【速報】UBERがついにGrabに東南アジア事業の売却を発表!!


UBERが正式に東南アジアの事業をGrabに売却することを正式にユーザ向けにアナウンスしました。

引用:https://www.grab.com/th/comingtogether/
旅先や出張先でUBERはかなり重宝していたので、私にとってはかなりの衝撃です。

とはいえ、Grabに切り替わるだけといえばそれまでですが・・・

その発表を知ったのは一通のメールでした。該当エリアのユーザ向けに出しているものと思われます。


UBERがGrabに東南アジア事業を売却を発表しました。

私が受け取ったメールは下記の通りです。

UBERのGrabへの事業売却概要

We want to share some news with you - Uber will be combining our operations with Grab to lead you in the next chapter of ridesharing in Thailand and across Southeast Asia. 

What this means for you: we will be transitioning our services over to the Grab platform by April 8, 2018, so all requests after that date should be made from the Grab app. However, you can still use the Uber app in more than 80 countries around the world.

What you should do: 
  1. Download the Grab app here 
  2. Create an account 
  3. For new Grab riders, apply promo code GRAB4W and take your first Grab ride 
For more information on this transition, please visit Uber or Grab. Thank you, and we look forward to continuing to serve your city with Grab. 
Regards, 
Uber
要約すると下記の通りです。
  • 東南アジアの事業をGrabプラットフォームに引き継ぐ
  • 2018年4月8日までに完了させる
  • とはいえ、まだ80以上の国でUBERアプリは利用可能
  • Grabの新規登録は「GRAB4W」を使うこと

Grabから見ればUBERの事業買収

Grabの説明ページをのぞいてみるとかなり歓迎ムードですね(笑)

引用:https://www.grab.com/th/comingtogether/

該当エリアのUBERユーザーがするべきこと

該当エリアのUBERユーザがするべきことは、Grabアプリをダウンロードして登録することしかなさそうです。

調べてみましたが、特にUBERからGrabへのIDの統合等の処置があるわけではなく、Grab側では新たな会員登録を促しています。

Grabの新規登録時に「GRAB4W」をプロモーションコードへの入力を促しています

なので、該当地域でUBERのサービスが終了する2018年4月18日までにGrabのアプリをダウンロードして、初期設定を済ませる必要があります。

UBERアプリは削除すべき?

UBERアプリは削除すべきではありません。使えなくなるのは、東南アジア地域だけですので、それ以外のエリアでは従来通りUBERが利用可能です。

そのため、UBERのアカウント情報は残しておくようにしましょう。



UBERのGrabへの事業売却まとめ


いよいよXデーがきました。

最近の高騰はやはりこの前兆だったんでしょうか・・・

バンコク市内でUBER(ウーバー)の料金が高騰中・・・

と言っても、UBERもGrabも同じようなサービスだったのでこれらの事業が統合されることになります。

懸念事項としては、これまでUBERとGrabの間で競争がありましたが、これからはなくなってしまいます。そのため、価格の高騰が慢性化しないことを願います。

Xデーは、

2018年4月8日です

それでまでに、該当地域に住んでいる方や旅行を予定している方はGrabアプリをインストールして、アカウント情報を準備しておく必要があります。

Grabの使い方は下記をご参照ください。

東南アジア旅行で大活躍 Grabの登録方法・使い方を徹底解説

東南アジアを中心に配車アプリを展開しているGrabをご存知ですか? 配車アプリといえば世界的にはUBERが有名ですが、先日UBERが東南アジアの事業をGrabに売却することを発表しました。 これまで東南アジアでは、GrabとUBER両方が利用できたので時と場合に応じて使い分けてきましたがこれからはGrab一択になります。 ...


とはいえ、UBERはまだまだ80以上の国で利用可能です。

UBERが利用可能な国へ渡航を計画している方は下記を参考にUBERアプリをインストールしてください。

海外旅行の強い味方 UBERの使い方・注意点を徹底解説!!

配車アプリのUBERを使ってますか? 私にとって海外旅行でUBERはもはや手放せない存在です!! これまで世界中でUBERを利用して旅行して来ましたので、その実体験に基づいてUBERの使い方やUBERを使う際のコツ、注意点などを紹介したいと思います。 UBERの台頭で私の海外旅行のスタイルは大きく変わったと言っても過言ではありません。 ...


オフィシャル情報は下記を確認してください。




0 件のコメント :

コメントを投稿