シンガポールでもUBERが大活躍!!今はGrabに変わりました!


シンガポールでもUBERが大活躍しました。


今回、シンガポールへは二泊三日でしたがUBERを4回利用しました。

シンガポールは車所有に関する規制が多く車を所有するための費用も日本と比べ物にならないくらい高いですが、その反面新しい車多いです。

そのためUBER車も新しい車が多く、運賃もそれほど高いわけではないので便利な交通手段として重宝します。

#2018年4月にUberがGrabに東南アジア事業を売却しました。そのため、Uberは使えなくなりますが、変わりのGrabもアプリケーションは違えど使い勝手は近いものがありますので、Uberの記事をそのまま残しておきます。

Grabの使い方は下記のまとめているので合わせてご参照ください。

東南アジア旅行で大活躍 Grab Taxiの登録方法・使い方を徹底解説

シンガポールでもUberが大活躍!今はGrabに変わりました!

まず、旅行で現地について、一番最初に考えなければいけないのが空港から市内やホテルへの移動です。

シンガポールのチャンギ国際空港の場合は、電車も発達していて便利なのですが、空港から市内へは乗り継ぎが必要だったり、結構時間がかかります。

そのため、私はUBERを利用してホテルまで移動しました。

UBERの使い方・利用方法


UBERの利用方法や注意点については下記の記事をご参照ください。

海外旅行の強い味方 UBERの使い方・注意点を徹底解説!!

チャンギ空港からのUBER料金

今回宿泊したホテルはRobertson Quay(ロバートソンキー)周辺のホテルでしたが、UberFLASHでSGD21.39でした。日本円にして2,000円弱です。


シンガポールでUBERで料金検索すると見慣れないuberPOOLという項目がありましたが、こちらは乗合タクシーのようなものみたいです。

運転手さんが何人かをピックアップして複数の目的地にいくサービスなので、時間に余裕がある場合はいいですが、今回表示されている価格差を考慮すると、使う必要はないかなと思いました。

チャンギ国際空港のUBER乗り場

今回、シンガポールへはバンコクからタイ航空を利用したので、到着ターミナルはターミナル1(T1)ですが、UBERのアプリでシンガポールの各ターミナルの乗り場が表示されるので紹介したいと思います。


チャンギ国際空港ターミナル1(T1)のUBER乗り場

まず、私が利用したターミナル1の場合は、荷物を受け取って制限エリアを出たら左に向かいます。

上の看板を見ながら”Arrival Pickup”に向かってください。


左に行くと、すぐにターミナルの出口があります。

外に出た後も”Arrival Pickup”の看板い沿って向かって行ってください。



Arrival Pickup”の建物に入ったら窓側の上に、ドア番号が表示されているので、その番号をUBERのアプリで指定すれば、そこまで迎えにきてくれます。



UBERのアプリで行き先を指定した後、アプリで自分が待っているドア番号を指定してください。


一番近いのがDoor4だったので、私はDoor4を指定して迎えに来て貰いました。


あとは、迎えに来てくれた車のナンバーとアプリに表示されているナンバーを照合して、乗り込めば目的地まで送ってくれます。

チャンギ国際空港ターミナル2(T2)のUBER乗り場

ターミナル2の乗り場は利用してませんが、下記の通り記載されています。

  • バゲージクレームを出てまっすぐ進んでレベル1の出口3か出口4がピックアップポイントへ向かう出口
実際にUBERアプリでターミナル2のピックアップ場所を確認してみると、選択肢がドア2〜4までありました。


チャンギ国際空港ターミナル3(T3)のUBER乗り場

同じくターミナル3の乗り場も利用していませんが、アプリには下記の通り記載されていました。

  • バゲージクレームを出て、地下1階のピックアップポイントへ進んでください
とあります。

実際にUBERアプリでターミナル2のピックアップ場所を確認してみると、下記の通り表示されました。



チャンギ国際空港ターミナル4(T4)の乗り場

シンガポールのチャンギ国際空港には2017年10月31日にオープンしたターミナル4も早速、待ち合わせ場所が設定されているようです。


情報が少ないですがUBERアプリで確認すると、レベル1(1階)のドア2とドア3が設定されていました。

マリーナベイサンズから空港もUBERを利用

他に市内でも利用しましたが、帰りの空港に向かう際にもマリーナベイサンズからチャンギ国際空港までUBERを利用しました。

マリーナベイサンズのUBER乗り場は複数設定されています。




私は一番わかりやすそうなマリーナベイサンズホテルのMBS TOWER1を指定して迎えに来て貰いました。



シンガポールのUBERは新しい車が多い?!

冒頭に述べたとおり、シンガポールは国の施策で車の所有が難しくなっています。そして、新しい車が多いので、必然的にUBERも新しいクルマが多いと思います。

実際に、私も4回乗車したうち3回はかなり新しいクルマでした。


まさか新型プリウスにシンガポールで初めて乗ることになるとは思いませんでした(笑)


シンガポールでUBERまとめ・Grabの使い方


シンガポールでもUBERは大活躍でした!

車両は新しく綺麗なクルマが多く快適そのものでした。

結構多くのUBER車両が走っているので問題なく、すぐに捕まえることができました。

シンガポールのタクシーも決して悪いわけではありませんが、タクシーより安いケースも多く、ピックアップから行き先の指定まで、アプリで指定できて、都度の支払いが不要なUBERはかなり重宝しました。

シンガポール以外でも旅行先でUBERはいつも活躍しています!UBER・Grab関連記事は下記をご参照ください。


ハワイ旅行の便利でお得な移動手段Uber!ウーバーアプリの使い方からホノルル空港の乗り場など徹底解説します!!
2017年版 Uberがオススメ!スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセス方法まとめ
UBERがオススメです♪クアラルンプール国際空港(KLIA・KLIA2)から市内への移動方法について

#繰り返しになりますが2018年4月にUberがGrabに東南アジア事業を売却しました。そのため、Uberは使えなくなりますが、変わりのGrabもアプリケーションは違えど使い勝手は近いものがありますので、Uberの記事をそのまま残しておきます。

Grabの使い方は下記のまとめているので併せてご参照ください。

東南アジア旅行で大活躍 Grab Taxiの登録方法・使い方を徹底解説

コメント