速攻レビュー!!GoToトラベルの地域共通クーポンを使ってみたので使い方を紹介します!






10月1日から東京もGoToトラベルのキャンペーン対象になり、さらに地域共通クーポンの配布が開始されました!

いよいよGoToトラベルが本領発揮です!


週末ただ遊びに行くつもりがホテルが安すぎてついつい宿泊することに(笑)

おかげで地域共通クーポンをゲットして使ってきたので使い方を紹介します!

速攻レビュー!!GoToトラベルの地域共通クーポンを使ってみたので使い方を紹介します!

完全のGoToの罠にはまってます(笑)GoToトラベルにGoToEatフル活用してきましたw

地域共通クーポンについて

これまでのGoToトラベルキャンペーンは本来の旅行代金の50%給付のうち、旅行代金割引分の35%割引のみ適用されていましたが、残りの15%の地域共通クーポンの配布が始まりました。
  • 旅行代金の15%相当額を地域共通クーポンとして、旅行者に配布します。(1,000円未満の端数が生じる場合には四捨五入(端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンを付与)します。)
  • 旅行先の都道府県+隣接都道府県において、旅行期間中に限り使用可能です。
  • 紙クーポン、電子クーポンの2種類があり、お釣りは出ません。
  • 旅行業者・宿泊事業者より配布します。

これで、やっと完成形のGoToトラベルが始まりました!

対象利用期間

気になるクーポンの期限ですが、
  • 宿泊旅行の場合:宿泊日とその翌日
  • 日帰り旅行の場合:旅行当日
と、かなり短くなっているので、しっかりと使い道を考えておかないと、高額の地域共通クーポンをゲットした場合には使うのに忙しくなってしまうので注意が必要です(笑)

地域共通クーポンが使える場所

クーポンが使える場所は下記のサイトから地図上で確認できます。


まだまだこれから対象店舗は増えて行くと思いますが、コンビニやドラッグストアも入っているので困ったらその辺りで使えば良さそうです。(まだまだ飲食店が少ない印象です。)

ビックカメラでも使えるので、大量にゲットした場合は電化製品で消化もありですね!(でも、地域共通クーポンっていうくらいだからもうちょっとローカルなお店が使えるようになってほしい・・・)

一覧で見たい!という場合は、下記からPDFで地域クーポン取扱店舗一覧がダウンロードできます。が、、範囲が広域すぎてファイルが重たいのでイマイチでしたw

※紙クーポンと電子クーポンの両方があるのですが、紙クーポンしか使えないお店もあったりするのでご注意ください。現時点では紙クーポンしか使えない店が多いです。

チェックイン時にクーポンゲット!

今回は”じゃらん”でホテルを予約したので、じゃらんのQRコードを宿泊施設で提示するき満々でしたが・・・


チェックインの際に、何も提示しなくても、GoToトラベル適用なので・・・ということでクーポンをもらうことができました。

じゃらんの場合は紙クーポンでした!(一休での予約は、電子クーポン見たいですね。)


有効期限は手書きですね。

チェックイン日からチェックアウト日までが有効期限になります。

こちらがクーポンの裏面です。


クーポンが使えるお店

クーポンが使えるお店にはポップが出ていました!



電子クーポン・紙クーポンそれぞれ使えるかどうかが記載されています。





早速クーポンを使って見た!

GoToEatで予約してあったお店がたまたま、地域共通クーポンが使えるお店だったので使ってきました!

お店は電子クーポンでも紙クーポンでも使えるお店だったのですが、紙クーポンだったのでスムーズにお支払いが完了しました!

ビックカメラでも使えますがしっかり、クーポン利用でもポイントが貯まるそうです。

地域共通クーポンの使い方まとめ

クーポンはチェックインの時に渡され、使えるお店もポップが出ていたので思ったよりスムーズに使えました。

今回は紙クーポンでしたが、電子クーポンの方がまだまだ使いづらいという話もありますが、紙クーポンはいたってスムーズに利用できました。

GoToトラベルやGoToEatとこれからはしばらくGoTo三昧になりそうです(笑)

この時のGoTo三昧は下記の記事をご参照ください↓↓

コメント