LINE Payでトップアップ可能!海外旅行の強い味方格安のローミング最強SIM「SIM2Fly」を徹底解説






世界中で使うことができる格安SIM「SIM2Fly」を紹介します。


これまでSIM2Flyといえば、トップアップがタイ在住者以外には使いにくい仕様だったのですが、LINE Payで日本にいながらでも簡単にトップアップできるようになったので紹介したいと思います。

SIM2Flyは世界中でしかも格安で利用できるSIMカードです。

実際に私もこれまで、「日本」「香港」「マカオ」「マレーシア」「シンガポール」「インドネシア」「ラオス」「フィリピン」「カンボジア」「ミャンマー」などで利用して来ました。

アジア・オーストラリアではわずか日本円にして1,000円程度で8日間インターネットを使うことができます。

それ以外にも欧米諸国を含めて非常に多くの国で利用が可能です。

最近では世界中で使えて、1年間15GBで2,799バーツという驚きのSIMもできてきました!

そんな旅行には欠かせない格安SIMのSIM2Flyを紹介したいと思います。


LINE Payでトップアップ可能!海外旅行の強い味方格安のローミング最強SIM「SIM2Fly」を徹底解説



東南アジア各国を旅行や出張をよくするSIM2Flyは私にとって強い味方です。また、バンコクに住んでいて日本に一時帰国した際にも日本でも格安で利用可能なので非常に重宝しています。

SIM2Flyとは


SIM2Flyはタイの最大手通信キャリア「AIS」が企画販売しているローミング用SIMです。

タイから見てのローミングSIMなので、タイ国内ではなく、タイ以外の外国を想定しています。

#ただし、最近タイでの通信もおまけで付くようになりました。

料金

初回料金

初回のSIM込みで購入する際の料金は下記の通りです。


  • アジアとオーストラリア向け: 399バーツ(6GB/8日間)
  • ヨーロッパ、アメリカ及びその他Global:899バーツ(6GB/15日間)
  • Global:2,799バーツ(15GB/1年間)
そして、2019年6月現在、年間プラン以外はタイ国内のインターネットもおまけでつくようになっています。

上記は初回のSIM込みの料金で2回目以降のトップアップ料金は下記の通りになっています。
LINE Payを使ったトップアップの方法は後述します。

トップアップ料金

アジア&オーストラリアのトップアップ料金は下記の通りです。
  • 299バーツ:4GB/8日間
  • 119バーツ:1GB/2日間

アジアには日本も入ります。よく、日本のローミングを8日間で約1,000円で実現できましたよね!

ヨーロッパ・アメリカとその他Globalのトップアップ料金は下記の通りです。
  • 799バーツ:4GB/15日間
  • 299バーツ:1GB/3日間
  • 2,699バーツ:15GB/1年間

ちなみに、どちらの初回購入時にどちらのSIMを買ったとしてもトップアップパッケージはどちらでも購入可能です

つまり、最初にアジア用のSIMを買ったとしても、次回アメリカに旅行に行く場合は、アメリカ用のパッケージが購入可能になります。

対象国

対象国は非常に多岐に渡っています。しかも、国をまたがっても同じパッケージのエリア内であれば、一個のパッケージ内で利用可能なので、シンガポール、マレーシア、インドネシアを8日間で周遊する場合でも1パッケージで利用可能です。

アジア&オーストラリア向けの対象国

国数も着々と増えています。

  1. Australia 
  2. Brunei NEW! 
  3. Cambodia 
  4. China (including Tibet) 
  5. Hong Kong 
  6. India 
  7. Indonesia 
  8. Japan 
  9. Laos 
  10. Macau 
  11. Malaysia 
  12. Myanmar 
  13. Nepal 
  14. Philippines 
  15. Qatar 
  16. Singapore 
  17. South Korea 
  18. Sri Lanka 
  19. Taiwan 
  20. Vietnam NEW!

  • For India Not available in Assam, Arunachal Pradesh, Manipur, Meghalaya, Mizoram, Nagaland, Tripura, Jammu and Kashmir.
  • The use of 4G or 3G depends on the capabilities of the overseas service provider network.

ヨーロッパ、アメリカ・その他の対象国Global

1. Åland Islands
2. Argentina
3. Australia
4. Austria
5. Bangladesh
6. Belgium
7. Brunei
8. Bulgaria
9. Cambodia
10. Canada
11. China (including Tibet)
12. Colombia
13. Croatia
14. Czech Republic
15. Denmark
16. Egypt
17. England
18. Estonia
19. Finland
20. France
21. Germany
22. Greece
23. Hong Kong
24. Hungary
25. Iceland
26. India
27. Indonesia
28. Ireland
29. Israel
30. Italy
31. Japan
32. Kuwait
33. Laos
34. Latvia
35. Liechtenstein
36. Lithuania
37. Macau
38. Macedonia
39. Malaysia
40. Mexico
41. Myanmar
42. Nepal
43. Netherlands
44. New Zealand
45. North Ireland
46. Norway
47. Oman
48. Pakistan
49. Philippines
50. Poland
51. Portugal
52. Puerto Rico
53. Qatar
54. Russia
55. San Marino
56. Scotland
57. Serbia
58. Singapore
59. Slovenia
60. South Africa
61. South Korea
62. Spain
63. Sri Lanka
64. Svalbard and Jan Mayen
65. Sweden
66. Switzerland
67. Taiwan
68. Turkey
69. United State of America (Include Hawaii)
70. United States Virgin Islands
71. Uzbekistan
72. Vatican City
73. Vietnam
74. Wales

  • For India Not available in Assam, Arunachal Pradesh, Manipur, Meghalaya, Mizoram, Nagaland, Tripura, Jammu and Kashmir.
  • The use of 4G or 3G depends on the capabilities of the overseas service provider network.

SIM2FLYのSIMカード購入方法

タイで購入する場合は、下記で購入が可能です。
  • AISオンライン
  • AISショップ
  • 空港のAISショップ
購入の際にパスポートが必要なので、忘れないようにお持ちください。

SIMをアクティベーションするのにパスポートが必要なようです。

AISショップのカウンターに行って、SIM2Flyというと、どこの国にいくか聞かれるので、それで、どちらのSIMを購入するか決まります。

AISショップは混み合ってることが多いですが手続き自体は短時間で終わります。

一人で複数のSIMを購入することも可能です。実際に私は二枚まとめて購入しました。

他にも、手軽に購入するには日本のアマゾンでも購入可能です。


一度、購入してしまえば2回目以降は後述の方法でトップアップして使えるので便利です。

使い方

初回は、現地についてSIMを入れ替えてローミング設定をオンにするだけで使うことができます。



いつから利用するかを事前に指定する必要がないのが非常に便利です。

有効期限は60日になっているので、60日以内に使用を開始する必要があります。

うまく繋がらない場合は、端末を再起動して見てくだい。

私はこれまでほとんどの国で4G(LTE)で使うことができました。

日本の場合の通信キャリアはソフトバンクになっています。

私の場合は、日本に一時帰国する際に非常に重宝しています。

LINE Payでのトップアップ&追加パッケージの購入方法

初回は購入時のパッケージで利用可能ですが、2回目以降はお金をトップアップして、パッケージを購入する必要があります。

以前は、クレジットカードでのトップアップがタイのクレジットカードしか使えず、日本在住者には使いにくい仕様でしたが、最近はLINE Payでトップアップできるようになっています。

トップアップしてから追加パッケージ購入までの流れは、
  1. MyAISに登録
  2. LINE Payでトップアップ
  3. パッケージの購入
となります。

使い勝手を考えると最初にMyAISにパスワード登録しておくことをお勧めします。

というのも、MyAISに登録してパスワード設定しておくと、SIM2FlyのSIMを挿してない状態でもトップアップやパッケージの追加ができるからです。

パスワード登録していない場合は、ログインのタイミングでOTP(ワンタイムパスワード)がSMSで送られてくるので携帯にSIM2Flyを挿して受信可能な状態にしておく必要があります。

MyAISの登録はこちらURLで行えます。

「Create My AIS」から進んでください。スマホからでもPCからでも登録可能です。


携帯番号、メールアドレスを入力して、OTPを取得後にOTPを入力して、パスポートIDなどの情報を入力すれば簡単に登録可能です。

複数の電話番号を1つのIDに登録することも可能です。

MyAISに登録が完了したら、次はログインしてトップアップを行います。

LINE Payでのトップアップ方法

LINE Payでトップアップする際のポイントはMyAISのアプリをダウンロードして行ってください!

スマホでもWebでもWebブラウザからでは、LINE Payからトップアップする項目がありませんでした。

以下は、iPhone版のMyAISを使ってトップアップした際の画面キャプチャを使って紹介します。

※LINE Payの登録は、先に行っておいてくださいね!私は、日本のクレジットカード登録を事前にしておきました。ただし、my AIS側にLINE Payと連動させる設定がありますがそちらは設定不要でした。

メニューの「Top Up/Payment」タブを選択して、Top Upをタップしてください。


一番上のLINE Payを選択して「Select top up amount」では、トップアップしたい金額をタップして下さい。(下記の例では、200バーツにしてあります。)

電話番号を複数登録してある場合は、一番上にトップアップしたい電話番号が表示されているので間違えないようにして下さい。

また、LINE Payのところに「rabbit」とありますが気にしなくてOKです。タイの場合はLINE Payがrabbitカードという日本のSUICAのようなカードと提携しているため、そのように表示されています。


上記の画面で「Next」をタップすると、確認画面になるので「OK」をタップします。


my AISからLINEアプリを開こうとしますので「開く」をタップして下さい。


利用可能なカードは「VISA・Master・JCB」です。残念ながらダイナースは使えませんでした。

一番下の「B200.00の決済を行う」をタップします。



最終確認画面で「決済」を押して下さい。


この時は三井住友VISAカードで決済したのでVpassのパスワード入力を求められたのちに、クルクルの処理中画面に遷移しました。


これでトップアップ完了です。この時、SIM2FlyのSIMを挿していたので、確認のSMSが届きました。


トップアップした残高には有効期限があります。ちなみに、タイでは仏暦が採用されていて、2018年は2561年です。なので、上記の場合は、2019年5月30日まで有効ということになります。




LINEからも通知がきます!



トップ画面に戻ると、「Balance」の部分が増えています。私の場合はもともと99.19バーツ残っていたところに200バーツ追加しました。



SIM2Fly追加パッケージの購入方法

トップアップが完了すれば、追加パッケージの購入は簡単です。my AISアプリ以外でも、PC、スマホのブラウザでも購入可能です。

以下は、iPhoneアプリで購入した際のキャプチャです。

メニューの「Package」タブからApply SIM2Fly On-Top Packageをタップして下さい。


購入したいエリアとパッケージを選択します。


パッケージの詳細が表示されるので確認して「Next」をタップします。


最後に「Confirm」をタップして完了です。


パッケージを購入したSIMカードをスマホに挿している場合は、AISからタイ語のSMSが届きますが、「あなたは●●のパッケージを購入しました。60日以内に利用開始してね!」と書かれています。

下から二番目がパッケージを購入した際のメッセージです。一番下はトップアップした際のメッセージです。





海外旅行の強い味方格安のローミング最強SIM「SIM2Fly」まとめ



以前は、タイのクレジットカード以外ではトップアップするにも別のサービスに登録する必要があったりして不便でした。

しかし、LINE Payに対応したことで、トップアップが簡単になり日本在住者の方にも非常に使いやすくなったので今回紹介させてもらいました。

実際に、私もタイのクレジットカードは持っていますが、タイのクレジットカードでネット決済する場合はOTP(ワンタイムパスワード)が必要になります。

そのOTPの送り先がタイの携帯電話番号になっていて、旅先でトップアップしたい場合は、その時はSIM2Flyを使っているのでSIMを差し替える必要があって、結構めんどくさかったです。

LINE Payのおかげでその煩わしさが解消されました。

LINE Payでトップアップする場合は「my AIS」のアプリから行う必要があるのでご注意ください。

また、トップアップする際にはmy AISにパスワード登録をしておいたほうが使い勝手がいい(SIM2Flyをスマホに入れなくてもいい)ので便利です。

SIM2Fly何気にすごいなと思うのがパッケージを購入して、現地に行ったら勝手に有効になることです。

事前に日時と場所を指定する必要がありません。

現地についたら勝手にパッケージが開始してくれます。

さらに国をまたいで同一パッケージで利用可能なので各国を周遊する場合に非常に重宝します。

バンコク在住者にとっては日本でも安価にローミングが可能なので最強のSIMだと思います!


コメント

  1. 初めまして。木屋瀬在住と申します。
    私もいつもこのSIMをAmazonで買って使っていたのですが、使い捨てにしていました。
    今回初めて繰り返し利用可能な事が分かり、次回の旅行でチャレンジしてみようと思いますが、支払いはLINE PAYではなく、日本発行のクレジットカードでも可能なのでしょうか?スクリーンショットにSFC VISAの表記があったものですからお聞きしてみました。当方LINE PAYも使っていますが、やはり還元率の高いクレカで決済致したくお尋ねした次第です。
    いきなり不躾な質問で申し訳ありませんが、ご教示頂けましたら幸いです。

    返信削除
    返信
    1. 木屋瀬在住様

      ご丁寧なコメントありがとうございます。
      支払いの件ですが、日本のカードを直接利用するのは不可と思われます。

      私はLinePayに登録したSFCカードで支払いました。

      最近のLinePay の仕組みを理解しておりませんが、この記事を書いた当初は、クレジットカードをLinePayに登録しておくと、そのカードで支払える仕組みでした。

      参考になるかどうかわかりませんがよろしくお願い致します。

      削除
    2. 木屋瀬在住2019年8月26日 8:22

      早速のご回答ありがとうございます。
      そういう事だったのですね。確かに以前はLINE PAYにクレカを紐付けルーム事が可能だったと記憶しています。
      今は不可能になっていますので、直接LINE PAYの支払いで挑戦させていただきます、有益な情報をありがとうございました。

      削除
    3. 木屋瀬在住様

      返信ありがとうございます。
      やはり今のLinePayはクレジットカードの紐付けができないのですね。。
      最近使っていないのでわかっておりませんでした。

      また他の方法を見つけたら更新したいと思います。

      削除

コメントを投稿