景色が素敵なヒルトン・ヘルシンキ・ストランドのエグゼクティブラウンジを紹介します!






景色が最高のヒルトン・ヘルシンキ・ストランドのエグゼクティブラウンジの紹介です。


ヘルシンキ観光の拠点に選んだヒルトンヘルシンキストランドですが、ゴールドメンバー特典のおかげでエグゼクティブフロアにアップグレードしてもらい、エグゼクティブラウンジを堪能してきました。

ヒルトンヘルシンキストランドには4泊してラウンジをたっぷりと堪能してきたので紹介したいと思います。


ヒルトン・ヘルシンキ・ストランドのエグゼクティブラウンジを紹介します!


物価の高い北欧でラウンジは重宝しました。夜のカクテルタイムの食事は充実している訳ではないですが拘らなければ十分一食分として食べることができて、食費を節約できました。

ヒルトン・ヘルシンキ・ストランド

ヒルトンヘルシンキストランドは、ヘルシンキに3つあるヒルトンのうち、もっとも中心部に位置ていて、観光には最高の立地です。

ヒルトンヘルシンキストランドの宿泊レビューは下記にまとめています。


エグゼクティブラウンジ


ヒルトンヘルシンキストランドのエグゼクティブラウンジは、7Fのエグゼクティブフロアにあります。

このラウンジの特徴は何と言ってもシービュー(リバービューっぽいですが海みたいです)の景色です。ラウンジからのんびりしたヘルシンキの景色を眺めながらゆったり過ごすことができます。

普段はラウンジ内にスタッフはいないので、ラウンジには入り口でカードキーをかざしてロックを解除して入場します。

エグゼクティブラウンジのサービス内容

オープン時間は6時〜23時です。

ヒルトンヘルシンキストランドのラウンジでは、
  • 朝食:8am - 10:30 am
  • オードブル(カクテルタイム): 5pm - 7pm
の2回食べ物が提供されます。

残念ながらアフタヌーンティのようなおやつタイムはありませんでしたが、ソフトドリンクとスナック菓子やクッキーが常に提供されているので、いつでも小腹を満たすことができます。

朝食はこれならラウンジで朝食食べる人いないんじゃないか?感じの料理だったので下の通常の朝食会場で食べるがベターです。

オードブルは、いわゆるカクテルタイムですがアルコールが飲み放題で、食事は現地のフィンランド料理が毎日日替わりで振舞われるので、ここで夕食を済ませようと思えば十分でした。(日替わりでフィンランドの名物料理が少し出るので良かったです。)

ラウンジ内の様子

ラウンジ内は比較的こじんまりしていて、受付等はありません。トイレはラウンジ内にもありました。

入ってるすぐに見えるのがこちらの景色です。


真ん中と右、左の3つに小さく別れています。

左から見るとラウンジ内はこんな感じで広くはないです。


正面から入って右側のこの奥のスペースで食事が提供されます。


左側のスペースはこんな感じです。




 ベランダにも出ることができて、そちらにもテラス席が少しだけ用意されてます。



こんな素敵な素敵な景色を眺めならのコーヒーは格別でした♪


通常時間帯(コーヒー/ソフトドリンク・スナック/クッキー類)

コーヒーやソフトドリンク、スナックやクッキーはラウンジの営業時間中いつでも飲み食いができます。


上記の写真の通り、このスナック類が充実していてちょっとした休憩に重宝しました。街中でコーラ買うと200-300円くらいしますからね。。


コーヒーはカップも用意されていて、部屋に持ち帰ることもできました。子供用にホットチョコレートもありました。

ソフトドリンクもそれなりに充実しています。




これだけでも、ラウンジを使えて良かったと思えると思います。

ラウンジ朝食の様子

朝食はラウンジでも提供されています。

が、前述の通り種類が少なく、これなら絶対にロビー階の朝食会場で食べた方がいいと思います。


ゴールドメンバーの場合は、朝食が無料で付いてくるのでラウンジで食べることはなかったです。


オードブル(カクテルタイム)

メインはオードブルの時間です。

いわゆるカクテルタイムですが、アルコールは飲み放題自由で食べ物も十分お腹いっぱいになるものが提供されていました。

まずはアルコールですが白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインがありました。


ウォッカやウィスキーもあります。


見切れていますが、下記の写真の下の段にビールもありました。


お酒の充実度はそこまで高くないかもしれませんね。

次に食事メニューの紹介です。

スナック系は普段から置かれているものと同じラインナップです。

このポテチが美味しくて食べ過ぎてしまいました。


チーズや前菜系です。デザートもありました。




別の日のデザートはこんな感じでした。


メインも日替わりでお肉系が二品ずつありました。

ボリューム満点のミートボール。


紅芋は名物なんですかね?


別の日はチキンソテー?に、


またまた紅芋の組み合わせでした。


しっかりと北欧系の料理が毎日振舞われました。

せっかくの旅行なので、豪華にレストランに食事に行くのももちろんありだと思いますが物価の高い北欧ではラウンジでさらっと食事を済ませて、そこから再度観光に行くのもありですよね。


北欧の夏場は日照時間の長いので、オードブルの時間が終わっても十分に観光することができました。

ヒルトン・ヘルシンキ・ストランドのエグゼクティブラウンジまとめ

今回はヘルシンキの中心部にあるヒルトン・ヘルシンキ・ストランドのエグゼクティブラウンジを紹介しました。

私はラッキーでヒルトン・オナーズのゴールドステータスのおかげでエグゼクティブフロアをにアップグレードしてもらえました。


この時は家族3人で宿泊して一泊わずか100ユーロでラウンジアクセスも付いてきて快適に過ごすことができました。

ヒルトンゴールドステータスの場合は、必ずエグゼクティブフロアにアップグレードしてもらえる訳ではないので、差額が少なければ最初からエグゼクティブフロアを予約したりeStandby Upgradesでリクエストを入れておくのもいいかもしれません。

コメント