テレワークに最適!春日の湯ドーミーイン後楽園に宿泊してきたので紹介します!






東京ドームのすぐ近くにある「春日の湯 ドーミーイン後楽園」に宿泊してきました。




コロナの影響で旅行に行きにくい状況なので、目的は近場の大浴場付きホテルでのんびりすることです。

大浴場付きのホテルで、比較的安価に泊まれるのでテレワークにも最適かと思います!


テレワークに最適!春日の湯ドーミーイン後楽園に宿泊してきたので紹介します!

こちらのお風呂は温泉ではありませんが、大浴場も広くサウナも完備されているのでのんびり過ごすには最適でした♪


春日の湯ドーミーイン後楽園

ドーミーイン後楽園は、三田線「春日駅」A7出口(エレベータ)すぐ目の前、A4出口徒歩約1分、丸の内線「後楽園駅」4番出口徒歩約5分の場所にある電車でもアクセスしやすいホテルです。


特徴は、男女別の大浴場を完備していることで、サウナ(男性:ドライサウナ、女性:ミストサウナ)もあります。

他にもドーミーイン特有の夜鳴きそばや、ワンドリンクサービス、湯上がりのアイスクリームのサービスももちろんついています。

チェックイン

15時チェックイン開始なので15時過ぎにホテルに向かいました。

2階がフロントになっています。

フロントで気づきましたがグローバルキャビン東京水道橋が併設されているんですね!が、訪問した時はコロナの影響でグローバルキャビンの方は閉館中でした。

フロントに鼻テープ(鼻腔拡張テープ)が無料で置いてあって、頂いて使ってみましたが鼻が通って爽快でした。今後も購入して使おうかと思いました。

こちらのホテルは自動チェックインではなく、フロントで生産まで行う従来のスタイルでした。

ドーミーインの特典

そしてなんと言ってもドーミーインといえば充実したサービスですがドーミーイン後楽園でも健在した!


  • 湯上がりアイスサービス(15:00 - 25:00)
  • 無料ドンリクサービス(ハッピーアワー)(21:00 - 23:00)
  • 夜鳴きそば(21:30 - 23:00)
  • 乳酸菌飲料サービス(5:00 - 10:00)
これらの特典が無料で楽しめるのはドーミーインならではですよね♪

お部屋の紹介

今回宿泊したのはダブルルームでした。


客室内は新しく、清潔で狭く感じることもなかったです。


ベッドは定番のシモンズ社製です。


ベッド周りにはコンセントとUSBポートもあるのでスマホも安心して充電できます。


椅子がちょっとしょぼいですが、デスクもあるのでテレワークにも最適です。


お部屋にバスタブはなく、シャワーのみです。

大浴場がウリのホテルなのでこの点はしょうがないですし、実際に使うことはなかったです。


冷蔵庫も小さいものが完備されていました。


コップと湯沸かし器(ケトル)も完備されていました。


最近のビジネスホテルでは定番ですが、テレビで大浴場やコインランドリーの混雑状況が確認できます。



大浴場

【営業時間】15:00~翌10:00(サウナのみ深夜1:00~早朝5:00は利用休止)

大浴場は地下一階にあります。



湯船はぬる湯と熱湯の二種類があり、男性は乾湿サウナ、女性はミストサウナが完備されています。(水風呂は男性風呂のみ)

そして、こちらの大浴場はかなり広めです。

大都会の中にあるビジネスホテルとは思えないくらい浴場内が広かったです。

ドーミーインのホームページでも「ドーミーイン史上最大級にの広さの大浴場で手足を伸ばしてごゆっくりお寛ぎください」と紹介されていました。

熱湯(Hot Water)の湯船はちょっと小さめですが、宿泊した日はレモン湯でした。(写真はドーミーインのHPから引用)


ぬる湯(Warm Water)の方は湯船が広いです。(写真はドーミーインのHPから引用)



今回の宿泊は大浴場が目的でしたが大満足でした♪

お昼、夕方、夜、朝と4回も入浴しました(笑)

これで温泉なら最高でしたが、十分にポカポカになってぐっすり眠ることができました。

夜鳴きそば・ハッピーアワー

ドーミーインのメインイベント夜鳴きそばも堪能してきました♪


夜鳴きそばは朝食同様に地下一階のレストランで提供されます。


アルコールを含むドリンクが一本無料です♪


夜鳴きそばは安定の美味しさでした!!


漫喫スペース(リラクゼーションルーム)


こちらのドーミーイン後楽園の地下にはリラクゼーションスペースがあり、漫画本をゆったり読むことができます。



湯上がりに漫画、最高ですね!

でも流石にコロナの状況もあって利用者はほとんどいませんでした。。

春日の湯ドーミーイン後楽園 まとめ

今回は都会のオアシス「春日の湯ドーミーイン後楽園」を紹介しました。

お風呂は温泉ではないですが広い浴場内で最高でした!

湯上がりにはリラクゼーションスペースやアイスクリームのサービス、夜にはハッピーアワーと夜鳴きそばが無料で頂けて至れり尽せりのサービスでした。

しかも最近はホテル代金がかなり低めになっていて、5,000円前後で宿泊できます。

さらに予約サイトのクーポンを利用することで、今回は数百円ですみました(笑)

同じくドーミーイン系列の野乃浅草は天然温泉が楽しめて最高でした!

今回は朝食は付けませんでしたが、朝食は同じような感じなので下記のレビュー記事をご参照ください。



コメント