積算されます。

ただし、ワンワールドアライアンス加盟航空会社以外のJMB提携の航空会社に搭乗した場合は、マイルは貯まりますがFLY ONポイントは貯めることができませんので注意が必要です。


 FLY ONポイントシュミレーション

こちらのサイトからFLY ONポイントのシュミレーションができます。
シュミレーションの具体例を載せておきます。

例:東京-バンコク(エコノミークラス運賃2(70%))


結果は、獲得マイル2,008マイルに対して3,412FLYON ポイントを貯めることができます。

JGCの入会資格50,000ポイントまでは、約14.65回(合計7.5往復)必要となります。なかなか険しい道のりですね。

 FOP単価とは?

 航空券の金額を獲得できるFOPで割ったポイントをFOP単価(FLY ONポイント単価)と呼ばれているのですが、このFOP単価が低いほど、低コストでプレミアムポイントを獲得することができるという意味になります。

つまり、

FOP単価 × 50,000PP = JGC入会資格獲得のための費用

となります。

FLY ONポイントとサービスステイタスについて

 JALグローバルクラブに入会するための条件とは下記の通りでした。
「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上のご搭乗実績があること
この条件は、JMBサービスステイタスで言うところの「JMBサファイア」に該当します。つまりは、JMBサファイヤになって、JGCに入会するという流れになりますので、まず目指すべきはJMBサファイヤになります。

JMBサービスステイタス基準
これらサービスステイタスとFLY ONポイントの関係について解説します。

下記の通り、基準が設けられています。
  • JMBクリスタルは3万FOPまたは1万FOP+30回
  • JMBサファイアは5万FOPまたは1.5万FOP+50回
  • JGCプレミアは8万FOP+JGCまたは2.5万FOP+80回+JGC
  • JGCダイヤモンドは10万FOP または5万FOP+120回

前年度の搭乗実績が10万FLY ONポイント(うちJALグループ便5万FLY ONポイント)以上、または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ3万5千FLY ONポイント以上のご搭乗でJMBカード/JALカード会員の方はJMBダイヤモンドステイタス、JALグローバルクラブ会員の方はJGCダイヤモンドステイタスになります。5万FLY ONポイント以上、または50回以上1万5千ポイント以上でJALグローバルクラブへご入会いただけます。前年度の搭乗実績が8万FLY ONポイント(うちJALグループ便4万FLY ONポイント)以上、または80回(うちJALグループ便40回)以上かつ2万5千FLY ONポイント以上のご搭乗で、JALグローバルクラブ会員の方はJGCプレミアステイタスになります。前年度の搭乗実績が5万FLY ONポイント(うちJALグループ便2万5千FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ1万5千FLY ONポイント以上のご搭乗でJMBカード/JALカード会員の方はJMBサファイアステイタス、JALグローバルクラブ会員の方はJGCサファイアステイタスになります。前年度の搭乗実績が3万FLY ONポイント(うちJALグループ便1万5千FLY ONポイント)以上、または30回(うちJALグループ便15回)以上かつ1万FLY ONポイント以上のご搭乗でJMBカード/JALカード会員の方はJMBクリスタルステイタス、JALグローバルクラブ会員の方はJGCクリスタルステイタスになります。

各会員の特典は下記にまとめてありますが、やはり目指すべきはJMBサファイヤです。
 <ここに挿入>

注意点まとめ】JGCに入会するための条件

これまでに記載した、JGC修行の際に間違いやすい注意点を下記にまとめます。
  • ステイタスの期間は年度単位だが、FLY ONポイントの計算は1月〜12月で計算される
  • マイルとFLY ONポイントは違う
  • ワンワールド以外のマイレージ提携航空会社に搭乗してもFLY ONポイントは貯まらない


現在開催中のFLY ONキャンペーン

近年JALはANAに比べて、FOPに関するキャンペーンを積極的に実施しています。というか、ANAは会員が増えすぎたためか、キャンペーンに消極的な気がします。

そんなFOP関連で現在実施しているキャンペーンを紹介します。

JALカード会員限定 初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン

JALカード会員限定 初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン JALカード会員の方が、期間中にJALグループ便にご搭乗いただくと、初回搭乗に対して、5,000 FLY ON ポイントを積算いたします。
http://www.jal.co.jp/121campaign/flyon_bonus_jalcard/
JALは毎年のようにJALカード会員向けに、FLY ONポイントボーナスキャンペーンをやっています。来年2017年も対象なので、是非この機会に目指してみて下さい。

5,000ポイントプレゼントされるので、残り合計45,000ポイント集めればよい計算になります。

キャンペーン内容
JALカード会員の方がキャンペーン期間中、対象路線に対象運賃でご搭乗になると、JAL便の初回搭乗に対して、通常のFLY ON ポイントおよびFLY ON ポイントプレゼントキャンペーンに加え、さらにボーナスポイントとして5,000FLY ON ポイントを積算します。
  • ※キャンペーン登録は不要です。
  • ※通常のFLY ON ポイントが積算された翌月上旬に積算されます。なお、積算時期が搭乗の翌年となる場合も、搭乗された年の日付にて積算いたします。
  • ※キャンペーン期間中にJALカード会員である方が対象となります。
  • ※キャンペーン期間中、初めてのご搭乗に対して1回のみ積算します。
キャンペーン期間
2016年:2016年1月1日(金)~2016年12月31日(土)[ご搭乗日]

2017年も継続して実施いたします。
2017年:2017年1月1日(日)~2017年12月31日(日)[ご搭乗日]

FLY ONポイントプレゼントキャンペーン

https://www.jal.co.jp/121campaign/flyon_bonus/
●キャンペーン内容
従来のFLY ON ポイント積算に加えて、ご利用になる運賃に応じて最大400ポイントのボーナスポイントを積算いたします。 
●キャンペーン期間 
2017年12月31日(日)[ご搭乗日]まで

おわりに

ANAと比較してJALの方がFLY ONキャンペーンを頻繁に展開しており、比較的基準を達成しやすいと私は感じています。FLY ONポイントが2倍貯まるダブルFLY ONキャンペーンなども開催されることがあります。

これらのキャンペーンは破壊力抜群ですので、このブログでも随時紹介していきたいと思います。

なんといっても、私がJGCに入会できたのもキャンペーンのお陰でした。

私がJGCに入会した時のキャンペーンは、「FLY ONポイント 50%UPキャンペーン」と上記で紹介している、「初回搭乗FLY ONキャンペーン」 の合わせ技です。


このキャンペーンは中々の破壊力でした。一部の方にしか連絡がいってなかったようなのですが、電話するだけで誰でも登録できるキャンペーンでした。

しかもこの50%UPは「FOPポイント」×「FOP換算率」に1.5倍だったので、国内線の場合は2倍のさらに1.5倍、アジア路線は1.5倍の1.5倍とまさに倍々チャンスでした。

実際、これがステイタスを取得したときの搭乗記録ですが、日本ーバンコクを5往復で獲得しています。キャンペーンがなければ達成は無理でした。

フライトマイルは2,869ですが、安い航空券が多かったので、実際にはこの70%や50%がベースのフライトマイルでした。



翌年はANAに移行したので、特典航空券以外ではJGCの恩恵は受けていません。。。

また、こういったチャンスがくる可能性もありますので、JGCを狙っている方は、JALのHPやネット上の情報を随時チェックすることをお勧めします。

このブログでもわかり次第、発信していきたいと思います。

下記の記事ではJGCのメリットをSFCと比較するとともにFOP一撃必殺のキャンペーンを紹介しています。
JALグローバルクラブ(JGC)の特典のメリットをSFC特典と比較してまとめてみました



0 件のコメント :

コメントを投稿