Grabを日本で使おうとしたら使えなかった・・・、その回避策は?!






2019年11月からGrabが日本でも使えるようになりました。


先日、日本に帰ったタイミングでせっかくだからGrabを日本で使ってみようと試してみましたが制限があり使えませんでした。

私は普段からガンガンGrabを使っているのでそのまま日本でも使えると思っていましたがダメでした。

今回はその原因と回避策を紹介したいと思います。

Grabを日本で使おうとしたら使えなかった・・・、その回避策は?!


今回使ってみようと思いましたが、日本人向けではなく、訪日外国人向けなので日本人が日本でGrabを使うハードルが高いことがわかりました。

Grabとは?

東南アジアで配車サービスを提供しているアプリです。

もはや東南アジア旅行ではなくてはならない存在になっています。

Uberの東南アジア版と思っていただければわかりやすいと思います。

登録方法や使い方は下記の記事をご参照ください。


日本ではJapanTaxiと連携!

そんなGrabは東南アジア向けにサービスをしており、日本では利用できませんでしたが、2019年11月にJapanTaxiと連携を発表して、日本でもGrabアプリでタクシーを呼ぶことができるようになりました。


と言ってもターゲットはあくまで訪日する東南アジアの方達が対象で日本人向けのサービスではありません。

そのために、今回紹介する問題があるのかなと思います。

Grabを日本で起動してみた


Grabを東京で起動してみました。


上記の通り、「Transport」と「Hotels」が使えるようです。

いつもと同じ要領で「Transport」からピックアップ場所と行き先を入力することろまでは問題なくできました!

エラーで配車リクエストができない

が、そこから配車リクエストのボタンを押してみましたがエラーが出て次に進めません。。



Sorry, you can't book a ride now
Your GrabPay Wallet isn't setup, which you need for rides outside Southeast Asia

支払い関係でエラーが出てしまいます。

私はすでに支払い方法にクレジットカードを登録していますが、東南アジアのエリア外でGrabを使うにはそれだけでは不十分なようです。

エラーの回避方法

エラーの回避方法は、結論から言うと「GrabPay Walletに事前にトップアップしておく必要がある」ようです。

日本でGrabを起動した時のトップ画面に「Ride Abroad with Grab [Beta]」と言うのがあったので、そちらを確認してみました。



上記によれば、事前にGrabPay Walletに残高をトップアップしておかないと、日本ではGrabを利用できない仕組みになっているようです。

私はタイをはじめ東南アジアではGrabをしょっちゅう使っていますが、クレジットカード払いにしており、GrabPay Walletの登録はまだ行なっていません。(GrabPayはいわゆるPayPayやauPayのようなキャッシュレス決済の一部です。)

タイでGrabPay WalletはK PlusというK Bankのアプリで行う必要があり、まだ登録していないために、日本でGrabを使うことができませんでした。

つまり、現地に住んでいてもこの部分は若干ハードルが高いので、日本に住んでいる日本在住者にとってGrabを日本で使うのはかなりハードルが高いです。

そもそも、Grabを使うメリットがないのと、JapanTaxiなどとの取り決めで、訪日外国人むけのみにサービスを展開すると言う取り決めがあるのかもしれません。

Grabを日本で使う方法まとめ

Grabを日本で使うためにはGrabアプリをダウンロードしてアカウント登録するだけでなく、
  • GrabPay Walletを設定して、事前に残高をトップアップしておく必要がある
と言うことがわかりました。

現時点では、GrabPay Walletの設定をしていないので、残念ながら日本でGrabを使ってみたレポートができませんでしたが、同じく使おうと思っている方のために回避策をまとめました。

今度、時間があればGrabPay Walletに登録して「日本でGrabを使ってみた!」と言う記事がかけるようにしたいと思います。

ちなみに、Grabを東南アジアで使うために、事前に日本で登録しようとするとクレジットカード登録がエラーで弾かれますが、その解決策については下記の記事をご参照ください。


コメント