海外旅行の強い味方 UBERの使い方・注意点を徹底解説!!


配車アプリのUBERを使ってますか?


私にとって海外旅行でUBERはもはや手放せない存在です!!

これまで世界中でUBERを利用して旅行して来ましたので、その実体験に基づいてUBERの使い方やUBERを使う際のコツ、注意点などを紹介したいと思います。


海外旅行で重宝するUBER(ウーバー)の使い方を徹底紹介!!

UBERの台頭で私の海外旅行のスタイルは大きく変わったと言っても過言ではありません。

UBERのヘビーユーザーがUBERについて徹底解説したいと思います。

UBER(ウーバー)とは?

UBERは配車アプリの一種で、タクシーをアプリで呼び寄せることができて、目的地の設定から支払いまでアプリ上でできてしまう非常に便利なサービスです。


タクシーと書きましたが、実際には一般のドライバーが空き時間と自分の車を使って、タクシー運転手としてサービスを提供しています。

そのため、海外で自家用車に乗ることができる貴重な体験ができる機会でもあります。

UBERが利用可能なエリア

現在では世界各国630都市以上で利用可能なサービスです。

私がこれまでにUBERを使ったことあるのは下記の都市です。

サンノゼ(アメリカ)・ホノルル(アメリカ)・バンコク(タイ)・クアラルンプール(マレーシア)・シンガポール・ジャカルタ(インドネシア)・香港・ハノイ(ベトナム)・ホーチミン(ベトナム)


アメリカはもちろん、非常に多くの国と地域で利用可能です。

UBERが利用可能な都市はこちらのページで検索してみて下さい。

2018年4月にUberの東南アジア事業はGrabに売却されました。その為、東南アジアではUberではなくGrabを使うようにしてください。

Grabの使い方は下記の記事にまとめています。

東南アジアはGrab!!登録方法・使い方を徹底解説

東南アジアを中心に配車アプリを展開しているGrabをご存知ですか? 配車アプリといえば世界的にはUBERが有名ですが、先日UBERが東南アジアの事業をGrabに売却することを発表しました。 これまで東南アジアでは、GrabとUBER両方が利用できたので時と場合に応じて使い分けてきましたがこれからはGrab一択になります。 ...

UBERの料金について

UBERの料金は基本的には現地のタクシー相場より安く設定されていることが多いです。

ただし、UBERは需要と供給で料金が決定しているため、時と場合によっては非常に料金が高くなることがあるので注意が必要です。

一時期、私の住んでいるバンコクでは高騰していることが多かったです。

下記の記事をご参照ください。

バンコク市内でUBER(ウーバー)の料金が高騰中・・・

そのため、料金をしっかり確認した上で利用するようにしてください。

UBERの使い方・利用方法

UBERの使い方は非常に簡単です。
ワンタップでご指定の場所にお迎えにあがります。すぐに乗車でき、ドライバーに行き先を説明する必要もありません。目的の場所に到着したら、車から降りるだけ。お支払いは完全に自動です。

上記の通り、あらかじめアカウントを作成してクレジットカードを登録しておけば、支払いも完全自動で行われるため、金銭トラブルも発生しません。

万が一、ドライバーが悪質な請求や遠回りをした場合でも、アプリ上で報告できる仕組みが整っており安心です。

UBERを利用するための手順を以下に紹介します。
  1. まずスマホにUBERアプリをインストールします
  2. アカウントを登録します(メールアドレス・クレジットカードの登録など)
  3. 現地に着いたらアプリを起動して目的地を設定
  4. 料金確認と車種を選択
  5. 送迎場所を微調整して、配車リクエスト
  6. ドライバーとマッチングして、車両が来たら乗車
  7. 目的地に到着したら支払い不要で降りるだけ
と、世界中で同じステップ、しかも日本語のアプリで利用可能です。

では、各ステップの詳細を紹介します。

UBERアプリをインストール

アンドロイド又はiOS(iPhone)スマホでUBERアプリをダウンロードしてください。


UBERアプリを起動してアカウント作成

次はUBERアプリを起動してアカウントを作成します。

【登録に必要なもの】
  • SMS(メッセージ)を受信できる携帯番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード(なくてもOK。後日登録も可)

【登録のステップ】
  1. 携帯番号の入力
  2. 登録した携帯番号にコードが届くので、そのコードを入力してアクティベーション
  3. メールアドレスの登録
  4. アカウントのパスワードの入力
  5. 名前の入力(ローマ字推奨)
  6. 利用規約に同意
  7. クレジットカード登録(任意)
  8. 完了
登録方法は、結構変わるようですが2018年現在上記の通りになっています。

注意すべき点としては、携帯番号の入力時には最初の”0”をのぞいて入力する必要があります。

例えば、「090XXXXXXXX」だった場合、「90XXXXXXXX」として登録して下さい。



そして、もう1つ名前はローマ字で記入することをオススメします。海外旅行中に使う場合、相手は日本語のわからない外人さんですからね!


そして、もう1つメールアドレスは普段よく使うものを指定した方がいいと思います。というのも、UBERを利用したとに料金の通知が来たりするので、すぐに確認できるものをオススメします。

登録は簡単なので特に困ることはなくできるかなと思います。

目的地の指定

そして、いよいよ現地に着いたらUBERアプリを起動して目的地を入力します。

基本的には、検索バーを使って目的地を検索するだけです。



外国でも日本語で検索できることもあれば、英語でしか検索できない場所もあります。

よく行く場所は、画面の下の方にボタンとして表示されています。

他にも地図から目的地を選ぶことも可能です。


下記の方法で、自分の位置を変更することも可能です。

検索ボックスの上のボックスをタップすると地図画面が開くので地図上をスクロールして自由にピックアップ場所を指定できるようになります。


料金の確認と車種を選択

目的地を設定したら、概算ルートと概算料金が表示されます。

右にスクロールすると別の車種を確認できます

UBERはバイクタクシーから一般車両、高級車まで用意されており、それぞれのニーズに応じて車種を選択することができます。

国によって準備されているオプションが異なりますが、私がこれまで見たことあるのを表にしておきます。

種類 説明 料金
UberFLASH 車種を問わない場合 安い
uberX 一般的なエコノミー車両 安い
UberBLACK 高級車 高い
uberTAXI タクシー車両 安い
SUV(uberXL) 大型車 ちょっと高い
UberMOTO バイクタクシー すごく安い
uberPOOL 乗合車両 Xよりちょっと安い

一番一般的なのはuberXですので、uberXを選んでおけばまず間違いはないかと思います。

もしUberFLASHがあれば、そちらをオススメします。というのも、バンコクではUberFLASHをいつも利用しますが、どの車種がくるかわからないというサービスになります。

そのため、SUVだったりUberBLACKといったより高い車種にuberXの料金で乗ることができる可能性があります。ただ、バンコクの場合はuberTAXIになる可能性はあります。(UberMOTOやuberPOOLにはならないのでご安心ください。)


前述の通り、UBERの一般車(UberX)料金は基本的には現地のタクシーより安く設定されていますが、タイミングによって料金が変動します。

そのため、料金が高いと思った場合は、目的地検索をやり直して見てください。毎回料金が変わることもあります。

場合によっては安くなりますが、高くなることもあるので何回かやって見て、適正と思われる料金で利用してください。

値段の表示は下記を参考にして下さい。(下記はメッセージの紹介のため、金額は無視して下さい。)

通常の場合:

少し高い場合:

かなり高い場合:

各メッセージの中でも料金に幅があるようなのでご注意ください。

送迎場所を微調整して、配車リクエスト

目的と車種の指定が完了したらいよいよ、画面下の「依頼する」ボタンを押します。


この後、自車位置の微修正をすることになりますが2つのパターンがあります。

パターン① 通常のケース

通常のケースでは、ただ単にスマホのGPSから受信した自車位置がUBERアプリの地図上に表示されるため、微修正して配車を確定してください。

自分の位置は下記のような青い丸いアイコンで表示されます。


画面をスクロールすれば、ピックアップ希望場所を自由に移動することができますので、確定して画面下部の「配車を確定」をタップしてください。


パターン② 乗車場所が設定されている大型施設や有名施設

空港や大型ショッピングセンターの場合はあらかじめ乗車場所がいくつか設定されているので、ご自分の近くの場所を指定するようにしてください。


空港の場合はターミナルと出口番号、ショッピングセンターの場合はランドマークやお店の名前が選択できるようになっていることがあります。

ドライバーとマッチングして、車両が来たら乗車

配車を確定して初めて、配車リクエスが各ドライバーに行きます。

ドライバー側は、ピックアップ場所や行き先を確認して、リクエストを受領するかどうか判断します。

マッチングに時間がかかる場合もありますが、UBERのサービスエリア内であれば数秒から数十秒でマッチングします。

マッチングすると画面下部にマッチングしたドライバーさんの写真と名前と過去の評価点数(5点満点)、そして車種とナンバープレートの情報が表示されます。

車両の現在地と目的地までの目安の時間も表示されますので、近づいて来たらわかりやすい場所に移動して、車のナンバーを確認して乗車して下さい。



マッチングしてからも5分以内であれば、キャンセル料はかからないと言われています。もし、評価がすごく悪いドライバーさんや遠くにいるドライバーさんがマッチングした場合は、キャンセルしてやり直すのもありかと思います。(ただ、やり直した場合は料金が変わることもあるのでご注意下さい。)

他にも、場所を確認するためにドライバーさんから電話がかかってくるケースや、UBERアプリ上でメッセージが送られてくることもありますので適宜ご対応ください。

目的地に到着したら支払い不要で降りるだけ

乗車したら目的地は、すでに設定ずみなので基本は会話不要ですが、現地語で挨拶くらいはした方が印象はいいかと思いますので、私は絶対に挨拶はするようにしています。

実際に、自分もドライバーさんから評価されるので印象はいい方が良いですよね。

クレジットカードを事前に登録している場合は目的についたら何もする必要なく、忘れ物がないか確認してそのまま降車するだけです。

すると、UBERから領収書のメールが届き、運転手さんを五つ星で評価します。評価はしてもしなくてもOKです。

もし、ルートに不満があったり、請求金額がおかしい場合はクレームを入れることができるシステムになっています。

料金に関するトラブル(問い合わせ)

私は過去にかなり遠回り(悪意があったわけではなく、ドライバーさんが道を間違った)されたことがあり、その時もUBERアプリ上で報告して、適正金額に変えてもらったことがあります。

アプリのメニューから「乗車情報」をタップして下さい。


次に問い合わせたい項目を選んで下さい。

今回のケースでは「金額の問題」をタップします。


次に詳細な理由を選択して送信します。UBER側がクレームが適当と判断するとすぐに返金処理やUBERクレジット(次回乗車時に利用できるポイントのようなもの)での返金処理がされます。


UBER利用時の注意点・デメリット

私はこれまでUBERを利用して危険な目にあったことはありませんが、深夜の時間帯に女性が1人で利用したりとか、海外旅行で最低限気をつけることがあることは守った方がいいかとは思います。

細かい注意点としては下記が挙げられます。
  • 通信環境が必要
  • タイミングによって大幅に料金が変わることがある
  • 待ち合わせ時に電話がかかってくることがある
  • 自分のドライバーさんに評価されています
通信環境が必要
大前提として、UBERはスマホを使うわけですが通信環境が必要です。インターネットに接続していない場合は利用できませんのでご注意ください。

タイミングによって料金が変化する
料金は前述の通りタイミングによって変わるので、料金表示のメッセージをしっかり確認して、ある程度相場感は把握して何回かやり直したり、工夫して利用するようにして下さい。

待ち合わせ時に電話がかかってくることがある
待ち合わせの時は電話がかかってくることがあります。国によってはドライバーさんも英語が苦手なことがありますが、最低限の英語は必要になるかもしれません

自分も評価されてます
ドライバーさんから自分も評価されてます。評価が悪いと、今後の利用時にドライバーさんから避けられてマッチングしづらくなることも考えられますので、わがままを言ったり、シートベルトなど現地の交通法規は守るようにしましょう。

自分の評価点数は下記の場所から確認できます。ドライバーさんが評価した評価点数の平均が表示されます。(個別のドライバーさんからの評価点数は参照できませんし、毎回ドライバーさんが評価しているとも限りません。)


UBERのメリット

ここまで紹介してきたUBERですがメリットは下記かと思います。
  • スマホで配車から目的地設定までできる(同じ方法で世界中で利用可能)
  • お金のやりとりが不要で明瞭会計
  • 基本的には現地のタクシーより安い
世界中同じ方法で、利用できるのは大きいですよね。しかもアプリで全て完了するので、極端な話、ほとんど英語ができなくても利用できちゃいます。(東南アジアはGrabに売却してしまったのでGrabを使うことになります。)

また、クレジットカードを登録しておけばお金のやりとりが不要なので、空港についてすぐに現地通貨への両替が不要と言ったメリットもあります。

料金も原則は現地のタクシー料金よりはリーズナブルに設定されているのでお財布にも優しいのは嬉しいですね!

特にアメリカはかなりタクシーより安く、そしてチップも任意で払う必要もないのでコスパは最高でした。

ハワイ旅行の便利でお得な移動手段Uber!ウーバーアプリの使い方からホノルル空港の乗り場など徹底解説します!!



UBER(ウーバー)の使い方・注意点まとめ


ここまでUBERの使い方や注意点、メリットなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

UBERの使い方は簡単で超便利です。

もはや私にとって初めて行く国ではUBERは強い味方です。

今後の皆さんの海外旅行にこの記事が参考になれば幸いです。

香港でUberを使った時の記事は下記をご参照ください。

香港でもUBER(ウーバー)が活躍しました!香港国際空港と香港ディズニーランド間の移動で利用しました!

最近では、インドのムンバイでUberを利用しました。インドではエリアによっては、庶民の足、オートリクシャも呼べちゃうみたいですね!!

そこにリモワ載せちゃいます?(笑)インドのムンバイでもUBERが大活躍!!

東南アジアではGrabがUberの代わりを担います!

東南アジア旅行で大活躍 Grabの登録方法・使い方を徹底解説

東南アジアを中心に配車アプリを展開しているGrabをご存知ですか? 配車アプリといえば世界的にはUBERが有名ですが、先日UBERが東南アジアの事業をGrabに売却することを発表しました。 これまで東南アジアでは、GrabとUBER両方が利用できたので時と場合に応じて使い分けてきましたがこれからはGrab一択になります。 ...



0 件のコメント :

コメントを投稿