フォアグラが食べ放題!ザ・ペニンシュラバンコクで豪華ディナービュッフェを半額で堪能!






バンコクのリバーサイドにあるザ・ペニンシュラバンコクの「River Cafe & Terrace」で豪華ディナービュッフェを半額で楽しんできました!


ペニンシュラといえば超高級ホテルですが、そんなホテルにあるレストランのディナービュッフェはかなり豪華です。

その反面、結構いいお値段しますが、eatigoを使えば半額で堪能することができます!


バンコク リバーサイドにある「ザ・ペニンシュラバンコク」の「River Cafe & Terrace」で豪華ディナービュッフェを半額で堪能!


これまでにもeatigoで高級ホテルのビュッフェを堪能してきましたがペニンシュラのディナービュッフェはオススメです!日替わりなのですが、フレンチビュッフェでホアグラやステーキが食べ放題でした♪

ザ・ペニンシュラバンコクの「River Cafe & Terrace」

今回行ってきたのはペニンシュラバンコクのメインレストラン「River Cafe & Terrace」です。

その名前の通り、リバーサイドにありテラス席でチャオプラヤ川の夜景を眺めながら食事を楽しむことができます。もちろんエアコンの効いた店内でもOKです。

この時は在住者プロモーションでペニンシュラバンコクに滞在しました。

プロモーション特典で、SPAかビュッフェかを選べたのですが、迷うことなくSPAを選択しました。

というのもビュッフェはeatigoを使えば半額で予約できることを事前に調べてわかっていたからです♪

eatigoについて

eatigoとは、レストラン予約アプリでレストラン側が集客したい時間帯などに最大半額で予約することができます。

アプリで予約まで完了してしまうので、電話する必要もなく非常に便利でお得なアプリです。

これまでにも、何度もeatigoを利用してきました。

使い方の詳細は下記の記事をご参照ください。

eatigoアプリでバンコクの一流ホテルのレストランのランチやディナーを半額で予約する方法(ミレニアムヒルトン)

ペニンシュラのディナービュッフェは結構いい時間帯が50%オフで利用できるのでオススメです。


日替わりビュッフェ(7種類の日替わりテーマディナー)

ペニンシュラバンコクの「River Cafe & Terrace」のビュッフェはテーマが日替わりです。

【7種類の日替わりテーマディナー】
  • 月曜日 – イタリアンと地中海風料理に魅せられて 
  • 火曜日 – 美味なるアジア料理 
  • 水曜日 – シーフードパラダイス 
  • 木曜日 – ブッチャーマーケット 
  • 金曜日 – 南米料理 
  • 土曜日 – フランス料理で饗宴 
  • 日曜日 – ファミリーバーベキュー
詳細はこちらの公式ページをご参照ください。

この時行ってきたのは土曜日のフランス料理のビュッフェでした。

土曜日 – フランス料理で饗宴
各国料理に加え、料理チームが腕によりをかけて作り上げるフランス料理とデザートがディナーテーブルを彩ります。今宵は美食の饗宴に酔いしれましょう。特選フランス料理のお薦めメニューには、エスカルゴのガーリックバター、炙りフォアグラとイチジクのコンポート添え、自家製チョコレートソースとベリーのクレープをご用意しております。
メインはフォアグラ&エスカルゴですが、オーストラリア和牛のステーキやローストビーフ、牡蠣やホタテなど、他にも十分にメインになれる食材が目白押しでした。

料金

  • 1,900バーツ(税・サ別)

これが、時間帯によっては最大半額になるので950バーツ(税・サ別)になります。

子供料金はeatigoの割引が効きませんが、

  • 4歳以下は無料
  • 5歳から11歳は950バーツ(税・サ別)
  • 12歳以上は大人と同じ
となっています。

営業時間

  • 月曜〜土曜日:18:00 - 22:30
  • 日曜日:17:30 - 22:30

ドレスコード

南国のバンコクとはいえ、ペニンシュラは高級ホテルなので一応ドレスコードが設定されていますが、例によってかなりゆるいものですので常識の範囲内であれば気にすることは無いかと思います。


バスローブ、ノースリーブのシャツ、スリッパとスイミングウェアはやめて下さいね!と書いてありました。

ザ・ペニンシュラバンコクの行き方

ペニンシュラバンコクへは、タクシーで行くか、BTSでサパーンタクシン駅まで行き、そこからペニンシュラのシャトルボートで行くことができます。

アクセス方法については、下記の記事でシャトルボートをペニンシュラに置き換えてください。

空港からの場合は、タクシーやGrabで行くのが手っ取り早いと思います。スワンナプーム空港、ドンムアン空港共に同じくらいの距離にあるので、渋滞がない場合は40分程度ですが、渋滞の状況によっては1時間から1時間半くらいかそれ以上かかる可能性もあります。
ドンムアン空港からの移動手段は下記の記事をご参照下さい。

「River Cafe & Terrace」ディナービュッフェの内容

今回は土曜日のフレンチのディナービュッフェに行ってきました。


ビュッフェ会場の「River Cafe & Terrace」はGレベル(グランドフロアに)にあります。

eatigoの予約画面(予約番号)を受付のスタッフの方に見せると、テラス席かエアコンの効いた店内か聞いてくれますのでお好みの方を選びましょう。

この日はあいにくの雨でしたが、その分涼しかったのでテラス席をチョイスしました。

テラス席といっても屋根があり、しとしと雨だったので、濡れる心配もありません。

雨よけのカバーが少し降りた状態だったのでチャオプラヤ川沿いの綺麗な景色を完全に見ることができなかったのはちょと残念でした。

ちなみに、eatigoで半額で予約しているからと言って、差別されることもなく、好きな座席を選ばしてもらえました。(先日、eatigoで行ったプロンポンにある某Blend Bistroは、店内が空いているのに端っこの席に案内され、eatigoはここよと言われて嫌な思いをしたこともあります。)

eatigoは食べ物のみ半額の対象であることがほとんどで、こちらのディナービュッフェもドリンクは有料ですが、コーヒーか紅茶などの飲み物は一杯無料でついていました。

座席に案内してもらうと、メニューを持ってきてくれるので飲み物を注文します。サービスの飲み物はいつでも注文OKです。

食後にカフェラテをお願いしましたが、簡易的な機械で入れたカフェラテの味だったのがちょっと残念でした。


ドリンクメニューは豊富でしたがちょっと高めです。

例えばミネラルウォーターとスパークリングウォーターの小が180バーツ++、大が380バーツ++でした。


ビュッフェの時はコーヒーよりもお水が無料の方がありがたいですよね。

そして、座席番号をおしえてくれるのですが、その番号はフォアグラやステーキのメイン料理をカウンターで注文する際に必要になり、テーブル番号を伝えることで焼けたら座席まで持ってきてくれます。


こちらがこの日のメインのフォアグラとエスカルゴです!




食べ放題といってもフォアグラはちょっと食べれば十分ですよね(笑)


こちらがエスカルゴとフォアグラです。


ビュッフェの食事は外と中に別れて配置されているのですが、中が前菜とデザート、外がメイン料理です。

メインはフォアグラの他にも、エビやサーモン、オーストラリア和牛のステーキ、ハンバーグを注文することができます。


ステーキはなかなか美味しかったです。


エビも随分立派でした!


他にもローストビーフもありました。



シーフード系では、生牡蠣やホタテ、イカなどが並べられてます。


なかなかホタテが食べ放題はタイでは珍しい気がしますが、ホタテ好きにとってはありがたい限りですが、すぐに売り切れてイカに変わっていました。

他にもお寿司やサーモンの刺身などメイン系食材がゴロゴロしています!


こちらがシーフードオールスターズです。


あとは、チーズの種類が豊富でした。


結構珍しいチーズもありました。

こちらはレブロションチーズです。


そしてこちらは、ブルーチーズの一種かと思いますが見たことのないチーズでした。


私の好きな生ハムもラインナップされてました♪



生野菜はサラダバーのような感じで、自分で好みのサラダを作ることができます。







料理もここに載せきれないくらい豊富に揃っていました!



デザートも豊富で、どれも美味しかったです!食後のアイスもありましたよ!!



この日はアフターヌーンティからのビュッフェで確実に太りましたがデザートまできっちりいただきました。


ザ・ペニンシュラバンコクのディナービュッフェまとめ

今回はペニンシュラバンコクの「River Cafe & Terrace」のディナービュッフェを紹介しました。

一応、eatigoで予約だけしおていて、最後まで行くかどうか迷ってましたが行って大正解でした!

メイン系の食材が多く、50%オフで行けるならコスパはかなりいいと思います。

ただ、ホタテや生ハムなどなくなると途中から別の食材に代わっていたので早めに行った方がいろんな種類を楽しめそうです。

この時は、ペニンシュラバンコクのスイートルームに宿泊してSPAやアフタヌーンティを堪能して来ました。


順次その様子は紹介していきたいと思います♪

まずはアフタヌーンティの様子は下記の記事をご参照ください。

コメント