タイ在住者限定プロモーションでお得に超一流ホテルのマンダリンオリエンタルやペニンシュラに宿泊しよう!






タイ在住者の間では結構知られているかと思いますが、マンダリンオリエンタルホテルバンコクやペニンシュラバンコクなど、超一流のホテルがお得に宿泊できるタイ在住者限定プロモーションなるものが存在します。


今回は、そのタイ在住者限定のお得なプロモーションについて紹介します♪

タイ在住者限定プロモーションで超一流のマンダリンオリエンタルホテルバンコク・ペニンシュラバンコクに宿泊しよう!


マンダリンオリエンタルやペニンシュラといえば超一流の高級ホテルですが、相対的にホテル代の安いバンコクでもそれなりの値段がします。でもせっかくバンコクにいるなら泊まって見る価値はあると思うので、バンコク在住の思い出にタイ在住者限定のお得なプロモーションを利用して宿泊しましょう。


タイ在住者限定プロモーションについて

タイ在住者限定プロモーションとは、ワークパミットやもしくは在タイを証明する査証の 保持者滞在が条件となります。

そのため、チェックイン時にワークパミットもしくは在タイを証明するパスポートの査証提示が必要となります。

その代わり、宿泊料金が通常より安いとか、スパやアフタヌーンティなどがついてきたりと、かなりお得なパッケージになっています。

私の知る限りでは、HISやJTBその他、タイで営業している旅行会社経由で申し込む必要があります。

そして、各社条件が微妙に違ったりするのでしっかり見比べて申し込むようにしましょう。

マンダリンオリエンタルバンコクのタイ在住者プロモーション

対象のホテルはいくつかありますが、個人的に一番宿泊したいのがバンコクのホテルでも最高峰と言っていい、マンダリンオリエンタルバンコクです。


チャオプラヤ川沿いにあり140年以上の歴史があるマンダリンオリエンタルホテルはバンコクにいる間に一度はぜひ宿泊して見たいホテルです。

宿泊したことはないですが、ちょっと遊びに行った際に夕方以降はドレスコードの記述があったりして、そんなホテルタイでは他に見たことないです(笑)

ただ、現在リバーウイング(新館)改装の為、全館クローズとなっており、プールが利用できないなどの制約があるのでお勧めできませんが、改装後は狙い目ですね!(改装予定:2019年3月1日~10月31日)

HISのプロモーションを紹介します。下記のプロモーションは4月から9月となっています。



  • 1泊から宿泊可能

    料金に含まれるもの
  • 2名様までの朝食(セット朝食・屋外はチャオ、屋内はオーサーズラウンジの一角にてそれぞれご提供)
  • 24時間のバトラーサービス
  • ウェルカムフルーツとお花
  • フィットネスセンターのご利用
  • 滞在中1回の90分のボートでのチャオプラヤー川の散策
    *チェックイン時にパスポート又は労働ビザのご提示をお願いさせて頂いております。
    *ガーデンルームのバスルームにはバスタブはございませんでシャワー室のみとなっております。
    *ガーデンルーム12部屋のうち4部屋のみがツインベットとなっております。
    *ガーデンスイートとアンバサダースイートの1ベットルームのベットはキングサイズベットのみとなっております。
    *いづれのお部屋のご滞在人数は最大2名様となっており、エクストラベット不可となります。

公式ページの価格とも比較しましたが、日付によっては公式ページの方が安いこともあるようなので、そこまでお勧めできる内容ではなさそうです。

ペニンシュラバンコクのタイ在住者プロモーション

このタイ在住者プロモーションで一番おすすめなのはペニンシュラバンコクのパッケージです。HISだけでなくJTBやパンダバスなど多くの旅行会社がパッケージを販売しています。


ペニンシュラバンコクもチャオプラヤ川沿いにあり、先ほど紹介したマンダリンオリエンタルバンコクの正面にあります。

ペニンシュラも同じくHISのプロモーションパッケージを紹介します。



  • 1泊から利用可
  • タイ在住者限定料金となります。チェックイン時に在住を証明するID証明書、ワークパーミット、パスポート「Oビザ、Bビザ」もしくは名刺をご提示ください。
  • 子供エキストラベッド利用代金:無料
    ※別途朝食代金が必要&特典は含まれません。エキストラベッドはベッドの空き状況により手配できない場合もあります
    ※グランドバルコニーはエキストラベッド不可&安全上の理由から子供滞在不可
  • ★特典(全て2名分)★ ※大人エキストラベッド利用代金には下記特典が含まれます
    アフタヌーンティーセット1回無料!(滞在中1回)
  • 【 下記特典から、1つ選択頂き予約時に申込下さい ※ 宿泊日数に関係なく特典は滞在中1つのみ ※ 】
    ・リバーカフェ&テラスでのディナービュッフェ 1回   ※子供利用代金:1,120バーツ
    ・ペニンシュラスパで、アロマテラピーマッサージ80分 1回 ※スパ特典は16歳未満は御利用頂けません

公式ページと価格を比較すると、だいたい同じ料金くらいなんですが特筆すべきは特典です!

★特典(全て2名分)★ ※大人エキストラベッド利用代金には下記特典が含まれます
アフタヌーンティーセット1回無料!(滞在中1回)

【 下記特典から、1つ選択頂き予約時に申込下さい ※ 宿泊日数に関係なく特典は滞在中1つのみ ※ 】
・リバーカフェ&テラスでのディナービュッフェ 1回 ※子供利用代金:1,120バーツ 
・ペニンシュラスパで、アロマテラピーマッサージ80分 1回 ※スパ特典は16歳未満は御利用頂けません

さらに、朝食も込みの価格になっています。

つまり、通常の宿泊料金に、
  • 朝食(2名分)
  • アフタヌーンティ(2名分)
  • ディナービュッフェ又はアロマテラピーマッサージ(2名分)
がついてくるので、かなりお得ですよね♪

ポイントは全て2名分というところでしょうか。

そして、ここで迷うのがアロマテラピーマッサージかディナービュッフェか、だと思いますが。

ここは迷わずアロマテラピーマッサージをオススメします!

というのもディナービュッフェの方はeatigoというアプリを使えば時間帯によっては半額で予約できちゃうのです。


つまり、ディナービュッフェはeatigoで50%オフで予約して全部楽しんじゃいましょう作戦です!
ただ、11月以降の宿泊の場合は下記のように条件が変わるようなのでご注意ください。

★特典(全て2名分)★ ※大人エキストラベッド利用代金には下記特典が含まれます 
スパギフトバウチャー800バーツプレゼント(滞在中に1回2名分、14歳以下の方は利用不可) 

【 下記特典から、1つ選択頂き予約時に申込下さい ※ 宿泊日数に関係なく特典は滞在中1つのみ ※ 】 
・リバーカフェ&テラスでのディナービュッフェ 1回 ※子供利用代金:1,120バーツ 
・アフタヌーンティーセット1回

11月以降はタイのベストシーズンなので条件が悪くなっちゃうのは仕方ないですかね。

ソネバキリのタイ在住者プロモーション

そしてもう1つタイで最高級のリゾートホテルといえばクッド島にある「ソネバキリ」です。



HISのページを見ていたらこのソネバキリもタイ在住者プロモーションがありました。

ソネバキリはホテル専用のセスナでスワンナプームから行くことができるのが特徴の最上級リゾートでその分お値段もかなりのものです。

以下HISのプロモーション価格です。



  • タイ在住者限定料金となります。予約の際に在住を証明するワークパーミットのコピーが必要です
  • 予約時に予約金として合計金額の50%が必要です(予約後の返金不可)
  • 到着日の14日前までに全額のお支払いが必要です(支払い後返金不可)
  • 上記料金は、2~3泊のパッケージ(2名分)料金となります。
    【パッケージに含まれるもの】
     ・ホテル宿泊費(2泊、または、3泊分)
     ・ホテル規定のフライトと乗り継ぎのボート(往復、混乗):スワンナプーム空港 - ソネバキリ間
     ・滞在中の朝食・夕食と夕食時のノンアルコールドリンク
     ・スパトリートメント1回(滞在中1回、お子様は御利用頂けません)
     ・ランドリーサービス
     ・ヴィラ内でのミニバー(ホテル指定のソフトドリンクとスナックのみ)
     ・チョコレートルームとアイスクリームパーラーの利用
     ・バトラーサービス

     ※上記子供朝食料金は7歳以上11歳以下の子供パッケージ料金
     ※6歳以下の子供パッケージ料金:9,700バーツ  ※2歳未満の宿泊:無料
     ※エキストラベッド料金&子供料金もパッケージが含まれます
     ※エキストラベッドはデイベッドとなり夜間になりましたらベッドとして利用します

かなりのお値段ですね。。送迎も込みのパッケージなので仕方ないかもしれません。。これなら普通にホテルを予約して自力でホテルまで行く方が経済的にはお得ですね。

これだけ出すならモルディブも視野に入ってきますが、満足度はどちらが上でしょうか・・・

年末年始のニューイヤー花火のホテルについて

最後に、タイ在住者プロモーションと直接関係はないですが年末年始のチャオプラヤ川のニューイヤー花火について紹介します。


上記の写真の左に写っているホテルは今回紹介したペニンシュラホテルです。

私は2019年のニューイヤーはシャングリラホテルのバルコニールームからど迫力の花火を鑑賞しました。

シャングリラバンコクは、今回紹介したペニンシュラの目の前、マンダリンオリエンタルの隣にあります。

昨年はアイコンサイアム のオープンイヤーということもあり、アイコンサイアムを中心にイベントが開かれシャングリラのバルコニールームは大正解の選択でした。

今年もイベントがあるかどうかはわかりませんが、アイコンサイアム中心にシャングリラ、ミレニアムヒルトン、ロイヤルオーキッドシェラトン、ペニンシュラ、オリエンタルホテルなどがファーストチョイスに入ってくるかと思います。



タイ在住者限定プロモーションまとめ

今回はHISのタイ在住者限定プロモーションを中心に紹介しました。

HISだけでなく他の旅行会社も扱っているので比較して吟味して見てください。

今回紹介しているホテル以外にも対象のホテルはありますが、私が見たところ一番お得感があり魅力的だったのはペニンシュラバンコクと思われます。

タイは比較的ホテル代がリーズナブルです。日本では、とても手が届かないホテルでもタイでは安く宿泊できることも多いです。

今回紹介したタイ在住者限定プロモーション以外でもチャオプラヤ川沿いには多くのホテルがあり、比較的リーズナブルな価格で非日常を味わうことができます。

バンコク在住者にオススメ!バンコクリバーサイドの豪華ホテルへ週末ショートトリップ

リバーサイド以外では、個人的にお気に入りはコンラッドバンコクですが1.5万円くらいから宿泊可能です。



コメント