まだまだ健在!関空”ぼてぢゅう”で3400円まで食べ飲み放題!プライオリティパス&ダイナースカード






やっと関空のぼてぢゅうをプライオリティパスで利用してきました。


前回関空に来た時はタイミングがあわずに利用できず、今回は諸々の都合で空港にかなり早く到着したので、プライオリティパスで”ぼてぢゅう”を堪能して来ました。

そして、プライオリティパスだけでなく、レジにダイナースクラブカードの案内もあったのでダイナースクラブでも同じ条件か店員さんに確認したところ、同じ条件で利用可ということでした。

であれば、我が家の場合はプライオリティパス1枚に家族分も入れてダイナースカードが2枚、合計3枚ありますがどうなるんでしょうか(笑)



関空”ぼてぢゅう”で3400円まで食べ飲み放題!プライオリティパス&ダイナースカード


初めてプライオリティパスを使って関空のぼてぢゅうに行ってきました!アルコールをあまり飲まない自分にとって3,400円(税込)食べ飲み放題というのは、過去最高のラウンジサービスかもしれません(笑)


プライオリティパス・ダイナースカードで無料に

マイラー界隈ではすっかりお馴染みになっている関空”ぼてぢゅう”のプライオリティパスですが、詳細をお伝えまし。

プライオリティパスというラウンジカードと当日搭乗する搭乗券を”ぼてぢゅう”で提示するだけで3,400円(税込)まで食べ飲み放題という嘘のようなサービスです。

これはプライオリティパスが関空のラウンジサービスの一環として、”ぼてぢゅう”を指定しているからです。

世界中で見るとプライオリティパスでレストランを利用できる例は他にもありますが、日本ではここだけではないでしょうか。

逆を言えば、関空は国際空港のわりにラウンジサービスがしょぼいのをカバーするために”ぼてぢゅう”を指定しているのだと思います。

関空ぼてぢゅう利用条件

PPのページによると利用条件は下記の通りになっています。
  1. カード保持者様はラウンジご利用の会員資格として、ご請求額から3,400円(JPY)の割引を受けられます。3,400円(JPY)の割引1回分は、カード保持者の方がお持ちのラウンジのご利用可能回数内でのラウンジ訪問1回分に相当します。ご利用の条件によっては、指定の料金をカード保持者の方に請求いたします。例えば、カード保持者の方が同伴者1名を登録された場合、ご請求額からJPY6,800の割引を受けられます。これはアカウント上では、カード保持者様1名分のご利用 + 同伴者様1名分のご利用という内訳のご請求となります。受付にてご利用になれるカードの枚数は、カード保持者1名様につき1枚のみといたします。
  2. この3,400円(JPY)はあらゆるタイプのお食事やお飲み物にご利用いただけます。オファーをご利用いただくには、カード保持者の方に有効なカードと当日ご搭乗のフライトの搭乗券をご購入前にご提示いただく必要があります。
  3. このJPY3,400は譲渡できません。また、合計金額がJPY3,400を下回る場合でも、換金や返金はいたしかねます。
  4. 最終請求額が1名様あたり3,400円(JPY)を超える場合、残額はカード保持者様のご負担となります。残額をチップの支払いに充てることはできません。
  5. オファーの内容がお客様のラウンジご利用の会員資格を下回った場合でも、プライオリティ・パスおよびその提供会社は責任を負いません。ラウンジの料金および同伴者様のご利用のお支払いをされる際は、プログラムのご利用条件を確認してください。
食べ物・飲み物問わず合計3,400円税込までとなっています。

店内のメニューは、税抜き表示なので注意しましょう。

そして、利用時はプライオリティパスの会員カードと搭乗券が必要になります。

ぼてぢゅう利用前にチェックインを済ませておきましょう。


アメックス発行のPPは対象外なのでご注意を

そして、もう1つ注意点があります。

プライオリティパスで利用可能とお伝えましたが、2019年8月1日からアメリカン・エクスプレス経由で発行しているプライオリティパスでは、”ぼてぢゅう”は利用できなくなっておりますのでご注意ください。


この情報が出てから、全てのPPで利用不可になるような噂も流れましたが、アメックス発行のPP以外では2019年8月以降も問題なく利用可能なのでご安心ください。

おそらく、アメックスなどは包括的な契約を結んでいるものと思われますが、その契約金で折り合いがつかずにコストのかかるレストラン系を除外するという判断になっているものと思われます。

ダイナースカードでも”ぼてぢゅう”が利用可能?!

私が行った時はレジにダイナースクラブカードのサインも出ていました。いわゆるダイナースカードが使えますよ!というサインではなく、ラウンジの入り口でよく見かけるアレです。

店員さんがいたので写真を撮るのを控えましたが、ダイナースカードでも同じ条件で利用可能ですか?

と、聞いたところ「同じです。」という回答がありました。

ダイナースクラブカードのページで検索しても出てこないのは謎ですが、店員さんがいうのであれば間違い無いとは思います。

せっかくだからPPではなく、ダイナースを提示して使ってみればよかったなとちょっと後悔しました。

関空”ぼてぢゅう”の営業時間

営業時間は、下記の通りです。
  • 午前7時から22時まで(ラストオーダーは21:30)

場所

場所は、国際線のチェックインカウンターから1つ降りた3階にあります。

下記のフロアマップの④の場所にあります。


ちょうど真ん中あたりなので分かりやすい場所かと思います。


入店時の手続き

プラオリティパスフィーバーで、行列ができている時間帯もあるようですが、私が行った平日の20時半頃は並ばずに入れました。

まず、入り口でプライオリティパスと搭乗券を提示して、プライオリティパスのカードをスキャンしてもらって、端末上でサインをしてから入店します。この時にしっかりと搭乗券の確認がありました。

その際に、3,400円まで店内のどのメニューでも食べ飲み放題との説明を受けますが、メニューは税抜き表示なのでご注意くださいと言う話もありました。

あとは、座席に案内してもらいメニューをみて注文するだけです。

メニューについて

お好み焼き以外にもステーキがあったり、串カツがあったりしますが3,400円あればかなりお腹いっぱいに食べることができます。

一番高いステーキで3,400円(税抜)だったような・・・


例えば、

  • 豚焼きそば:980円(税抜)
  • ミックスモダン焼き:1,380円(税抜)
  • 究極の豚玉:1,280円(税抜)
  • 大阪デラックス月見焼:1,680円(税抜)
  • 大阪デラックス雪見焼きそば:1,680円(税抜)
  • 餅チーズ玉:1,280円(税抜)
  • ねぎ焼きモダン:1,480円(税抜)
他にも、

  • たこ焼き:600円(税抜)
  • ぼっかけ牛バラそばめし:1,080円(税抜)
  • 細もやし焼きそば:1,180円(税抜)
  • ねぎ焼き:1,380円(税抜)
  • 元祖豚玉:980円(税抜)
  • ミックス玉:1,380円(税抜)
  • 大阪デラックスモダン:1,680円(税抜)
など、ここに記載の無いメニューもたくさんありました。

ドリンクも対象で、
  • 生ビール(小):380円(税抜)
  • 生ビール(中):580円(税抜)
など、アルコール類ももちろん対象です。

この時は、家族を伊丹空港まで送ってから、一人で関空まできたのですが、ぼてぢゅうに来るつもりはなかったのですでにたこ焼きと551の豚まんを家族で伊丹空港で食べたあとにも関わらず、シーフードミックス:1,380円(税抜)と唐揚げ:580円(税抜)を注文しました。




このあと、JALのサクララウンジも控えていたのでほどほどにして終わりましたw

味は普通に美味しくて、量やクオリティもPPのお客さんだから・・・と言うのはなさそうでした。

で、お会計は2,117円でしたが3,400円以内なので支払い不要でレジで伝票を見せるだけで終わりました。


ぼてぢゅうとPPの契約がどうなっているのか気になりますね。

PPのお客さんが増えたら、ぼてぢゅう的には美味しいのか美味しく無いのか。でも、美味しくなければすぐに辞めるはずなので、それなりに利はあるものと思われます。

プライオリティパス・ダイナースで関西空港のぼてぢゅうまとめ

関空のぼてぢゅうをプライオリティパスで利用してきました。

アメックス発行のPPは利用できなくなっていますが、それ以外のPPでは2019年8月以降も利用可能です。

これは関空を本拠地にしている人にとっては非常にありがたいサービスですね。

個人的には世界中のいろんなラウンジに行きましたが、ぼてぢゅうのサービスが一番嬉しいかもしれません(笑)

美味しい日本クオリティの食べ物を3,400円まで食べられるとか最高ですよね。

この時は家族は伊丹から国内線で別のところに行ったので、まずをそれを見送り、その足で関空に移動したので、5時間くらい前に到着して暇を持て余したのですが5時間前でもチェックインできました。(これが外国の空港だと、日系の航空会社の場合は3時間前にカウンターオープンが普通ですよね。)

そのおかげで、多少混雑していても行ってみようと思いぼてぢゅうに行ってきましたが、タイミングよく並ぶ必要はなく良かったです。

ぼてぢゅうでお腹いっぱい食べたあとは、サクララウンジで4時間ほどまったりして過ごしました。

コメント