ハワイで特典満載のダイナースクラブカードが大活躍!


ダイナースクラブカードがハワイ旅行で大活躍しました。



お得クーポン等のはいろんな情報が公開され尽くしている感がありますので今回はダイナースクラブカードの有効活用方法を紹介したいと思います。

実際に、ダイナースクラブカードを提示するだけでHISのLeaLeaトロリーが使えることは知られていますが、その場合カードホルダー分しかもらえません。

例えば、子供がいる場合どうすればいいかなどに絞って紹介したいと思います。

ダイナースクラブカードがハワイ旅行で大活躍!

私は日本円のメインの決済カードはダイナースクラブカードを使っています。

ダイナースクラブカードといえば、私が住んでいる東南アジアでは滅法使えません(笑)

でも、年会費が無料のカード(一定の条件を満たす必要有り、詳細はコチラをご参照ください。)としては特典が満載です。

しかし、最近はダイナースクラブカードの改悪が続いており、あまりいい印象はないのですがハワイ旅行では大活躍でした。

ハワイ旅行といえばJCBカードですが、ダイナースクラブカードも充実のサービス内容でした。

HISのレアレアラウンジ(LeaLeaラウンジ)が使える

ハワイといえばJTBやHISの大手旅行会社が独自のラウンジやトロリーを使って、顧客の買い込みを図っています。

ダイナースクラブは独自のラウンジを運営する代わりに、HISのレアレアラウンジが使えちゃいます。

レアレアラウンジの詳細は下記の公式ホームページが充実していますのでそちらをご参照ください。


場所は、ワイキキのど真ん中ロイヤルハワイアンセンターB館の3階にありました。

ダイナースクラブカードがあると、カード会員1名(本会員・家族会員が対象)につき、同伴者は4名まで使えるそうです。

HISのレアレアトロリー(Lea Leaトロリー)の1日乗り放題レギュラーパスが貰える!

さらに、HISのレアレアトロリーの一日券乗車券をレアレアラウンジに行くともらうことができます。

一日乗車券は1日に一回滞在中何度でももらえますから、実質毎日利用することが可能です。

毎日レアレアラウンジに交換に行く必要はありますが、何度でも貰えるのはありがたいですね。

1日乗り放題レギュラーパス

JCBを提示すればワイキキトロリーのピンクラインが無料で乗れるよ?!と思った方も多いかと思いますが、ダイナースクラブカードの提示でもらえるレアレアトロリーの一日乗車券ですが、ピンクラインとは比べ物にならないくらい多くの路線に乗車可能です。

ただし、レアレアトロリーの全線に乗車可能ではありませんのでご注意ください。私がもらった時は、イースト・コースト・ラインとワイケレ・モアナルアラインは使えませんと言われました。

レギュラーパスの1日券相当になります。



このレアレアトロリーの一日乗車券があれば、ハワイ旅行で大活躍間すること違いなしです。

ただ、ダイナースクラブカードの提示でもらえるレアレアトロリーの乗車券は、本会員と家族会員のみです。

子供がいたり、他の同行者がいる場合はどうするか?

子供向けの1日乗車券は15ドルで販売しているとHISのカウンターで教えてもらいました。(大人も同額かは確認してません。)

まあ、使いこなすなら15ドルは決して高くないですが、ちょっと勿体無い感じがしますよね。

ダイナースクラブカードとLeaLeaマガジンの組み合わせ

そこでLeaLeaマガジンというHIS発行の雑誌を有効活用します。と言っても、ワイキキなんかで配布されているフリーペーパーではなく、日本で発売されている雑誌です。

このLeaLeaマガジンの付録にLeaLeaトロリー1日乗車無料引換券が巻末に付いています

このクーポンを先ほどのレアレアラウンジに持っていけば、1日乗車券に交換してもらえます。(このクーポンの交換だけであれば、ホテルなんかにあるHISレアレアカンターで交換してもらえるそうです。ダイナースクラブカードを提示しての交換は、レアレアラウンジに行く必要があります。)

雑誌の値段が620円なので、それでレアレアトロリーの1日乗車券がもらえるならお得感満載ですよね。

レンタカー借りたり、ワイキキ以外にも行くので短期間だけトロリーを使いこなしたいとか、今回の私たちのように子供の分だけレアレアトロリーの一日乗車券を安く手に入れたいと言った場合はかなり有効かと思います。

難点は出発前に日本で雑誌を購入しておかないといけない点ですが、ハワイの情報も乗っているようなので情報収集がてら買うのはありだと思います!!

空港無料手荷物宅配でお土産も自宅まで無料で宅配

まだまだ他にもダイナースクラブカードの特典はあります。

ハワイ旅行といえばお土産ですが、日本の空港に着いてから自宅まで無料でスーツケース1つを自宅まで宅配してくれます。
サービス内容
ダイナースクラブカードと国際線搭乗券をご提示いただくだけで、カード会員様1名につき下記サービスをご利用いただけます。
  • 海外からご帰国の際に、スーツケース等のお荷物1個を対象空港からご指定の場所までお届けします。
対象空港
成田空港(第1・第2ターミナル)、羽田空港国際線ターミナル、関西国際空港、中部国際空港
ご利用条件
海外からご帰国の際に、空港からご自宅・ご勤務先など、ご指定の場所へお荷物を宅配します。
ご利用区間は対象空港からご指定場所のみ、カード会員ご本人様お一人様1個までとなります。
  • ※コーポレートカード会員様は本サービスの対象外となります。
  • ※手荷物宅配サービスの対象となるお荷物は縦×横×高さ3辺の和が160cm、かつ重量が30kg以内の手荷物または段ボール箱のみとなります。
  • ※スーツケース・ゴルフバッグおよびスキー(1セット)は、160cm以内のサイズのみとなります。ただし、重量オーバーは受け付けできません。
  • ※易損品(こわれ物)、30万円を超えるもの、生鮮品、貴重品、危険品、爆発物、液体類(お酒・調味料等)、精密機器を含んだ荷物や荷造り・梱包が不完全な荷物は受け付けできません。

空港に着いたらJALエービーシーのカウンターにいって、ダイナースクラブカードを提示するだけでOKです。

空港ラウンジの利用

関空からはLCCが就航を初めて、ハワイ行きがグッと身近になりました。

そんなLCCを利用するときでもダイナースクラブカードがあればラウンジを利用できてしまいます。

ハワイのホノルル空港ではIASS ハワイ ラウンジというラウンジが利用できます。このラウンジはそこまで豪華なものではありませんが、ダイナースクラブカードを提示するだけで世界各国の空港ラウンジが利用できるので私は重宝しています。

ハワイではありませんが、下記はダイナースクラブの提示だけで利用できるラウンジの一例です。


今回紹介してきたようにダイナースクラブカードはハワイで大活躍間違いなしです。

  • レアレアラウンジ
  • レアレアトロリー1日無料乗車券
  • 空港手荷物無料宅配
  • 空港ラウンジ
特にオススメしたいのは「レアレアトロリー1日無料乗車券」です。

記事に記載したように、お子さんやその他の同行者の部分はLeaLeaマガジンを日本で購入して行くことで、620円で1日乗車券をゲットできちゃいますので、必要な日数分購入して行くようにして下さい。

最近は、改悪が続くダイナースクラブカードですが、ハワイでは今回紹介した以外にもホテル予約時の特典等もありますので、カードホルダーの方は積極的に特典を有効活用して下さい。



0 件のコメント :

コメントを投稿