Eクラスベンツにも乗れちゃう?!ストックホルムでBolt Taxifyが活躍!1000円以上の割引クーポンも使えます!






スウェーデンの首都ストックホルムで配車サービスのBoltを使ってきました。



Boltは日本人には馴染みのないサービスですが、UberやGrabと同様の配車サービスでIT先進国として有名なエストニアのタリン発のユニコーン企業です。

東欧のUberとも呼ばれています。

これまでに、ハンガリーの首都ブタペストやエストニアのタリンで利用して来ましたが、ストックホルムでも活躍したので紹介します!


Eクラスベンツにも乗れちゃう?!ストックホルムでBolt Taxifyが活躍!1000円以上の割引クーポンも使えます!


スウェーデンではBoltを3回利用しました。最初はプリウス、2回目は運転手が場所がわからずにキャンセル、3回目はEクラスベンツが来てびっくりしました。Boltはスウェーデンでは比較的台数もいて問題なく利用できました。

Bolt(Taxify)について

いわゆるタクシー配車アプリサービスの一つで、UberやGrabと同じと思っていただけばいいと思います。

前述の通り、エストニアの首都タリンに本社を構え、わずか130万人の人口しかいないエストニアにおいて4つもあるユニコーン企業のうちの一つです。

提供エリアはヨーロッパが中心で、白タク規制がある国の場合はタクシーとうまく連携して事業を展開しています。

Boltの使い方

使い方については、以前ハンガリーで利用した際の記事に詳細にまとめているのでそちらをご参照ください。

スウェーデンでは初回登録プロモーションがお得

Boltは初回登録時に、紹介コードを入力すると初回登録プロモーションクーポンをゲットできます。

その金額は国によって異なりますがスウェーデンでは100SEKと日本円にして1,150円くらいのクーポンとして利用できます。

流石に北欧ということでスウェーデンのタクシー代は高いですが、この割引クーポンを使えばお得に利用することができます。

というのも、Boltの登録には電話番号が必要なので、現地で利用可能なSIMカードが複数枚あれば、複数回登録することができて、その分だけ割引コードを利用できます。

しかも、紹介者側にもクーポンが入るので、家族やお友達とうまく紹介し合えば旅行中に十分使えるくらいのクーポンをゲットできますよね!

例えば、あなたが初回するときはネットで拾って来たクーポンコードを使って登録1個目のクーポンをゲットできます。

そしてお友達や家族の分はあなたの紹介コードを使って登録することで2個目、3個目のクーポンゲットできます。

あとはSIMカードを複数持っている場合は、その数だけゲットできます。

運転手さんから電話がかかって来たりすることを考えれば、現地で利用可能なSIMカード分登録するのがベターですで。

でも、例えば現地でローミングしていないSIMカードでもSMSで認証コードが受信できれば、現地で利用可能なSIMと組み合わせればなんとかできますよね。(くれぐれもローミングによる高額請求は避けましょう。)

プロモーションコードは下記の画面から入力します。





初回プロモーションコードがない場合は下記をご利用ください。

HZVCG

お友達や家族を紹介する場合は、ご自分のコードを使うのを忘れずに!

Boltを使うためにはローミングは必須!

Boltなどの配車アプリを使うためには、通信がが必要です。

最近は、海外旅行の時にスマホが必須になりつつあるので、みなさん準備していかれると思いますが、私はいつもSIM2Flyというタイの海外ローミング用SIMを使っています。

LINE Payでトップアップ可能!海外旅行の強い味方格安のローミング最強SIM「SIM2Fly」を徹底解説

世界中で使うことができる格安SIM「SIM2Fly」を紹介します。 これまでSIM2Flyといえば、トップアップがタイ在住者以外には使いにくい仕様だったのですが、 LINE Payで日本にいながらでも簡単にトップアップできるようになった ので紹介したいと思います。
このSIMは、国を跨っても同じプランで使え、格安なので重宝しています。このSIMを使い始めてから、空港についてからSIMカードのカウンターを探すことも無くなりました。

ストックホルムのBolt事情

ストックホルムではUberも普及しているようですがBoltもそれなりに普及していました。

お隣のヘルシンキでもBoltはサービス展開されているはずなのですが、全然車両がなくてリクエストしてもマッチングしませんでした。

アプリで確認する限りは、それなりの台数がいたように思います。そして、渋滞が少ないので配車リクエストして、マッチングした車両が多少遠い場所でも到着するまでが早く感じました。


ただ、時間帯によってはアプリで確認しても周辺に車両が見当たらないこともありました。

私が利用したときは、タクシー登録された車両が来たので白タクではなかったです。

フェリーターミナルから市内までの移動

では実例を交えて紹介します。

ストックホルムにはヘルシンキからタリンクシリヤラインというフェリーで港のヴァルタハムネンターミナル到着しました。

そこから宿泊していたヒルトンスルッセンまでBoltを利用しました。


需要が集中していたため価格がちょっと高めで186SEKでした。

それに初回登録プロモーションを利用して86SEK(約1000円)で利用できました。


来たのはこちらのプリウスですが、大きいスーツケース2つと小さいスーツケース1つも難なく入りました。


あとは、車両に乗り込んで乗っておくだけで、登録済みのクレジットカード払いなので支払いも不要です。


ヘルシンキからストックホルムまでのフェリーの様子は下記の記事をご参照ください。

ストックホルム市内の移動(キャンセルw)

次に利用しようとしたのが、ホテルから市内観光名所への移動です。


この時も需要が高騰していましたが、プロモーションコードが利用できたのでわずか17ユーロです。

最終的に、何度か価格をチェックし直してプロモーションコードを適用して8SEKになりました。この手のアプリは、こまめに価格が変動するので、タイミングも重要になって来ます。


マッチング自体はすぐに完了したのですが、宿泊したヒルトンストックホルムスルッセンはちょっと奥まった場所にあるため、運転手さんが道がわからずにたどり着けずw

何度か電話とメッセージでやりとりしましたが、キャンセルしてくれと連絡が来ました。

こちらからキャンセルするとキャンセル費用がかかるのも嫌だったのですが、そのままでは身動き取れないので、運転手さんからの「キャンセルしてくれ」というメッセージをキャプチャして、キャンセルしました。

結局、キャンセル料は掛かっていませんでしたが、キャンセル料を請求された場合はそのキャプチャをサポートに送るつもりでした。

この時の運転手さんの評価が悪かったのですが、やっぱりなという感じでした。評価は大事ですね。


ストックホルム市内から空港までの移動

そして最後に利用したのが、ホテルからストックホルム・アーランダ空港までです。

ストックホルムの空港はちょっと離れた場所にあり、市内から車で30-40分かかります。

電車も市内の乗り放題チケットとは別なので料金がそれなりに必要で、宿泊していたスルッセンからだと乗り換えも必要です。

スーツケース3つと子供を連れての移動は大変なので、ここでもBoltを利用しました。

ここでも100SEKのプロモーションコード適用で389SEKです。

タクシーよりも安く、家族3人でタクシー移動と考えればお得だと思います。



ここで注目して欲しいのが車種です!

なんとメルセデスのEクラス!

本当に来るのかな?と思ったらやって来ました!!


おぉ、確かにEクラスです。


そしてハイブリッド!


吸い付くような加速時の乗り心地は最高で、空港までの30分ほどの道のりもあっという間でした。もっと乗っておきたかった。

後部座席はシートをアレンジするとキッズシートに早替わりで、背が高くなるので子供も喜んで乗っていました。


ストックホルムでBolt まとめ

物価の高いストックホルムでもプロモーションを上手に利用することで、Boltを使ってタクシー代を節約できました。

ストックホルムではUberも利用可能ですが、Boltも割引幅が多く、それなりに車両もいて便利に利用できました。

一回だけキャンセルを強要されて残念な結果になりましたが、課金されることもなくキャンセルできました。

一度使ってみれば、その後もスムーズに利用できるので、機会があればストックホルムでBoltを試してみてください。


ストックホルム市内の公共交通機関については下記の記事をご参照下さい。
ストックホルム観光に最適!公共交通機関の乗り放題パス「トラベルカード」の購入方法・使い方を徹底解説!!

コメント