ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の選び方 〜わかりにくい年会費を解説〜


念願の50,000PPを達成してどのスーパーフライヤーズカードがいいか悩んでいる方も多いかと思いますが、スーパーフライヤーズカードとは長い付き合いになります。

SFC会員のすごいところに家族会員も本会員とほぼ同等の待遇を受けられるところがありますが、今後半永久的に本会員も家族会員も更新していくことを考えると年会費は非常に重要な要素となってきます。(毎年、年会費を払い続けるわけですから・・・)

本日はそんな、ANAスーパーフライヤーズカードの年会費についてまとめます。

先日ANAスーパーフライヤーズカードの価値に関して記事を書きました。その際に年会費を調べましたが、マイ・ペイすリボ登録割引やWeb明細割引があるのはいいのですが、割引率が異なっていたりしてわかりにくかったです。いろんな方がブログで取り上げていますが、結構間違っている方も多かったです。




ANAスーパーフライヤーズカードの選び方・年会費について


まずはじめに、ANAスーパーフライヤーズカードの年会費を一覧にまとめました。

スーパーフライヤーズカード 本会員 ※税抜 家族会員 ※税抜 換算率 備考
ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード) 
10,250
5,100
10マイルコース1,000円=1ポイント=10マイル
5マイルコース1,000円=1ポイント=5マイル
10マイルコースは別途6,480円/年必要
ANAスーパーフライヤーズゴールドカード
15,000
7,500
1,000円=1ポイント=10マイル

ANAダイナーススーパーフライヤーズカード
28,000
10,500
100円=1ポイント=1マイル

ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
31,000
15,500
ANAグループでのご利用100円=2ポイント=2マイル
その他のご利用100円=1ポイント=1マイル

ANAJCBスーパーフライヤーズカードプレミアム
70,000
4,000
1,000円=2ポイント(うち1ポイントはボーナスポイント)=13マイル

ANAダイナーススーパーフライヤーズカードプレミアムカード
155,000
無料
100円=2ポイント=2マイル

ANA VISAプラチナスーパーフライヤーズカードプレミアムカード
80,000
4,000
1,000円=1ポイント=15マイル

ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード
150,000
無料
(4枚まで)
ANAグループでのご利用
100円=2.5ポイント=2.5マイル
その他のご利用
100円=1ポイント=1マイル



ご覧の通り、ANAスーパーフライヤーズカードの年会費は決して安いとは言えません。

しかし、幸いなことにANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)とANAスーパーフライヤーズゴールドカードのVisaとMasterブランドには二つの割引があります。

「Web明細登録割引」「マイ・ペイすリボ登録割引」です。

この割引はスーパーフライヤーズカードに限らず、通常のANAカードと同様の割引です。その二つの割引について解説します。

まず、間違いやすい部分を整理しておくと、


  • 割引が適用されるのはVISAとMasterブランドの一般カードとゴールドカードのみ
  • Web明細割引が適用されるのは本会員のみ
  • Web明細割引とマイ・ペイすリボ割引が併用できるのはゴールドカードのみです
この内容を念頭に置いて、各割引について解説していきます。

Web明細割引に登録

カードご利用代金WEB明細書サービスに登録するとカード年会費が最大1,000円(除く消費税等)割引になります。

ゴールドカード会員 1,000円
一般カード会員 500円
※ANA VISAプラチナ プレミアムカードは対象となりません。

年会費割引条件は下記の通りになっており、残念ながら家族カードにはWeb明細割引はありません。
年会費割引条件
以下すべての条件を満たされた方が年会費割引となります。
  • 本会員の方
  • 過去1年間※1のカードご利用代金請求※2のうち、6回以上の請求がある方
  • 年会費請求月の前月17日※3の1営業日前までにお申し込み完了された方

マイ・ペイすリボ登録割引

三井住友VISAカード会員サイトからマイ・ペイすリボサービスに登録して、年に1回以上カードを使うだけで年会費が割引になります。

リボ払いだと手数料がかかってしまうと思ってしまいますが、マイ・ペイすリボはその名の通り、自分のペースで支払いができるようになっていて、月々の支払金額を自由に設定できます。

そのため、月々の支払額を例えば「100万円」と設定しておけば、毎月一括返済できルノで、リボ払い手数料を払わずに年会費無料の特典だけを享受できます。

もう一つ、マイ・ペイすリボの特徴として、陸マイラーであれば「ワールドプレゼントのポイントが2倍」に着目するかと思います。

ワールドプレゼントのポイントが2倍
これはマイ・ペイすリボの手数料の請求が発生すれば、ボーナスポイントとして同額のポイントがもらえるというものです。

ボーナスポイントなのでマイルへの交換時は還元率は下がってしまいますが、貴重なポイントです。(1ポイント=3マイルになり通常ポイントの還元率よりは下がります。)

そのため、毎月の繰上げ返済など微調整が必要になりますがANAカードを使う場合は、このボーナスポイントを効率よくゲットすることをお勧めします。

年会費の割引は下記の通りになっています。下記に記載はありませんが、この割引は割引額は異なりますが、家族カードにも適用可能です。


通常 マイ・ペイすリボご登録後
ANA(一般) 初年度:無料
翌年度以降: 税抜2,000円+税
初年度:無料
翌年度以降: 税抜1,025円+税
ANA VISA Suicaカード 初年度:無料
翌年度以降: 税抜2,000円+税
初年度:無料
翌年度以降: 税抜751円+税
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 初年度:無料
翌年度以降: 税抜2,000円+税
初年度:無料
翌年度以降: 税抜751円+税
ANA(ワイド) 税抜7,250円+税 税抜6,275円+税
ANAスーパーフライヤーズカード 税抜10,250円+税 税抜9,275円+税
ANAゴールド(ワイド) 税抜14,000円+税 税抜10,500円+税
ANAスーパーフライヤーズゴールド 税抜15,000円+税 税抜11,500円+税
ANA VISAプラチナプレミアムカード 税抜80,000円+税 通常と同じ

Web明細割引とマイ・ペイすリボ登録割引の併用で年会費はどうなるか?

これら二つの割引を併用できるのはゴールドカードのみとなります。つまりANAカードの場合はワイドゴールドカード、スーパーフライヤーズカードの場合はスーパーフライヤーズゴールドのみ両方の割引が適用されます

ANAスーパーフライヤーズゴールドカードは本会員のみ両方の割引が適用されて10,500円+税となり、家族カードはマイ・ペイすリボ登録割引のみ適用されて、1,500円割引になり、6,000円+税になります。

つまり、この割引を適用すればVISAとMasterブランドに限れば、スーパーフライヤーズ一般カードとゴールドカードの年会費の差はぐっと縮まります。

●割引後の年会費
スーパーフライヤーズカード 本会員 ※税抜 家族会員 ※税抜 合計 備考
ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード) 
9,250円
4,600円
13,850 10マイルコースは別途6,480円/年必要
ANAスーパーフライヤーズゴールドカード
10,500円
6,000円
16,500


一般カードの方は、10マイルコースに参加する場合は別途6,480円/年が別途必要になるため、ANAスーパーフライヤーズカードを決済カードとして考えている場合は、ANAスーパーフライヤーズゴールドカードが最も安い年会費で維持できるカードということになります。

オススメのカードはANAスーパーフライヤーズゴールドカード

上記で解説した通り、一般カードとゴールドカードで比較した場合は、10マイルコースに加入して、カード決済でもANAスーパーフライヤーズカードを利用する場合は、VISAかMasterブランドのANAスーパーフライヤーズゴールドカードが年会費的にもオススメになります。

一方で、より上位のクラスのカードに関しては、今後半永久的にカードを継続するとした場合は、次に年会費の安い、ANAダイナーススーパーフライヤーズカードでも本会員28,000円(税抜)と家族会員10,500円(税抜)の年会費合計は38,500円となりそれなりの負担になります。

ANAカードからANAスーパーフライヤーズカードへの切り替え時の審査

念願の50,000ppを達成してプラチナ会員になり、スーパーフライヤーズカードへ入会する際にはクレジットカードなので当然審査があります。

その審査はプレミアムポイント数やANAのステータスには関係なく行われます。

そのため、審査に落ちてしまうと、せっかくプラチナメンバーになってもスーパーフライヤーズカードを作ることができません。

その対策として、スーパーフライヤーズ会員を目指す前に、SFCとして入会したいカードと同じブランド、同等クラスのクレジットカードを申し込んでおくことをお勧めします。

つまり、今回お勧めしているANAスーパーフライヤーズカード(VISA or Masterブランド)の場合は、ANAワイドゴールドカードを事前に取得しておくこと良いです。

理由はANAカードからスーパーフライヤーズカードに切り替える際、同じブランドかつ同じランクのカードに切り替えの場合は審査はありません。(厳密には審査はあると思いますが、すでにカードを保有していることからよっぽどのことがない限り落ちることはありません。)

ANAワイドゴールドカード3つのメリット

ANAワイドゴールドカードの場合は、副産物として主に3つのメリットがあります。
  • 搭乗時マイルボーナス (25%アップ)
  • 国際線利用時のビジネスクラス専用チェックインカンターが利用可能
  • マイルからスカイコインへの交換率アップ

搭乗時マイルボーナス

ワイドゴールドカードを保有している場合は、飛行機に搭乗して貯まるマイルが25%アップで貯まるようになります。

SFC会員を目指す場合、必然的にマイル加算運賃での飛行機搭乗が増えますので、マイルがじゃんじゃん貯まることになります。

ボーナスマイル
「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」

ビジネクラス専用チェックインカウンター

ANA国際線利用時はエコノミークラス利用時でもビジネスクラス専用チェックインカウンターの利用が可能なので、エコノミーカウンターが混雑している場合でも楽々チェックインできます。

スカイコインへの交換率アップ

SFC会員になるためには、マイルの特典航空券ではなく、実際に航空券を購入してプレミアムポイントを稼ぐ必要があります。

そんな時、ポイントサイトなどで大量にためたマイルをスカイコインに交換して、航空券を購入することを考えている方も多いかと思います。

そのマイルからスカイコインへの交換レートがワイドゴールドカード保有者は優遇されます。

下記の通り5万マイル以上を交換する場合にANAカード(ワイド・一般)と比較して差が出ます。5万マイル交換する場合5,000スカイコインの差になりますので、5,000円の価値があるとすると、一般カードとワイドゴールドカードの年会費の差額は縮まります。

スカイコイン交換レート

これからSFC会員を目指すためにANAにじゃんじゃん乗ろうと思っている場合、これら3つのメリットで十分、ワイドゴールドカードの年会費を払う価値があると思います。

重要な切り替え時の年会費

ANAカードからスーパーフライヤーズカードに切り替える場合同じランク、同じ提携ブランドカード(VISAのANAワイドゴールドカードからVISAのスーパーフライヤーズゴールドカードなど)だったとしてもカード切り替え時には原則、前年度の年会費を引き継ぐことはできず、新たにスーパーフライヤーズカードの年会費を払う必要があり、差額の返還はありませんのでご注意ください。

JALのJGCの場合は、JALカードから同じ提携ブランドのJGCカードに切り替える場合は差額のみの徴収になります。

スーパーフライヤーズカードのブランド変更はできるのか?

将来的にライフスタイルが変わったりして、プラチナステータス期間外にスーパーフライヤーズカードのブランドを変更したい場合でも、問題なく提携ブランドの変更はできるようです。

ただし、スーパーフライヤーズカードは一人一枚しか持てないため、既存SFCカードの解約と変更したいブランドのSFCカードの新規申し込みを行う必要があるようで、新規申し込みのカードに審査落ちした場合はどうなるか心配ですね。。救済措置で元のカードに戻れる等あればいいんですが・・・

本日は、ANAスーパーフライヤーズカードのわかりづらい年会費について解説しました。ANAのSFC会員って何?って方は下記の記事も併せてお読みください。
【ANA】プレミアムメンバーサービスのSFC会員特典について徹底解説!!



0 件のコメント :

コメントを投稿