大・大・大満足!!アヴァニバンコクリバーサイドホテルのAVANI CLUB特典を紹介します!


バンコクリバーサイドにあるアヴァニバンコクリバーサイドのAVANI CLUB特典が最高に良かったので紹介したいと思います。


先日、AVANI Riverside Bangkok Hotelのジュニアスイートルームに宿泊して来ました。

ジュニアスイートに宿泊すると「AVANI CLUB」という特典が付いて来ます。

先日、ホアヒンのAVANI Hua Hin Resort & Villasに宿泊した際にもAVANI CLUB特典が追付いた部屋に宿泊しましたが、ホテルラウンジへのアクセス権でした。

でも、AVANI Riverside Bangkok Hotelのラウンジをいくら検索しても情報がありません。

どんなところか、楽しみに訪問して来ました。

そしたら意外な展開が待っていて、結果的に大満足だったのでアヴァニバンコクリバーサイド「AVANI CLUB」特典について紹介します。


アヴァニバンコクリバーサイドホテルのAVANI CLUB特典を紹介します!(AVANI Riverside Bangkok Hotel)



アヴァニバンコクリバーサイドでの滞在は最高でした♪その滞在をより素敵なものにしてくれたのが本日紹介するAVANI CLUB特典です。


バンコクリバーサイドでオススメの絶景ホテル!アヴァニバンコクリバーサイドのジュニアスイートに宿泊して来ました!

AVANI CLUB特典利用資格

AVANIはMinorホテルズグループの一つで、リゾート地に多いアナンタラホテルと同系列になります。

一応、マイナーホテルグループにはディスカバリー・プログラムというホテル会員プログラムがありますが、そちらの最上級会員資格(ブラック)でもAVANI CLUBアクセス特典はついて来ません。

そのため、AVANI CLUBを利用するためには、「スイートルーム」や「AVANI CLUB River View Room」などのAVANI CLUB特典がついた部屋を予約する必要があります。

下記の赤枠部分の部屋タイプがAVANI CLUB特典の利用可能です。


同じ部屋タイプと思われる「AVANI River View Room」と「AVANI CLUB River View Room」を比較すると、AVANI CLUB特典は、ざっくり2,300バーツくらいの価値があることになります。

AVANI CLUB特典の内容

そんなAVANI CLUBの特典内容を紹介します。

  • 朝食(6:30 - 10:30)ラウンジ又は部屋で食べられる朝食ボックス又はアラカルトメニュー
  • ザ・パントリー(24時間)ソフトドリンク、コーヒー、お茶、ジュースが無料
  • カクテルタイム(17:30 - 19:30) 軽いブッフェスタイルの食事飲み物
  • インルームビバレージバスケット 無料の専用バスケットに入れて部屋に飲み物を持って帰って飲んでOK
  • エンターテイメント - 水曜日〜土曜日までの17:30 - 19:30
  • コンシェルジュサービス
チェックインの時に下記の日本語の用紙をもらいましたが、上記の記述がありました。


実は、このアヴァニバンコクリバーサイドホテルにはクローズなラウンジがありません。クローズなと言うのはラウンジアクセスができる人専用のラウンジという空間がありません。

チェックインロビーのあたりがラウンジ代わりになっていて、その奥にある素敵なバーのようなスペースでカクテルタイムや朝食のアラカルトメニューを食べることができます。


そして、一番驚いたのが、通常の宿泊客向けには販売されている「PANTRY」というところにある飲み物と食べ物を全部自由に部屋に持って帰って飲み食いしていいというのです!!


まあ、なんというかここにあるものは基本的にクオリティーが高い、いいお品物が置かれています!

なので、安物のジュースとかお菓子を置いてあるのではないというところが大きいです。

コンセプトとしては、ラウンジよりせっかくホテルに来たんだから部屋でゆっくり楽しんでね!ということかと思います。

では、各特典を詳細に紹介したいと思います。

ザ・パントリー&インルームビバレージバスケット

まず最初に紹介するのが、アヴァニバンコクリバーサイドのAVANI CLUB最大の特徴のザ・パントリーにあるものなんでも持って行って良いよ特典です。(チョコレートやアイスクリームなど一部を除く)

この時の心情は、下記のツイートがよく表しています(笑)


このツイートのレスにもありますが、この時子供が何度も「パパ、絶対パパの聞き間違いだから、もう一回ちゃんと確認して!!」と言われて、聞き直したくらい驚きました(笑)

だって、すごーくクオリティの高いものばっかり、まさかマカロンやケーキ、ホールケーキまで無料で持って帰って良いとは普通思わないですよね?!普通に、その辺のブッフェのデザートより全然クオリティ高いです。


普通に高級なスイーツ屋さんに並んでそうなケーキやマカロンばかり・・・

ドリンクもバンコクではみたことのないようなおしゃれなジュースだったりビールも、おしゃれなグラノーラやスムージーだってお願いできちゃいます。もちろんコーラやジンジャーエルなど普通のドリンクもありました。


もちろん食べ物だってあります。サテやサンドイッチ、パニーニも。お願いすればその場で温めてくれます。朝方には下記の左下のパンなんかも出て来てました。他にもサラダがいろんな種類があってかなり充実してました。


スタッフの方にお願いして、部屋で食べると伝えると、この木のボックスに入れてくれます。このボックスがインルームビバレッジバスケットです。


マカロンやケーキは本格的なボックスに入れてくれます。(Numero Uno Cafeというところのケーキなんですね。)


普通に、チェックインしたお昼と夜ご飯もこのパントリーにあるもので済ませることができました。

こちらがお昼に頂いたパニーニとジュース。


夜はヘルシーにサラダや巻き寿司、サテなどをみんなで素敵な景色を部屋でみながら食べました。



チェックアウト前にもきっちりとデザートを食してから帰りました。



個人的にはこのジンジャービアー(ソフトドリンク)が1番のお気に入りでした。


これらが24時間食べ放題ですからね、、滞在中確実に太ったと思います(笑)

カクテルタイム

次にカクテルタイムを紹介します。

フロントの奥にあるおしゃれなカフェかバーのようなところで17:30 - 19:30の間に開催されます。


かなり寛げるゆったりしたソファー席も。


カクテルタイムで注文できるメニューはこちらです。


いくつか頼んで美味しくいただきました。あまり飲めませんが、素敵な空間で綺麗な景色を眺めながらのカクテルは格別ですね。


食べ物はそれほど種類は多くないので、どちらかというと、本当にカクテルを楽しんでくださいという事かと思います。



妻はこちらの生牡蠣のオイスターショットが妻は気に入ったみたいで何個も食べてました。


私はピザとスイーツをパクパクと頂きました。


朝食

通常の朝食はブッフェ形式の朝食なんですが、カクテルタイムの場所でアラカルトメニューも注文できるし、部屋に持ち帰ることができるメニューもあるみたいです。

私たちは通常の朝食会場で朝食を食べながらAVANI CLUB用のメニューもお願いして、そこに持って来てもらいました。


こちらがAVANI CLUBでオーダーできるメニューです。


私たちはエッグベネディクトとパンケーキをお願いしました。これまた普通にカフェで出てくるレベルのクオリティの高いものでした。。




もちろん通常のブッフェスタイルの朝食も大満足でここでも食べ過ぎてしまいました。。

特に私が気に入ったのがこちらのブレッツェル。朝食ブッフェではあまりみない気がします。出てくるとすぐになくなっていました。



ブッフェスタイルの方も、十分に満足できる品揃えです。

ドイツっぽいものから飲茶、ミッキーぽいパンケーキ。。


タイっぽいものから、、


ヘルシーなサラダやフルーツ、


私の大好きなヌードルスタンドも、

そして、パンからフルーツジュースまで幅広く揃っていました。


まずはサラダから、、、血糖値を抑えつつがっつり頂きました♪



アヴァニバンコクリバーサイドホテルのAVANI CLUB特典まとめ


事前にはアヴァニバンコクリバーサイドホテルのラウンジに関する情報がなくて、どんなところか興味津々で行って来ましたが予想を良い意味で裏切られました。

ホテルも素敵だし、AVANI CLUB特典も素敵で大満足の滞在となりました。

もともと、このアヴァニバンコクリバーサイドホテルは1万円前後で素敵な部屋に泊まれるコスパの良いホテルですが、せっかくいくなら今回紹介したAVANI CLUB特典付きのジュニアスイートもお勧めできます。

部屋に持って帰って食べることができるこのコンセプトいいですね!

言うなれば、お店にあるものをなんでも持って帰っていい、というのは夢のような感じですよね(笑)

朝ごはんのオーダーアラカルトメニューもかなり美味しかったです。普通にお店で食べるとバンコクでも一品1,000円以上はするクオリティでした。

ここもまた再訪したいホテルの一つにリストアップされました。

これまで友人がバンコクに来る際は、市内のアクセスの良い場所をお勧めしてましたが、これからはリバーサイドのホテルも積極的にお勧めしていきたいなと思ってます。




0 件のコメント :

コメントを投稿