アラフォーおじさんのアフタヌーンティーレビュー♪ザ・ペニンシュラバンコクの「The Lobby」で極上のアフタヌーンティを半額で!






先日チャオプラヤ川沿いにある「ザ・ペニンシュラバンコク 」に宿泊した際にアフタヌーンティを堪能して来ました♪

アラフォーに差し掛かったおじさん目線でのアフタヌーンティーレビューです(笑)


バンコクのチャオプラヤ川沿いには高級ホテルが軒を並べていますが、今回紹介するペニンシュラバンコクとその向かいにあるマンダリンオリエンタルバンコクはワンランク上の存在です。

そんなペニンシュラバンコクのアフタヌーンティはThe Lobbyというカフェでいただくことができますが、通常は2人分で1600バーツ++と結構いいお値段します。

今回はタイ在住者プロモーションの特典で利用したのでパッケージに含まれていましたが、eatgioというレストラン割引アプリを使えば最大50%オフで利用可能です。




ザ・ペニンシュラバンコクで極上のアフタヌーンティを半額で♪


さすがのペニンシュラ!アフタヌーンティも素晴らしく、店員さんの対応も非常に良かったです♪

ザ・ペニンシュラバンコクの「The Lobby」

今回紹介するのはペニンシュラバンコクのロビー階にある「The Lobby」のアフタヌーンティです。


こちらはオールデイダイニングとなっていて、時間帯によっては生演奏も行われていて優雅なひと時を過ごすことができます。
ザ・ロビーでは、生演奏をBGMにザ・ペニンシュラのアイコンでもある伝統的なアフタヌーンティーをお楽しみいただけます。アラカルトメニューも終日ご用意しておりますので、朝食からパワーランチ、軽めのディナーと目的に合わせてご利用いただけます。

営業時間

営業時間は下記の通りになっています。
  • ブレックファスト6:30-11:00
  • ランチ11:00-14:00
  • アフタヌーンティー14:00-18:00
  • ディナー18:00-23:00
  • ドリンク24:00まで

ザ・ペニンシュラトラディショナルアフタヌーンティーの料金


アフタヌーンティは、2名用のセットでドリンクも2つオーダー可能です。

料金:1,600バーツ++
よりすぐりのフィンガーサンドイッチや風味豊かなペストリー、アフタヌーンティーにぴったりなホームメイド菓子、焼きたてレーズンスコーン、クロテッドクリーム、プレザーブ。ザ・ペニンシュラ ティーコレクションからお好みの紅茶をお選びください。 料金はタイバーツ建てで、10%のサービス料が加算されます。メニューの内容と料金は予告なく変更になる可能性がございます。
今回は前述の通りタイ在住者プロモーションで宿泊して来たので、その特典で無料で利用して来ましたが、eatigoを使えば土日でも時間帯によっては50%オフで利用可能です

eatigoについて

eatigoとは、レストラン予約アプリでレストラン側が集客したい時間帯などに最大半額で予約することができます。

アプリで予約まで完了してしまうので、電話する必要もなく非常に便利でお得なアプリです。

これまでにも、何度もeatigoを利用してきました。

使い方の詳細は下記の記事をご参照ください。

eatigoアプリでバンコクの一流ホテルのレストランのランチやディナーを半額で予約する方法(ミレニアムヒルトン)

ペニンシュラのディナービュッフェは結構いい時間帯が50%オフで利用できるのでオススメです。

この時の夜はeatigoで予約して半額でフォアグラが食べ放題のディナービュッフェを食べて来ました♪

フォアグラが食べ放題!ザ・ペニンシュラバンコクで豪華ディナービュッフェを半額で堪能!

ザ・ペニンシュラバンコクの行き方

ペニンシュラバンコクへは、タクシーで行くか、BTSでサパーンタクシン駅まで行き、そこからペニンシュラのシャトルボートで行くことができます。

アクセス方法については、下記の記事でシャトルボートをペニンシュラに置き換えてください。

空港からの場合は、タクシーやGrabで行くのが手っ取り早いと思います。スワンナプーム空港、ドンムアン空港共に同じくらいの距離にあるので、渋滞がない場合は40分程度ですが、渋滞の状況によっては1時間から1時間半くらいかそれ以上かかる可能性もあります。
ドンムアン空港からの移動手段は下記の記事をご参照下さい。

この時は、バンコクの自宅からGrabで行きましたが、ちょうど雨が降ってしまいGrabが高騰したのでGrab Luxeを使ったらベルファイヤが来てかなり快適に向かうことができました♪



ドリンクメニュー

まずはドリンクメニューについて紹介します。


アフタヌーンティについてくるドリンクは、上記のメニューから2つ選ぶことができます。

だいたい200バーツ前後が多かったです。

ティーを選んだ場合はポットで出てくるのでカップを2つお願いすればティーをシェアすることもできます。

子供は下記のメニューから別料金でチョコレートジュースを注文しました。(こちらのメニューはセット対象外です。)



アフタヌーンティの様子

ここからは実際のアフタヌーティーの様子を紹介します!


店内は派手さはありませんが、非常に重厚な落ち着いた感じです。

こちらがアフタヌーティの内容になります。


シャンパンもつけると2,800バーツ++になるんですねw

まずは飲み物が運ばれて来ました。


去年くらいから高級ホテルのストローは紙製に変わったところが多いですね。。環境に配慮、ということなんでしょうが、あまり好きになれないです。

タイは、セブンで配られる大量のストローをなんとかしたほうが効果的なような・・・


次にカシスシャーベットが2つ運ばれて来ました。



次にハイティースタンドが運ばれて来て、手際よくセティングしてくれます。


こちらがフィンガーサンドウィッチです↓


下段が定番のスコーン↓


中段は
  • チョコレートサブレ
  • ストロベリールリジューズ
  • ラズベリータルト!


上段は、
  • チョコレートミルフィーユ
  • ライチチーズケーキ
  • ブルベリーココナッツジョコンダ


盛りだくさんの内容で、家族3人でも食べきれませんでした。どれも美味しく見た目も可愛かったです。


ザ・ペニンシュラバンコクのアフタヌーンティまとめ

やっぱりペニンシュラはエレガンスといった言葉がぴったりな雰囲気でした。

日本人の方もポツポツいらっしゃいましたが、タイ人のご家族なんかは見るからにお金持ちそうなお上品な方が多かったです。

以前、行ってきたサイアムケンピンスキーもよかったです。

タイのブラックカードでサイアム・ケンピンスキーの無料アフタヌーンティを堪能してきました♪

タイのブラックカードこと「CITI Prestige Card」の特典を使ってサイアムケンピンスキーの無料アフタヌーンティを楽しんできました♪ CITI Prestige Cardは「Visa Infinite」という、VISAの最上級ステータスが付帯しているカードです。

甘いものは好きなので、また機会があればバンコクのアフタヌーンティーレビューやりたいと思いますw

コメント