便利!フランクフルト空港に直結のヒルトンガーデンインフランクフルトエアポート宿泊レビュー






フランクフルト空港に直結のヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートに宿泊して来ました。


今回はフランクフルト空港のルフトハンザワールドショップというところに立ち寄ってリモワを購入するのが目的だったので、できるだけ移動が少なく済む空港に直結のホテルを探して、ヒルトンガーデンインにたどり着きました。

実際に宿泊して来たので、フランクフルト空港のヒルトンガーデンインのアクセス方法やお部屋、ファシリティ、朝食などたっぷりの写真とともに紹介したいと思います。

特にアクセスは空港直結とはいえ、ある程度把握していないと迷うので詳細に紹介します!!

フランクフルト空港に直結のヒルトンガーデンインフランクフルトエアポート宿泊レビュー(Hilton Garden Inn Frankfurt Airport)


価格もそれほど高くなく、ドイツ鉄道DBのフランクフルト空港駅の真上でもあるので、トランジットやちょっとした滞在の利用には重宝するホテルでした!

ヒルトンガーデンイン(Hilton Garden Inn)

ヒルトン・ガーデン・イン(Hilton Garden Inn)はその名の通り、ヒルトン系列のホテルですが、高級路線ではなく中級クラスのホテルブランドです。

今回宿泊して来たのは、フランクフルト空港ですがこれまで北米を中心に展開されて来たブランドです。

以下、ウィキペディアの引用です。
ヒルトン・ガーデン・インはスタジオタイプ中級ホテルチェーンで、朝食、昼食、夕食を提供するレストランとフロントデスクに併用するコンビニエンスショップが併設されている。コンビニエンスショップから買った食品は食器や電子レンジを備えた施設が提供され、その部屋で調理することが出来る。無料で利用できるジムが存在する。
確かに、ヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートにもフロントの隣に購買所のようなところがあり、カップラーメンやスナック菓子、アメニティ類が売られていました。

ヒルトン・フランクフルト・エアポート/ヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートの場所・行き方

ヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートはフランクフルト空港に直結のホテルです。

と言いながら、フランクフルト空港は結構大きいので10分ほど歩きました。

同じ場所にヒルトン・フランクフルト・エアポートもありますので、両方のホテルとも今回紹介する方法で辿り着けます。

空港に到着して、ホテルの看板は見つけたものの途中で見失って彷徨ったので、行き方を詳細に紹介したいと思います。

ANAなどのスターアライアンス便が主に発着するターミナル1からの行き方です。

まずは、ざっくりとした位置関係と行き方の概略図をまとめました。


上記の赤い矢印のスタート地点はターミナル1のホールBにあるルフトハンザワールドショップです。

フランクフルト空港のターミナル1は左側がホールA、真ん中がホールB、左側がホールCとなっています。

私はホテルに向かう際にGoogle Mapsで確認したら、空港の真ん中より右側(東側)にあるので、右に行こうとしてしまいました。

しかし実際には、真ん中のホールBから一旦左側のホールAの方に行って、一つ上の階に上がり、あとは看板にしたがって進めばたどり着けます。

ヒルトンガーデンインはフランクフルト空港遠距離駅(Frankfurt (Main) Flughafen)の真上にあります。

下記の場所が、先ほどの概略図で「一つ上の階にあがる」とした場所です。


看板が見づらいので拡大すると、しっかりと「Hilton」と「Hilton Garden Inn」の記述があります。シェラトンもありますね。


あとは、同じように上の看板を見ながら移動すれば特に迷うことはなかったです。



↓こちらが駅の入り口です。ここを右に曲がります。


この奥に見えるエスカレーターがヒルトンに通じるエスカレーターです。


エスカレーターを登ると「Hilton」の看板が見えます。


この突き当たりが「ヒルトンフランクフルトエアポート」で「ヒルトンガーデンインフランクフルトエアポート」は左側に入り口があります。


この時、ケチってヒルトンではなくヒルトンガーデンインにしたことをちょっと後悔しました。それくらい、ロビーの作りが違いました(笑)


私が予約した時は、ヒルトンガーデンインが85ユーロで、ヒルトンが95ユーロくらいでした。

チェックイン・アップグレードは・・・

ちなみに、こちらがヒルトン側のロビーです。超豪華一流ホテルの佇まいです。


そして、こちらがヒルトンガーデンインのチェックインカウンター。。


雲泥の差ですね。。とはいえ、今回は夜遅くについて翌朝も早めに出るので、気を取り直してチェックインします。

今回は一番安い「シングルルーム(クイーンルーム)」を予約しました。一応、ヒルトンゴールドメンバー資格があるので、今回の旅行はフランクフルトの前にいたブダペストでは2箇所別々のヒルトンに宿泊しましたが、一番安い部屋で予約したにも関わらず、ラウンジアクセス可能なエグゼクティブフロアにアップグレードしてくれていました。

ただし、ヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートにラウンジはなく、エグゼクティブフロアもないので、そこまで期待はしていませんでした。

予約は、ヒルトン公式ページから予約していて、通常は宿泊前日くらいにはアップグレードされていることが確認できるのですが、この時は事前には一切アップグレードされていませんでした。

結局、チェックインの時にゴールド会員なのでアップグレードしますね!と言って、アップグレードしてくれたようですが、クイーンルームがキングルームになったくらいの1ランクアップでそれほど特筆すべきことはありませんでした。

あとは、ヒルトンオナーズ会員ということで、ペットボトルのお水を二本頂きました。(ガス入りか、ガスなしのスティルウォーターか選べました。写真はガス入り)


そして、エレベーターで部屋に向かいましたが、上からみるヒルトン側のロビーが素敵でした。


シングルルーム(キングルーム)レビュー

では、今回宿泊したキングルームのレビューをしたいと思います。

↓こちらがお部屋です。非常にオーソドックスな部屋になってます。


同じ場所から入り口の方を見るとこんな感じです。

部屋にはデスクト、テーブルとソファーがあります。


テーブルも独立したものではなく収納と一体式です。この辺りは極力無駄を省いたデザインですね。


結局短い滞在中に一度も座ることのなかったソファーはこちらです。


キングサイズにしては少し小さく感じましたが寝心地は良かったです。でも一人で寝るには十分ですね。


コーヒーセットも置かれてます。


クローゼットも大きくはないですがありました。


そしてバスタブもあります。


アメニティは通常のヒルトンのアメニティ「Crabtree&Evelyn」でした。


お部屋は新しくて清潔で、十分なクオリティでした。

フィットネスジム

フィットネスジムはヒルトンとヒルトンガーデンイン共通で11階にあるのですが、同じ建物で繋がっているヒルトン側にあります。


ヒルトンに入るための入り口にはヒルトン用とヒルトンガーデンイン用のキーカードセンサーがありました。


エレベーターもキーカードでタッチしないと自分の部屋のフロアにはいけないのですが、ヒルトン側のエレベーターはヒルトンガーデンインのキーカードでは動かず、私は帰りに迷ってしまい、結構苦労しましたw

結局、最終的には一旦ヒルトン側のロビーに降りてから歩いてヒルトンガーデンインに戻りました。。

フィットネスは24時間営業です。


こちらがフィットネス前のくつろぎスペースです。


フィットネスの壁は中々スタイリッシュなデザインになっています。


こちらがフィットネスの内部です。屋根裏部屋のような部屋ですが、一通りの機材は揃っていました。




お水やタオルも完備されています。


そして、こちらが帰りに私が間違って乗ったヒルトン側のエレベーターです。なぜか、エグゼクティブラウンジがある10Fが押せてしまったのですが、10Fで間違って降りてからヒルトンガーデンインに続くはずのドアが開かずに戻れず、エレベーターに戻ってもL以外押せなくなってました。。


ちなみにここのエレベーターはこんな感じで近未来的なデザインです。


一旦、ギラギラの建物があるロビーに戻りました。


朝食

今回、朝食なしで予約しましたがヒルトンゴールド会員の特典で無料朝食を食べてきました。

朝食会場はロビーのフロアにあります。


それほど種類が多いわけではないですが、少なすぎるわけでもなく必要十分という感じでした。



野菜・サラダ系があまりなかった気がします。



上記写真の右下のワッフルは自分でやれってことなんですかね?おじさんが自分でやって結局スタッフの人に手伝ってもらってましたが・・・


やっぱりフランクフルトなのでソーセージが美味しかったです。

ヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートまとめ

今回は、フランクフルト空港でのトランジットや深夜に到着した場合に便利な空港直結のヒルトンガーデンインフランクフルトエアポートの紹介でした。

直結とはいえ、初めての場合はたどり着くのに時間がかかる可能性があるので、アクセス方法を詳細にまとめました。

また、ホテル自体は非常に綺麗でなんの不満もありませんでした。

ただ、もし隣のヒルトンフランクフルトエアポートとの価格差が10ユーロくらいであればヒルトンに宿泊した方が満足度は高いような気がします。(あくまで外観だけしか見てませんが・・・)

とはいえ、価格は基本的にはガーデンインの方が安いので、私のように短時間しか滞在しないということであればガーデンインの方で十分だと思います。

今回のフランクフルト訪問の目的は最初に書いた通りリモワのスーツケースを買うことでしたが、フランクフルト空港にあるルフトハンザワールドショップでは限定リモワを購入することができます。

実際に買ってきたので下記の記事をご参照ください。

また、リモワの定価は日本で買うよりドイツの方が安くお得に買えるのですが、VAT還付を受けることでさらにお得になります。フランクフルト空港で免税手続きをする方法は下記をご参照ください。
実際に買ってきたリモワのレビューは↓こちらです。
ドイツで新型ルフトハンザリモワを買ってきたので徹底レビューします!!

コメント