ドイツ鉄道の高速列車ICE(インターシティエクスプレス)の1等車両のパノラマシートに乗って来ました!






ドイツ旅行の際にドイツの超特急列車ICEの1等車両に乗車してきました!


今回乗車したのはICEの1等車の中でも先頭車両の一番前にあるパノラマ座席です。

乗車区間はフランクフルト空港駅とケルン中央駅だったので乗車時間は1時間程度でしたがたっぷり堪能してきたので実際の写真とともに紹介します。


ドイツ鉄道の高速列車ICE(インターシティエクスプレス)


ドイツの鉄道は事前に座席予約できるんですが進行方向がわからず、反対方向になる可能性もあるのですが、往路は無事進行方向でパノラマシートを堪能できました。復路は、指定してあった車両がなくなって結局空いている席に座りましたw

ICE(インターシティエクスプレス)について

今回紹介するICEは「Inter City Express」の略で、ドイツ鉄道の高速列車です。

ICEの最高速度は300km/hでドイツおよびヨーロッパ各地の主要都市を結んでいます。


1等車・2等車・食堂車 (Bordrestaurant) または軽食堂車 (Bordbistro) で組成され、ICEの乗車には特別料金が必要になります。


1時間だけの乗車だけだったので利用はしていませんが、食堂車両(Bordrestaurant)はこんな感じでした。


もちろん車内にトイレも完備されています。


乗車チケットをお得にゲットする方法

今回利用した1等車両は特別料金が必要なのですが事前にWebで購入することでお得に乗車チケットを購入することができました。

ドイツ鉄道(DB)はWebの事前予約が圧倒的にお得!!ドイツ国鉄のチケット予約・購入方法を徹底解説

実際に、上記の方法で往復の一等車のチケットが正規料金の片道の2等車の料金以下で購入できたので良かったです。

1等車両(1st Class)でもDBラウンジが使えない?!

今回予約したのは1等車両(1stクラス)だったので、出発前に駅にあるDBラウンジが使えるものと思っていました。


しかし、当日フランクフルト空港駅にあるラウンジを利用しようと喜び勇んでラウンジに向かいましたが、入り口でバーコードスキャンするとエラーメッセージが・・・、このチケット種別ではラウンジは使えないと言われてしまいました。。

1stクラスでも、チケット種別によってはラウンジは使えないようです。(チケットにはラウンジサービスと書いてあった気が・・・)

ラウンジレポートをしたかったので残念です。とはいえ、フランクフルト空港駅の真上にある空港ホテルに宿泊していて、ゆっくりしすぎて駅に向かったのが出発直前であまり時間もありませんでしたので、あっさり引き下がりホームに向かいました。

便利!フランクフルト空港に直結のヒルトンガーデンインフランクフルトエアポート宿泊レビュー

ICEの1等車乗車レポート(座席シート詳細など)


こちらが一等車両の内部です。


シートはそれぞれ独立しいてるので広々していました。



事前に座席指定しておくと↓の部分に行き先が表示されています。


こちらがヘッドレストの部分です。ちょっと年季入ってますね。。



読書用のライトも完備されています。


座席によってはテーブルも利用可能です。


シート全体はこんな感じです↓


シート配列は1×2で、私は1の方を予約したのですが、今回予約したのは先頭車両で先頭の座席1番です。

ICEのパノラマシート

ICEの先頭車両は運転席と前方の景色が見えるようになっています。


走行中もこんな感じで前方が見えます!!


そんなにがっつり見えるわけではないですが、テンション上がりますよね!


およそ一時間の乗車時間はあっという間にすぎて、ケルン大聖堂が見えて来ました。


途中、チョコレートをもらいました。あと、お願いすればコーヒーなども有料ですが注文できるようでした。(周りの方が注文してました。)


ちなみに復路は最前列のパノラマ座席でも前方が見えない状態になっていました。


これは運転手さんが自由にガラスの透過度合いを変更できるようなので、運(転手さん)次第と行ったところでしょうか。

ドイツ鉄道の高速列車ICEまとめ

ヨーロッパに行って毎回思いますが鉄道としての完成度は新幹線の方が圧倒的に高いと思います。

それは、ダイヤの正確性だったりスピードだったり安定性だったり、改めて日本の新幹線はすごいなと思いました。

今回は事前にWebでチケットを購入してお得にチケットが購入できたので1等車にしましたが、別に2等車でも問題ないと思いますが、それほど差が大きくなかったのと、座席指定が無料になりパノラマシートにも興味があっったので1等車にして良かったです。

この時はフランクフルトにはリモワワールドショップでリモワを買いに行くのが目的でした。

そして、どうせドイツに行くなら1時間でいけるリモワの本店があるケルンに行こうと思い、時間を無理やり調整して4時間ほどの滞在でしたが無理をしてICEの乗ってケルンに行きました。
リモワ本店は閉店!ドイツのケルンにあるリモワのフラグシップストアに行ってきました♪

が、本店は閉店しており、ケルン大聖堂を呆然と眺めながらこれでは帰れないと思い、急遽ケルン郊外にあるリモワの本社兼工場に行って来ました。
リモワの工場見学!!ケルン郊外にあるRIMOWAの本社&工場に行ってきました♪

飛行機等諸々の予定がなかなか合わず、ギリギリまでケルンに行こうか迷っていたのですが、お得に購入したチケットでICEに乗ってケルンまで行き、大聖堂はもちろんリモワの工場まで見ることができて大満足でした♪

コメント