リモワの価格を徹底比較!新モデルRIMOWAの本場ドイツと日本の価格について






これまでリモワといえば本場ドイツで購入すれば日本で購入する金額の半額近くで購入できるというのは公然の秘密でした。



そんなリモワですが2018年に変革期を迎えました。

リモワは2016年にヴィトンなどを傘下に持つLVMHによって買収されていますが、そのLVMH色が2018年にリモワの大幅なモデルチェンジという形で色濃く反映されています。

そして、その大幅なモデルチェンジの裏には、本場ドイツでの大幅な値上げがあり、ドイツで購入するメリットは薄れたように思われます。

実際に、本場ドイツと日本のリモワを価格を比較することで、モデルチェンジ後のリモワの価格を検証していきたいと思います。

#2021年1月の値上げを日本、ドイツ共に反映済みです。


リモワの価格を徹底比較!新モデルRIMOWAの本場ドイツと日本の価格について

リモワの新モデルについて

リモワの新モデルについては下記に詳細をまとめています。

リモワの新ラインナップ・モデルを徹底解説!!オリジナルからエッセンシャルまで全て紹介します!

今回は上記のラインナップに沿う形でドイツと日本の価格を比較しながら紹介します。

以降、レートは「1ユーロ=125円」とします。

価格はRIMOWAの公式ホームページの価格を掲載しています。価格は税込です。

リモワオリジナルの価格(RIMOWA ORIGINAL)



リモワオリジナルはリモワの定番です。旧モデル名はリモワ・トパーズシリーズです。


Original 容量 重量 サイズ[cm] 日本価格(円) ドイツ価格(€) (日本円換算) 価格差(円) 価格差(%)
オリジナル キャビン
34L
4.5kg
40 x 23 x 55

¥134,200

€860

¥107,500

¥26,700

20%

オリジナル キャビンS
32L
4.6kg
40 x 20 x 55
¥128,700
€840
¥105,000 ¥23,700 18%
オリジナル キャビンプラス
45L
4.8kg
45 x 25 x 56
¥146,300
€940
¥117,500 ¥28,800 20%
オリジナル チェックインM
68L
5.6kg
45 x 28 x 69
¥158,400
€1030
¥128,750 ¥29,650 19%
オリジナル チェックインL
82L
6.4kg
51 x 27 x 79
¥172,700
€1,100
¥137,500 ¥35,200 20%
オリジナル トランク
89L
6.2kg
37.5 x 43 x 73
¥205,700
€1,340
¥167,500 ¥38,200 19%
オリジナル トランクプラス
100L
6.5kg
37.5 x 43 x 80
¥223,300
€1,450
¥181,250 ¥42,050 19%

思ったよりも差がありますね。16%〜17%の差となりました。

2021年1月現在では、20%程度まで広がってます。

税込なので日本の8%に対して、ドイツはVAT(付加価値税)が19%と考えると、19%全て戻ってこないとしても、さらに日本との差は広がることになります。

ざっくり10%ぐらいは返ってくるので、これはリモワ買うならドイツですね!

リモワエッセンシャルの価格(RIMOWA ESSENTIAL)

Cabin - Essential

次は、リモワエッセンシャルの価格です。こちらも定番モデルで世界初のポリカーボネート素材のスーツケースとなった旧サルサシリーズの後継モデルです。

ESSENTIAL

容量

重量

サイズ[cm]

日本価格(円)

ドイツ価格(€)

(日本円換算)

価格差(円)

価格差(%)

エッセンシャル キャビン

37L

3.9kg

40 x 23 x 55

¥88,000

€550.00

¥68,750

¥19,250

22%

エッセンシャル キャビンS

32L

3.6kg

40 x 20 x 55

¥85,800

€525.00

¥65,625

¥20,175

24%

エッセンシャル キャビンプラス

47L

4.4kg

45 x 25 x 56

¥95,700

€610.00

¥76,250

¥19,450

20%

エッセンシャル チェックインM

58L

4.7kg

45 x 24 x 67

¥104,500

€660.00

¥82,500

¥22,000

21%

エッセンシャル チェックインL

87L

5.2kg

52 x 28 x 77.5

¥114,400

€715.00

¥89,375

¥25,025

22%

エッセンシャル トランク

92L

5.2kg

37.5 x 43 x 73

¥132,000

€830.00

¥103,750

¥28,250

21%

エッセンシャル トランクプラス

103L

5.5kg

37.5 x 43 x 80

¥139,700

€880.00

¥110,000

¥29,700

21%



こちらもオリジナルと同じく16%〜17%の差となりました。

こちらはオリジナルより差が大きく20%以上の差となりました。

リモワエッセンシャルライトの価格(RIMOWA ESSENTIAL LITE)


Check-In L - Essential Lite

次は最軽量モデルのエッセンシャルライトです。

こちらは、旧サルサエアーの後継モデルになります。

ESSENTIAL LITE

容量

重量

サイズ[cm]

日本価格(円)

ドイツ価格(€)

(日本円換算)

価格差(円)

価格差(%)

エッセンシャルライト キャビン

38L

2kg

40 x 23 x 55

¥64,900

€430.00

¥53,750

¥11,150

17%

エッセンシャルライト キャビンS

33L

1.9kg

40 x 20 x 55

¥62,700

€410.00

¥51,250

¥11,450

18%

エッセンシャルライト キャビンミニ

22L

1.7kg

32 x 20 x 43

¥58,300

€380.00

¥47,500

¥10,800

19%

エッセンシャルライト チェックインM

65L

3.2kg

45 x 25 x 67

¥79,200

€510.00

¥63,750

¥15,450

20%

エッセンシャルライト チェックインL

91L

3.8kg

52 x 27 x 78

¥85,800

€560.00

¥70,000

¥15,800

18%


こちらも他と概ね同じですが、キャビンが15%と他よりさが少なめになりました。元の価格が安い分、差が小さくなるのかもしれませんが、なぜキャビンだけ・・・

こちらは、他と比べると差が小さめになりましたが、以前よりは日独の差が拡大しています。

リモワエッセンシャルスリーブの価格(RIMOWA ESSENTIAL SLEEVE)

Cabin - Essential Sleeve

エッセンシャルスリーブという、ポリカーボネート素材のスーツケースの全面にスリーブがついたモデルです。以前はサルサハイブリッドと呼ばれていました。

ESSENTIAL SLEEVE 容量 重量 サイズ[cm] 日本価格(円) ドイツ価格(€) (日本円換算) 価格差(円) 価格差(%)
エッセンシャルスリーブ キャビン
37L
3.8kg
40 x 23 x 55
¥88,560
€580
¥74,240
¥14,320
16%
エッセンシャルスリーブ キャビンS
32L
3.6kg
40 x 20 x 55
¥84,240
€550
¥70,400
¥13,840
16%
エッセンシャルスリーブ キャビンプラス
45L
4.4kg
45 x 25 x 56
¥97,200
€640
¥81,920
¥15,280
16%

エッセンシャルスリーブは綺麗に一律16%の差となりました。

リモワハイブリッドの価格(RIMOWA HYBRID)

Check-In L - Hybrid

リモワハイブリッドは、ポリカーボネート製ですがハードフレームタイプのスーツケースです。

HYBRID

容量

重量

サイズ[cm]

日本価格(円)

ドイツ価格(€)

(日本円換算)

価格差(円)

価格差(%)

ハイブリッドキャビン

37L

4.4kg

40 x 23 x 55

¥105,600

€650

¥81,250

¥24,350

23%

ハイブリッドキャビンS

32L

4.2kg

40 x 20 x 55

¥101,200

€630

¥78,750

¥22,450

22%

ハイブリッドキャビンプラス

45L

4.9kg

44 x 26 x 56

¥115,500

€710

¥88,750

¥26,750

23%

ハイブリッドチェックインM

60L

5.4kg

43 x 26 x 66

¥124,300

€780

¥97,500

¥26,800

22%

ハイブリッドチェックインL

87L

6.2kg

51 x 26 x 78

¥137,500

€840

¥105,000

¥32,500

24%


こちらも概ね16%〜17%の価格差となりました。

ハイブリッドの価格差は大きく22%〜24%の差となりました。

リモワクラシックの価格(RIMOWA CLASSIC)

Check-In M - Classic

最後は、無骨さがかっこいいリモワクラシックです。


CLASSIC

容量

重量

サイズ[cm]

日本価格(円)

ドイツ価格(€)

(日本円換算)

価格差(円)

価格差(%)

クラシック キャビン

35L

4.2kg

40 x 23 x 55

¥137,500

€880

¥110,000

¥27,500

20%

クラシック キャビンS

33L

4.1kg

40 x 20 x 55

¥133,100

€860

¥107,500

¥25,600

19%

クラシック チェックインM

60L

5.2kg

47 x 25 x 70

¥162,800

€1060

¥132,500

¥30,300

19%

クラシック チェックインL

85L

5.9kg

52 x 27 x 78

¥177,100

€1140

¥142,500

¥34,600

20%


こちらも他と同様に概ね16%〜17%の違いとなりました。

概ね20%前後の差となりました。

リモワのドイツと日本の価格比較まとめ

今回実際にドイツと日本の価格を比較してみましたが、16%〜17%20%前後本場ドイツの方が安いという結果になりました。

以前のドイツでの価格と比べると確実に高くなりました

一応、ドイツに旅行に行った場合は、ここからさらに10%程度のVAT還付を受けられますので、実質日本で買うより30%程度安く購入できる計算です。

以前は、転送業者を利用して個人輸入しても転送料(配送料)込でも日本の定価と比較して30%近く購入できたことを考えると高くなった感は否めません。

しかし一方でドイツの通販 koffer-direktなどはすでに割引価格で新モデルのリモワを販売しています。(全モデル安くなっているわけではなさ)

今後、現在日本の並行輸入業者がどういう価格で新モデルを販売していくのか気になります。

なんと、ルフトハンザリモワの新型は通常品と同じ価格で販売されました!!


待望のルフトハンザリモワが新型RIMOWAになって登場!!

リモワがリニューアルして路線も大きく変わりました。 そのため、これまでリモワファンの間で最も有名なコラボモデルだったドイツのフラグシップエアラインの「ルフトハンザ」とのコラボモデルがなくなるのではないかと思っていましたが、ついにルフトハンザのワールドショプで



継続的に情報収集して安く購入する方法を随時更新していきたいと思います。

2018年版 憧れのリモワ(RIMOWA)を安く買う方法

憧れのリモワ、近年正規販売以外の並行輸入品の販売が規制されています。そんな中、日本国内でお得に購入できる方法を調べ尽くしましたので、その内容を記事にしました。

コメント

  1. 価格の比較表、大変参考になります。比べるの面倒だなぁと思っていたのですが、このページを見ると一目瞭然で大変わかりやすいですね。日本もドイツも公式ページは両方とも税込価格表示だったんですね!新モデルも良いなぁ・・・

    返信削除
    返信
    1. きりたん様

      コメントありがとうございます。
      昨日別記事で、価格をが載っているのを教えていただいたので作成しました。
      ずっと、価格比較をしたいと思っていましたが、タイに住んでいて日本の価格が確認できないので、公式ページが更新されて良かったです。

      価格はカートに入れてチェックアウトするとわかりますが税込表示のようです。

      個人的には新モデルがいいなぁと思います!!

      これからルフトハンザモデルなどはどうなるかわからないのでレア度が増すかもしれませんが、単純にデザイン的には新モデルがいいなと思ってます。

      なんとなく、旧リモワは男性ファッションフロアで新リモワは女性ファッションフロアが似合うなと勝手に思ってます。

      削除
    2. おっしゃる通りだと思います!
      LVMHグループになってから、ブランドとしてちょっと洗練された感じになりましたよね。以前は、質実剛健ドイツのカバンという感じでしたが、いずれにしても名実ともにグレードアップした印象ですね。
      今までのルフトハンザモデルと、新しいデザインのRIMOWA、悩ましいですね〜
      ルフトハンザモデルのほうが値段的にも安いというのもありますし・・・こちらはもう少し悩んでからの購入になりそうです。

      削除
    3. 返信ありがとうございます。
      私がいま一番欲しいのは、クラシックなので逆にほとんど変わってなくて面白みが無いなぁと思ってます。

      まさに以前は質実剛健でしたね、おそらく以前からのリモワファンの間では今回の変更は賛否両論があるんだろうなと思います。

      悩んでいる時が一番楽しいと思うのでいっぱい悩んでくださいね(笑)

      削除
  2. とりあえず、電子タグモデルがなくなったのは残念です。つまり、これからRIMOWAの電子タグを採用する航空会社が新たに増えることはないよということじゃないですか!(たぶん)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      電子タグはちょっと厳しくなりそうですね。。でも、以前問い合わせたら、EタグモデルについてはIATA(国際航空運送協会)の新しい規約に対応する必要があるが採用過程で多くの誤解があり、一旦休止して現在は新しいレギュレーションをレビューしている最中ということでした。

      今度どうなるか、、見守るしかなさそうです。

      削除

コメントを投稿