お手頃価格の「香港ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」宿泊レビュー


香港ディズニーランドにある「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」に宿泊してきました。


今回家族のリクエストで、香港ディズニーランドに行ってきたんですが、香港での滞在日数は二泊三日と短く、観光無しでディズニーオンリーでいいということだったので、香港ディズニーランドのとなりにあるディズニーホテルに宿泊することにしました。


香港ってホテル宿泊費が高いイメージがありますが、香港ディズニーランドのディズニーホテルは、市内のちょっとしたホテルに泊まるのと変わらないくらいの費用で宿泊できます!

お手頃価格の「香港ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」宿泊レビュー



香港ディズニーランドにはディズニーホテルが3つあります。

  • 香港ディズニーランド・ホテル
  • ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ
  • ディズニー・ハリウッド・ホテル

宿泊費用は、「香港ディズニーランド・ホテル」 > 「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」 > 「ディズニー・ハリウッド・ホテル」の順番です。

なぜ、ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジにしたかというと、この3つの中で一番新しく、2017年4月30日にオープンしたばかりです

私がホテルを選ぶときに一番重視する要素に新しいホテルかどうかがあります、この3つだと「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」がぴったり一致します。

ということで、この3つのホテルの中ではほぼ迷うことなくエクスプローラーズロッジにしました。

ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジについて

エクスプローラーズ・ロッジは、前述の通り2017年4月30日にできたばかりのホテルで、公式ホームページの説明は下記の通りに記載されています。
ディズニー・ハリウッド・ホテルの写真ギャラリーを表示ダイアログを開く エキサイティングな冒険からちょっと一休み。仲間の探検家とともに、自然のすばらしさと多様な文化に囲まれた休息のひとときはいかがでしょうか。アジア、オセアニア、南米およびアフリカの熱帯気候という4種類の独特なテーマの客室と五大陸の国際的なお料理の数々、大型屋外プールと、当ホテルのモットーである 'ad explorare et somniare'(探検し、夢を見る)を完璧に体現した空間でエキゾティックなご滞在をお楽しみいただけます。
コンセプトは「探検」で、今年一月に宿泊してきたハワイにあるアウラニディズニーに似ているコンセプトです。

例えば、ロビーに入ってすぐのところには、ミッキーやミニー、ドナルドの探検道具が飾られています。

ドナルドの探検道具

他にも、ロビーのテーブルがスーツケースになっていたりと子供心をくすぐるホテルです。


ホテルの作りもアウラニディズニーに似ていますが、個人的には重厚感がアウラニディズニーの方があり、アウラニと比較するとちょっとチープな感じはしました。




ホテル主催のキッズプログラムで、ディズニーキャラクターと一緒に探検できるプログラムがあります。(2泊しましたが、結局ずっとディズニーランドに行っていたので、ホテルのプログラムには参加できませんでした。)

また、部屋に向かうエレベーターは気球をイメージしています。





ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジの予約

予約は香港ディズニーランドの公式ホームページから予約しました。私が調べた限りでは公式ホームページが一番安かったです。

https://www.hongkongdisneyland.com/ja/hotels/

上記の公式ホームページから予約すると、
  • 部屋の無料アップグレード
  • 優先搭乗アトラクションパス
  • ディズニー・ホテル・ゲスト・エントランス
の特典が受けられます。

が、部屋の無料アップグレードは「スタンダード」から「デラックス」のみで、優先搭乗アトラクションパスも、限られた乗り物だけで、そもそもそんなに行列ができていないのであまり役には立ちませんでした。

ディズニー・ホテル・ゲスト・エントランス」は、入場ゲートの前のセキュリティーチェックに専用ゲートがあっただけで、その後は他のゲストと同じでした。

セキュリティチェックもそんなに混雑はしていなかったのでそれほどメリットはありません。

なので、これらの特典を期待する必要は無いかと思います。

あと、ホテルのギフトショップで利用できる、お土産の割引クーポンをもらいました。こちらはきっちり利用させてもらいました。


アクセスについて

香港ディズニーランドからは無料のシャトルバスが出ていて、他の2つのディズニーホテルにも移動することができます。

空港からの場合は、タクシーやUBERを利用するのが手っ取り早いと思います。


ホテルから空港は有料のシャトルバスもあるようですが、前日の予約が必要なのでご注意ください。(空きがあれば予約できるだろうと思ってましたが、一切受け付けてくれませんでしたw

デラックスルーム

今回予約したのは一番安いスタンダードルームでしたが、公式ホームページからの予約なので前述の通り自動的にスタンダードルームにアップグレードされました。ちょっとひろいくらいなんでしょうか。


部屋中はいたってシンプルで、若干味気ない気もしまたが、ベッドボードの上にミッキーとミニーの飾りがあり、それだけで子供は大喜びでした。


今回は2泊しましたが、子供は真剣にミッキーとミニーどっちのベッドで初日に寝るか悩んでましたw




デスクの隣には太鼓風の丸いすが置いてあります。


残念ながらバスタブはなく、シャワーブースのみでした。


アメニティについて

アメニティーのスリッパもディズニーでした。もったいなくて、履かずに持って帰りました(笑)


他に子供が一番喜んでいたのは、ディズニーデザインのカンペン(筆箱)型のアメニティーケースです。



中身はいたって普通のアメニティーですが、2泊めの時も新しく置いてくれていたので、毎日もらえるみたいです。


シャンプーやコンディショナーは、ディズニーホテルでは定番のh2o+のものでした。


プール

私たちが行った時は4月の中旬で肌寒かったのでプールにははいりませんでしたが、立派な屋外プールがあります。


夏場に来ると良さそうですね!この日は、あいにくの曇り空でしたが、中東からきたと思われる家族が寒い中我慢してプールに入ってました。




ホテル内のレストラン

ディズニーエクスプローラーズロッジには3つのレストランがあります。


  • 中華料理のドラゴン・ウィンド
  • ワールド・オブ・カラー・レストラン
  • チャット・ルーム・カフェ

ドラゴン・ウィンドでは、キャラクターブレックファーストをやっていて、ミッキーやミニーに会うことができます。

ただ、私たちは3つのレストランの中で一番リーズナブルで気軽に食事のしやすい「チャット・ルーム・カフェ」しか利用しませんでした。

キャラクターブレックファーストも魅力的ですが、それなりの値段です。

今年、アウラニではキャラクターブレックファーストを経験していたのと、香港ディズニーランドでは、ミッキーやミニーにも会いやすいので、無理して行かなくてもいいね、という結論になりました。

ということで、「チャット・ルーム・カフェ」で朝食をとりました。カフェという名の通り、フードコートのようなスタイルで、カウンターで注文して、好きな席に座るスタイルです。

朝食メニュー
リーズナブルといってもそれなりのお値段します。セットメニュー以外にパンやサンドイッチもありました。


パンが一番リーズナブルで、大きさも結構あって思った以上に美味しかったです。




すごく可愛いいケーキも販売していて、ケーキは夜9時以降は6折(40%引き)でした!!


夜ディズニーランドから疲れて帰ってきて、ミニーちゃんのケーキをいただきました。



香港ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジまとめ



探検がテーマのユニークなディズニーホテルです。参加はできませんでしたが、ホテル主催のアクティビティーが豊富で、ディズニーキャラクターが参加して行われるものもあります。

また、他二箇所のホテルのアクティビティーに参加することも可能です。

個人的な感想としては、ディズニーホテルと言う割に、少しチープで無機質な感じはしましたが、子供は嬉しそうだったのでよかったです。

ホテルや部屋は清潔そのもので、宿泊料金を考えれば満足でした。

食事がちょっと高いのが難点ですかね・・・

宿泊料金の高い香港で市内のホテルに泊まって、移動して来ることを考えれば、ディズニーホテルに宿泊するのが一番良いかと思います。


「価格・立地・新しさ」を考えれば香港ディズニーランドに遊びに来る場合はファーストチョイスになるかと思います。だって、香港市内のホテル高すぎ!!

もう少し暖かい時期にきて、プールも楽しめてホテルのアクティビティーに参加するともっと満足度は高かったかもしれませんが、2泊3日だとディズニーランドで遊ぶのに忙しかったのでホテルを堪能する時間はありませんでした。

また、エクスプローラーズロッジ限定のミッキーのぬいぐるみも売っていたので、お土産にはいいかもしれません。

香港ディズニーランドの攻略法等は下記の記事をご参照ください。

キャラクターが神対応の香港ディズニーランドの魅力を紹介します!
今年はじめにいってきたハワイのアウラニディズニーは非常に重厚感のあるホテルで、満足度は非常に高かったです!
夢の国 ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートの宿泊レビュー



0 件のコメント :

コメントを投稿