【コンラッドマカオ宿泊記】コタイでオススメのホテル!ホスピタリティ満点でした!!






先日のマカオ旅行でヒルトン系列のコンラッドマカオコタイセントラルに宿泊してきました。


残念ながら深夜に到着して翌日のチェックアウトだったので、滞在時間は短かったですが堪能することができました。

コンラッドマカオはすごく素敵なホテルでしたよ!

コンラッドマカオコタイセントラル宿泊レビュー


今回、ヒルトンオナーズのゴールドステータスになって初めての宿泊だったので、ゴールド会員特典も楽しみにしながら宿泊してきました。

コランドマカオコタイセントラルについて

コンラッドマカオコタイセントラルは名前の通り、コタイ地区のサンズコタイにあります。

コンラッドはヒルトン系列のホテルでも高級ブランドに入ります。

コンラッドマカオは、正式名称は「コンラッド・マカオ・コタイ・セントラル」で、中国とヒマラヤをモチーフにした、スタイリッシュなホテルです。

確かに、見た目はヒマラヤのようにそびえ立っていました(笑)



そんなに新しくないのかもしれませんが、全く古さを感じさせない素敵なホテルで、スタッフの方のホスピタリティも非常に高く、一泊しかしなかったのが悔やまれるくらいです。

ちなみに、創業者の方の名前って「コンラッド・ニコルソン・ヒルトン」っていうんですね。今聞くと、欲張りな名前です(笑)

コンラッドマカオへの行き方

この時は香港空港に20時頃に到着して、そこから出来たばかりの港珠澳大橋を通ってバスでマカオに移動しました。

【港珠澳大橋】香港空港からマカオへバス(HZMB)での行き方を解説します!
そのため、ホテルに到着したのは23時半頃でした。

フェリーターミナルでもマカオの空港でも国境を越えてマカオに到着したら無料のシャトルバスサービスがあります。

先ほどの記事で紹介していますが香港からバスで来た場合は、一度フェリーターミナルにシャトルバスで移動してから、ホテル行きのシャトルバスに乗り換えました。

コンラッドマカオは、前述の通りコタイ地区のサンズコタイにあります。

「ホリデイインコタイセントラル」と「シェラトングランド・マカオ」の間にあります。

建物としては、セントレジスとシェラトンの間にあるのがコンラッドとホリデーインの建物です。


ホリデイインに限っては、入り口も隣り合っていて、中でも繋がっているので間違ってしまいそうです。

ホリデーインの入り口
シャトルバスはサンズコタイのシャトルバス乗り場に到着するのでちょっと歩きます。

フェリーターミナルにから乗って来たバス
途中、コンラッドの目の前を通過するので降ろしてくれれば良いのにな・・・と思いますが、建物の中をちょっと歩くだけなのでそれほど大変ではないかと思います。

このみちをまっすぐ歩いて、看板にしたがって右に行けばそこにはコンラッドのフロントがあります。


チェックインでヒルトンオナーズゴールド本領発揮!

こちらがコンラッドのロビーです。

これだけで素敵なホテルであることがわかりますよね。


チェックインはこちらで行います。なんというか、、高級ホテルって感じがします。


今回は到着が遅いこともあり、一番安いグレードのホテルを予約していました。

でも、今回ヒルトンゴールドになって初めての宿泊なのでちょっぴり期待してチェックインをします。(夜も遅いし、こんなに大きいホテルだから空室もあるだろうし、アップグレードあるんじゃない?というのが心の声です(笑))

ちなみに、ゴールドメンバーのコンラッドコタイでのベネフィットはというと・・・



  • 部屋のアップグレード(空室があれば)
  • 朝食(本人と追加のゲスト一名)
  • エグゼクティブフロアにアップグレードされた場合はラウンジアクセス

の3つと公式アプリには記載されています。

ドキドキのチェックイン。

お姉さんがテキパキと手続きを済ませてくれて、

「ゴールド特典は朝食かポイントどちらが良いですか?」

と聞かれたので、食い気味に・・・

「朝食でお願いします!」

と、言いました。

部屋のことは何も行ってないけど、アサインされた部屋番号を見ると「35XX」となっているので、おそらく高層階。

で、お姉さんがエレベーターまで案内するね!って連れて行ってくれたんですが途中で、

「ラウンジアクセスできるから使ってね!でも、もう今日は閉まってるから明日の朝から利用できますよ、チェクアウトもそちらでどうぞ♪」

なんとやりました、エグゼクティブフロアにアップグレードです!

ついでにチェックインの時にレイトチェックアウトをリクエストして、11時チェックアウトのところを14時にしてもらいました。(翌日は近くのホテルに移動だったんですが、チェックインが15時なので遅めにしてもらいました。)

ということで、今回のヒルトンゴールド特典をまとめると、
  • エグゼクティブフロアへアップグレード(ラウンジアクセス付き)
  • レイトチェックアウト(11時チェックアウトを14時に変更)
これはホテル沼にはまってしまいそうですね・・・

あとで部屋タイプについて調べて見るとエグゼクティブフロアというものがないようなので、高層階の場合はクラブラウンジへのアクセス権を付与してくれるのかもしれません。

コンラッドマカオのクラブラウンジについては、別途記事にして紹介したいと思います。

で、この記事を書いてから気が付いたのですが、コンラッドマカオから下記のようなメールが来ていて、最初からラウンジアクセスは確定してたっぽいです。メール見ておけばドキドキせずにすみましたね(笑)

As a valued Hilton Honors Gold member, we are pleased to invite you and one guest to our 39th floor Conrad Club lounge between 06:30hrs and 23:00hrs during your stay. Your benefits as a Hilton Honors Gold member include:
•              Exclusive Check In/Out Service
•              Concierge and Business Center service
•              Full breakfast at the Conrad Club Lounge from 0630hrs to 1100hrs daily.
•              Afternoon Tea from 1500hrs to 1700hrs, daily.
•              Evening Cocktail from 1730hrs to 2000hrs, daily.
•              Complimentary Internet access
期間限定とかでゴールドメンバーにもラウンジアクセス許可してるんですかね? 

デラックスルーム

部屋は一番シンプルなデラックスルームです。

部屋に向かうまでの廊下がすでに素敵です。こういうのを高級ホテルっていうんですね・・・、私には絶対真似できないセンスです(笑)


扉はクラシックな重厚な扉で歴史を感じさせるので結構古いのかな?と思いましたが・・・


部屋の中は、全然清潔感のある豪華な部屋でした。

しっかりとデスクがあるのも良いですね。


ソファーも綺麗です。




次はお風呂と洗面所です。オーソドックスな作りですが、W洗面台&浴槽も深く使いがってがよかったです。


シャンプーやボディーソープはSHANGHAI TANG(上海灘)という香港のブランドものでした。

そして、個人的に気に入ったのがコンラッドのスリッパ。


男性用は黒で、女性用は紫ですが、ツルツルの素材で履きにくそうだなと、最初は思いましたが実際履いてみたら履きやすく、肌触りも気持ちよかったので、次のホテルにも持って行って、今回の旅行でホテルに滞在中ずっと愛用しました。

使いませんでしたがエスプレッソマシンもあり、カプセルは結構いろんな種類置いてくれていました。


無料のスマホもありましたが、定番のタイのAISのSIM2Flyを使ってたので出番はありませんでした。


どうしても、ホテルまでの移動手段でネット環境は必要なので、用意周到に準備していくため、ホテルに置いてある無料スマホってなかなか使う機会がないです。

これまた、使ってことないですがバスローブも完備されてます。あと、セキュリティーボックスも、アイロンもアイロン台もしっかりありました。


そして、ちょっと古いホテルの場合、ベッド周りにスマホを充電するためのコンセントがなくて、結構不便な思いをすることが多いですが、ベッド脇にある時計をみて見ると、USBポートが付いているだけでなく、iPhoneのライトニングケーブルもマイクロUSBケーブルも付属した便利時計がありました。


痒いところに手が届いているって良いですよね!

部屋から夜景ははベネチアンが綺麗に見えました。


明るいとこんな感じです。


真下はプールです。お昼くらいに覗いていたら寒いのに泳いでいる猛者がいましたw



コンラッドマカオのコンラッドベア

そして、すでにチラチラフレームインしていたので気づいている方もいるかもしれませんが、コンラッドといえばコンラッドベアが有名ですよね!

部屋に入った時、ベッドの枕元にコンラッドベアが鎮座していました。それを見つけた子供は大喜びでした。


子供が一番驚いていたのが「このクマさん、手足が動くよ!」ってことでした。

確かにぬいぐるみとしては、珍しく可動式の手足でした。マカオのコンラッドベアはカジノらしくゴールドです。


そして、もう一人風呂場にお友達がいました。


コンラッドアヒル隊長です。

あとで気づきましたがアヒル隊長の体にはサイコロが二つ入っているのはカジノだからなんですね!

キャンディーもあったりして、この3点セットで子供の心はがっちり鷲掴みにされてました(笑)


プール

次はプールの紹介です。

朝の7時から夜の7時まで営業していました。

プールは4階の外にあります。ホリデイインのプールと同じフロアにあるので間違ってしまいそうです。(入り口で特にチェックしてなかったので両方使える?!)

12月で気温は18℃前後で風もあって寒くて入れませんでしたが、プールは一応営業していて、ジャンバーを来たお姉さんたちが笑顔で出迎えてくれました。

温水プールも一部ありましたが、外気温が冷たいので流石に泳げませんw

確か、この写真のプールが温水でした。(プールに出て左側のプールです。)


もちろんこのジャグジーも温水でした。


あとは、カバナやビーチチェアもたっぷりと置かれてました。




温水ではないプールも入れれば結構広かったので、寒くない時期はプールも楽しめて最高ですね!

実際に、私たちが滞在している間にも泳いでいる人がいたので、もう少し暖かい時期だと温水プールで泳げそうでした。

フィットネスジム

プールと同じ階にフィットネスもあります。

ジムは24時間オープンしていて、夜の遅い時間に行った時は受付に誰もいませんでした。


私がこれまで行ったホテルのフィットネスジムの中でも一番設備が充実していたとも思います。


コンラッドマカオ宿泊記まとめ

滞在時間は短かったですがコンラッドマカオすごく良かったです。

また泊まりたいと思わせてくれるホテルでした。

残念ながら寒くてプールが利用できませんでしたが、プールに入れる時期だと満足度はもっと高くなると思います。

特にスタッフの方のホスピタリティが非常に高かったのが印象的でした。

別途、紹介する予定のクラブラウンジのスタッフの方も非常に気が利く方で気持ちよく過ごせました。

普段は新しいホテルを中心に宿泊することが多いのですがこのクラスのホテルだと古さは全然気になりませんでした。

マカオのホテルの記事なのにカジノに関する記載が一切なくてすみませんw

カジノに行ってないので書きようがありませんでした(笑)

でも、カジノに行かなくてもマカオは十分に楽しめる都市ですよ!

今回は、ヒルトンオナーズのゴールド会員になって初めてのヒルトン系滞在ということで、アップグレードを期待していましたが、バッチリクラブラウンジアクセスが頂けて大満足でした。

この後に訪問したグランドハイアットマカオの記事やコンラッドマカオのクラブラウンジについても随時紹介していきたいと思います。

コンラッドマカオのラウンジについては下記の記事をご参照ください。

【コンラッドマカオ】無料アップグレードでクラブラウンジを堪能してきました♪

コメント