キャセイパシフィック航空 マルコポーロクラブについて(メンバーシップキット到着!!)


いま密かに注目しているキャセイパシフィック航空ですが、先日マルコポーロクラブに入会しました。

マルコポーロクラブのバッゲージタグ

と言っても、MUFJカード・キャセイパシフィック・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カードの特典で無料で申し込めることができるからです。

先日マルコポーロクラブに入会申し込みして5日で、バッゲージタグを含むメンバーシップキットが到着しました。

今回はそんなマルコポーロクラブの紹介と届いたメンバーシップキットを紹介します。



キャセイパシフィック航空マルコポーロクラブ

キャセイパシフィック航空は香港の航空会社でワンワールドに加盟しています。マイレージプログラムはアジアマイルというなまえですがそれとは別に、マルコポーロクラブというロイヤリティプログラムを提供しています。

ANAでいうスーパフライヤーズクラブ、JALではJALグローバルクラブのようなキャセイパシフィック航空独自のステータスプログラムです。

マルコポーロクラブについて

マルコポーロクラブはキャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空をいつもご利用いただく大切なお客様へ、ご旅行体験を高める特典やサービスを提供するロイヤリティプログラムです。 マルコポーロクラブにはグリーン、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4つのティアがあり、ご旅行毎に楽しみがふえる多彩な特典を各ティアにご用意しています。

マルコポーロクラブはキャセイパシフィック航空の上級会員プログラムです。会員ステータスは「グリーン」「シルバー」「ゴールド」「ダイヤモンド」に分かれています。

各ステータス特典

グリーン・メンバー

グリーンで、使えそうなのは「マルコポーロクラブ専用カウンター」と「優先搭乗」くらいですが、二つともそれほど魅力的ではありません。

シルバー・メンバー

シルバーになると、ラウンジが使えたり、受託手荷物許容量の優待、手荷物の優先タグが出てくるので持っている価値が出てきそうです。

ゴールド・メンバー


ゴールドまでくれば、JALで言うところのサファイアなので、優待内容も充実しています。

ダイアモンド・メンバー




詳細は、キャセイッシフィック航空の公式HPにわかりやすくまとまっているのでそちらをご参照ください。

マルコポーロクラブとワンワールドステータス

キャセイパシフィック航空は、ワンワールドに加盟しているので各ステータスに応じてワンワールドのステータスが付与されます。

残念ながらグリーンの場合は、該当がありません。

マルコポーロクラブのメンバーシップステータスシルバーゴールドダイヤモンド
対応する oneworldのティアステータスルビー
ルビー
サファイヤ
ルビー
エメラルド
ルビー

マルコポーロクラブへの入会

通常、マルコポーロクラブへの入会は100USD払えば入会することができます。その後、12ヶ月間飛行機に搭乗することがなくても維持することができて、その後さらに100USDを支払うとまた、1年間更新することができます。

私の場合はMUFJカード・キャセイパシフィック・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カードの特典で申し込みしたので無料でした。

マルコポーロクラブのティア資格要件

それぞれのランクに必要なポイントは下記の通りです。
グリーン
100 クラブ・ポイント
シルバー
300 クラブ・ポイント
ゴールド
600  クラブ・ポイント
ダイヤモンド
1,200  クラブ・ポイント

会員年度はご入会、更新、現在のティアへのアップグレードまたはダウングレードがあった日付より12ヵ月間です。 更新、アップグレードまたはダウングレードの際、クラブ・ポイントは自動的に「0」にリセットされ、新たな会員年度が開始します。
会員年度中でも、次のティアに必要なクラブ・ポイントを獲得した時点でティアがアップグレードされます。 一度に複数レベル上のティアにアップグレードされることはなく、1つ上のティアにアップグレードされます。
下表は、会員年度中にティアの更新またはアップグレードをするために必要なクラブ・ポイント数をご案内しています。このポイントに加え、会員の方は少なくともキャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空で対象になる1区間を飛ぶ必要があります。
JALやANAは、1月から12月と決まってますが、こちらは変化があった時から12ヶ月というのはいいですね。

とはいえ、JALやANAのように事前サービスという概念がないので、ステータス保持期間はきっちり1年間ということになります。

ちなみに、少し前まではアメックスプラチナのカード保有者はゴールド資格が与えられる大盤振る舞いがあったようですが、既に改定されてしまっているようです。残念・・・

クラブポイントの計算方法

キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、oneworld加盟航空会社に搭乗するとクラブ・ポイントを獲得できます。 

キャセイパシフィック航空のHPにクラブポイントの計算機があるので試しに計算してみました。

クラブポイント計算機
羽田-香港をエコノミークラスで搭乗した場合、片道15ポイントで、往復でも30ポイントなので、ゴールドになるためには20往復する必要があります。

なかなか険しい道のりですね・・・

マルコポーロクラブのメンバーシップキット


MUFGキャセイパシフィックプラチナアメックスの特典で、マルコポーロクラブに入会しました。

もちろん年会費の100USDは無料です。申し込みから5日でバンコクの自宅まで、会員証とバッゲージタグがセットになったメンバーシップキットが到着しました。思ったよりかなり早かったです。

さすがはキャセイパシフィック航空ですね。

はるばる香港から来ました

メンバーシップキット開封の儀

封筒を開けると、手紙とメンバーシップキットと書かれた包み紙が入ってました。



手紙には、メンバーシップ期間は12ヶ月で、その後の更新費用は100USDですよ的なことが書かれています。(あ、ちゃんと日本語ですね。送り先ではなく、アカウント作成時に選択している言語がちゃんと優先されるようです。)

次にMarco Polo CLUB Membership Kitと書かれた方を開けてみます。

会員カードとバゲージタグ
バゲージタグが入っている割に随分薄いなと思っていたら、バゲージタグはアルミ製のカード型でした。

バゲージタグは表側に、会員名と会員番号が印字されています。(掲載している写真は画像処理で消しています。)

バゲージタグの裏側はこんな感じです。バゲージたくは、左についているワイヤーを使ってバッグにつけるみたいです。

バゲージタグの裏面
せっかくなので、スーツケースにつけてみました。

バゲージタグをポルシェデザインリモワにつけてみました
自分のスーツケースを見つけるための目印としては申し分ないですが、バゲージタグがアルミ製なのでスーツケースにつけてしまうと、スーツケースが傷だらけになって、おそらく、バゲージタグ自体も一回で変形してしまいそうです。

今回はキャセイパシフィック航空のマルコポーロクラブの紹介でした。JGC会員の私にとって、マルコポーロクラブのグリーンはなくてもいいんですが、貰えるものは貰っておこうの精神で申し込みをしてみました。

今後、キャセイに乗る際もワンワールドのサファイア特典を受けるために、JALマイレージバンクの会員番号を使うので、グリーンになった意味がなさそうですが、キャセイに乗るときはこのバッゲージタグをつけて挑みたいと思います。





0 件のコメント :

コメントを投稿