話題の関空就航予定の最新機種!!カタール航空エアバスA350搭乗レビュー






最近JALの国内線にエアバスA350が導入されて話題になっていますが、カタール航空はA350のローンチカスタマーとして2015年には既にA350の営業運行を開始していました。


今回は、たまたま?そんなカタール航空のA350に4レグ搭乗してきたのでたっぷりとその様子を伝えたいと思います♪



【話題の関空就航予定の最新機種】カタール航空エアバスA350搭乗レビュー


ブロガー的にはいろんな機種に乗りたかったんですが、日程重視で航空券を予約した結果、全てA350になりましたwでも、4回も続けてのると同じA350-900でも内装の違いなどがわかって良かったです♪

A350について

今回紹介するA350とはエアバスのライバルのボーイング社のB787の対抗機種で「787と同等以上の性能の機体を、より安価で容易に開発する」というコンセプトのもと開発された最新機種です。

A350の特徴としては、軽量化を実現し、低燃費だけでなく静音性や湿度など快適性の面でも従来の機体の比較して大幅に改善されており、快適性能を追求しています。

現状は、B787の方が早く市場に出ていることもあり、多く出回っているが今後A350も巻き返しをはかり、 B787と同様に世界の航空機市場の主役をになって行く存在です。

A350-900とA350-1000がありますが、A350-900(全長66.8m)の胴体を長くしたのがA350-1000(73.8m)となっています。

ちなみに新しいA350-1000もカタール航空がローンチカスタマーです。

エアバス社のA350とA380についてまとめた下記の記事もあわせてご覧ください。

最新鋭エアバスA380とA350のビジネスクラスからエコノミークラスまで徹底解説します!

最近ANAがハワイ線にFLYING HONU(フライングホヌ)ことスーパージャンボのエアバスA380を飛ばし話題になっています。
A350の見た目の最大の特徴は操縦席の部分でたぬきさんのような目に見えます。あとは、翼の先端が曲がっているのも特徴的です。


カタール航空のA350について

冒頭にも書いた通り、中東の雄カタール航空はエアバスの最新機種A350のローンチカスタマー(最初に営業運行を始めたお客さん)です。

古くは2015年1月15日、カタール航空がドーハ-フランクフルト線で世界初の営業運航を開始しました。

私が今回乗ったのはJALが導入しているA350-900ですが、A350-900の胴体を少し長くした、最新のA350-1000も導入済みです。

そして、なんとカタール航空は2019年9月時点で、エアバスA350-900を36機、A350-1000を9機も所有しているんですね!!


さすがは財政的に余裕があるのか、最新機種を積極的に取り入れているので、JALやANAもいいですが、カタール航空やエミレーツといった中東の航空会社を利用して経由便でヨーロッパなどに行くのも楽しいですよ♪

今度、関空からドーハに就航予定のカタール航空ですが、今回紹介するA350-900と発表されています♪
The flight will be operated by an Airbus A350-900 aircraft, featuring 36 seats in Business Class and 247 seats in Economy Class. The operation will initially begin with a five times weekly service, increasing to a daily service from 23 June 2020.

搭乗した便(QR827、QR301、QR172、QR838)

今回はタイのバンコクから、ドーハを経由してヘルシンキに行き、ヘルシンキからストックホルムは船で移動し、その後にストックホルムからドーハ経由でバンコクに戻りました。
  • バンコク-ドーハ(Q827)
  • ドーハ-ヘルシンキ(QR301)
  • ストックホルム-ドーハ(QR172)
  • ドーハ-バンコク(QR838)
この全ての飛行機がたまたま全てA350でした!

往路のQR827は、バンコクを朝に出発してドーハに朝に到着します。ドーハで一泊したと、QR301は朝にドーハを出発してお昼すぎにヘルシンキに到着しました。

帰りのQR172はストックホルムを夜に出て早朝にドーハに到着して、ドーハを午前中のうちにQR838で出発して夜にはバンコクに到着する旅程でした。

同じA350-900でもシートタイプが異なっていました。例えばわかりやすいところでは、ビジネスクラスはQsuiteの機体もあれば、同じカタール航空のB787やA380にも採用されているヘリボーン式のフルフラットシートもあったりするのでビジネスクラスを予約する時は好みに合わせて狙って予約する必要がありますね!

座席配置

カタール航空A350の座席シート配置を紹介します。

A350-900


A350-900 シートピッチ シート 座席数 座席タイプ
ビジネスクラス 50インチ 22インチ 36 180度フラットタイプ
エコノミークラス 31 / 32インチ 最大18インチ 247 6度リクライニング

こちらが一番スタンダードなタイプでビジネスクラスがヘリボーン式のシートです。


A350-900(Qsuite)


A350-900(Qsuite)
シートピッチ
シート幅
座席数
座席タイプ
ビジネスクラス
103インチ
21インチ
36
180度フラットベッドタイプ
エコノミークラス
31 - 32インチ
16.9 - 17.4インチ
247
5度リクライニング

Qスイートは個室になるタイプです!一度は乗って見たいですね!今回乗った4区間でQスイートの機材は1区間だけでした。


A350-1000(Qsuite)


A350-1000(Qsuite) シートピッチ シート幅 座席数 座席タイプ
ビジネスクラス 103インチ 21インチ 46 180度フラットベッドタイプ
エコノミークラス 31 - 32インチ 16.9 - 17.4インチ 281 5度リクライニング

A350-1000は900より胴体が長いので座席数が多くなっています。

A350エコノミークラスについて

エコノミークラスの搭乗レビューです。

シートはさすがはまだ新しい機体なので綺麗で気持ちよかったです。




ヘッドレストは高さが調整できるようになっています。



他にもちょっと違うタイプのシートの場合もありました。(QR301だけが下記のシートタイプでした。)




液晶モニターも大きくてタッチパネルの反応もよくて子供とずっとゲームで遊んでました♪


特にアングリーバードのゲームが面白くて子供とずっとやってました♪


この無線のようなマークは何をするところなんでしょうか?


ちなみに、上記はQR827とQR172のシートですが、QR301、QR838は下記のような液晶付きのリモコンがついていました。世代?の違いでシートも微妙に違うようです。




設備は新しくシートピッチも狭くないので快適に過ごすことができました。

機内食について

今回は6時間のフライトが計4回でしたが、食事が一回と軽食が一回毎回提供されました。

子供は、あらかじめキッズミールをリクエストしていました。

タイ発の飛行機のケータリングはタイ航空のケータリングサービスなんですね。


キッズミールはカバンのようなケースに入って提供されます。



キッズミールを指定しておくと、軽食のスナックもキッズ仕様でした。


こちらが大人用の食事メニュー(QR827)です。


下記はチーズオムレツです。豆が中東っぽさを演出してくれてますね。


お粥も美味しかったです。


ドーハ-ヘルシンキのQR301の食事メニューはこちらです。

せっかくなら中東っぽいものをということで、注文したのがベイクドバナナとです。


こちらがライトスナックです。


ストックホルム発ドーハ行きのQR172のメニューはこちらです。


このフライトは爆睡してしまったのでご飯を食べてません、、代わりに次のドーハ-バンコクのQR838の食事はこんな感じでした。





飲み物メニューは下記の通りで、ビールやワインをはじめ結構種類が豊富ですね。


カタール航空のA350のビジネスクラスについて

この時は、エコノミークラスの搭乗でしたが、ビジネスクラスは乗客がガラガラで乗り降りの際に写真を撮ってきました。

カタール航空のA350には前述の通り、ヘリボーン式のフラットシートと、Qスイートというタイプのビジネスクラスがあります。








こちはQスイートです。かなり個室感ありますね!


ツイッターで指摘いただいたのですが、この座席は後ろ向きみたいですね。確かに、そう言われてみれば反対向きだったような気がします。


エコノミークラスから見ると、漫喫の個室のようにも見えます(笑)


Qスイートはまだ経験がありませんが、飛行機内にラウンジのあるカタール航空のA380のビジネスクラスはこのあいだの旅行で経験してきました。

えっ!機内にラウンジ?!カタール航空A380ビジネスクラス極上の空の旅

ボーイング社の最新機種B787のビジネスクラスも同じ時に搭乗してきたました。

世界一のビジネスクラス!カタール航空のB787-800(QR827)搭乗記

両方ともヘリボーン式のシートタイプですが快適そのものでした。

カタール航空ではないですが、同じくA350のビジネスクラスはタイ航空で先日のヨーロッパ旅行の際に乗りました。
以前カタール航空のビジネスクラスを利用した際は、30分が無料でしたがエコノミークラスでも、機材によっては無料分がついてくる場合がありました。


4回の搭乗のうち、2回が「Complimentary Super Wi-Fi Internet」が利用可能でした。

60分と書かれていますが、実際には8MBしか使えないので結構すぐになくなっちゃいました。



こちらのページにComplimentary Super Wi-Fi Internetの該当便が記載されていますが、自分の乗った便が入ってないような・・・

カタール航空エアバスA350搭乗レビュー

今回はカタール航空のA350の搭乗レビューを紹介しました。

新しい機材は気持ちいいですね♪

バンコクからヨーロッパは、直通便の場合は10時間くらいですが、ドーハ経由の場合は6時間のフライトが二回になります。

直行便は手っ取り早く目的地にいく魅力がありますが、経由便は経由の土地を観光できたり、細かくフライトを刻むことで、時間はかかりますが負担を分散することもできます。

特にカタール航空はドーハでの乗り継ぎを充実させるために、格安のツアーやホテルなど魅力的なオファーを提供してくれています。

この時も、わずか28ドルでマリオットに宿泊してきました!

なかなかドーハをメインにいくことはないかと思いますが、乗り継ぎのついでにドーハ市内を観光するのもいいですよ♪

旅の第一歩!カタールのドーハ空港と市内のアクセス・両替・SIMの購入方法を徹底解説!

今回はエコノミークラスの搭乗でしたが、次に行く時は是非Qスイートに乗ってみたいですね!!

コメント