タクシー料金の高いタイのプーケットでGrabを使ってみたらやっぱり便利でした!






先日のプーケット旅行でGrabを使ってきました♪


もはや旅行好きには欠かせない存在になっている配車アプリですが東南アジアではGrabが有名です。

タイの首都バンコクで普段からGrabを使っていますが、プーケットでもGrabは大活躍しました。

バンコクの街中では、メータータクシーを簡単に見つけることができますが、プーケットではメータータクシーはほとんで走っておらず交渉制です。

それ以外は、事前に送迎会社にお願いしたりすることになりますが、Grabであれば事前に予約も不要で、利用したいときにすぐに呼べるので便利です。

都市によっては、台数が少なくて不便なこともありますが、タイの有名観光地のプーケットでは十分にGrabを使うことができました。

タイのプーケットでGrabを使ってみたらやっぱり便利だった!!


Grabはやっぱり便利ですね!同じ使い勝手でいろんな国で使えるのでもう配車アプリは旅行の時の必須アプリです!メータータクシーが皆無のプーケットで真価を発揮しました♪でも、バンコクに比べるとGrabも高かったですw

Grabについて

Grabは東南アジアで配車サービスを展開しているマレーシア発のアプリで、今では東南アジア各国の多くの都市でGrabを使うことができます。

Grabは配車サービスだけでなく、GrabFoodのフードデリバリーやGrabExpressのメッセンジャーサービスなど、様々な事業を展開していて、もはや生活の一部として入り込んでいます。

配車サービスとしても、エリアによりますがGrabTaxiではタクシーを呼ぶこともできれば、GrabCarでいわゆる白タクを呼んだり、GrabSUVやGrabCarPremium・GrabLuxeなど車のタイプを指定して呼び出すことも可能です。

私はバンコクに住んでいるのでかなりの回数Grabを使っていますが、数十バーツにも関わらず、レクサスがきたり、メルセデスが来たこともあります。

Grabのメリット

一番のメリットは、事前に料金がわかり明瞭会計なのと、基本アプリでピックアップ場所と目的地を入力するので、会話もほぼ不要です。(ピックアップの時に電話が掛かってくることは多々ありますが・・・)

そして事前に登録したクレジットカードでの払いができるので、キャッシュレスで現金のやりとりが不要なのも外国では重宝します。

欠点といえば、2018年にUberが東南アジア事業をGrabに事業譲渡しまってから、対抗馬がいなくなり、価格が高くなってしまったのが残念なポイントです。

ただ、プロモーションをうまく使えばタクシーよりお得に利用することも可能です。

Grabの使い方について

Grabの使い方は下記の記事をご参照ください。アプリは常にUIがアップグレードされているので最新版とは異なるかもしれませんが、基本的な使い勝手は同じです。


プーケットのGrab事情

タイの有名観光地プーケットでもGrabは利用することができました。

プーケットはメータータクシーと書いてあってもメーターでいってくれないことがデフォルトで、タクシー価格がバンコクと比べると高いです。

そのため、事前に価格のわかる交渉が不要なGrabは安心して使うことができます。

プーケットに滞在中二度利用しましたが、二度とも緑色ナンバーのリムジン登録された輸送業務が許可された車両が来ました。

現在の法律ではタイでも白タクは禁止ですが、バンコクでは普通に一般乗用車がくることが多いですが、プーケットでは取り締まりが厳しいのか、旅行業が盛んなので縄張りのようなものがあるのかもしれません。

2019年10月時点で利用可能な車種は下記の通りでした。
  • GrabCar
  • GrabTaxi
  • GrabVan
  • GrabCar Plus
  • GrabSUV
使ったのはGrabCarですが、ハイエースのようなバンタイプとSUVが来ました。

台数は結構いるのか配車リクエストをすると、比較的すぐにマッチングしてピックアップに来てくれました。

プーケットでのGrabの料金

前述の通り、プーケットでのGrabの料金は高めです。


GrabCarのベース料金(いわゆる初乗り)は260バーツで、そこから距離に応じて料金が加算されていきます。

また、需要が高い場合などはもっと料金が跳ね上がることもあります。

GrabTaxiはベース料金が200バーツ からとなっていてGrabCarより60バーツ安いですが、バンコクのGrabTaxiの場合はメーター料金に手数料を+20バーツ 払うのが基本です。


 でもプーケットの場合メーターがないタクシーも多いと聞くのでその場合、配車の際に表示される料金レンジの最大の料金を適用される可能性もあります。(GrabCarなどは固定料金ですが、GrabTaxiはメーターで計算するのでレンジで表示されます)


プーケット国際空港から市内へのGrab利用

まずは最初にGrabを使う可能性があるのが、空港についてからホテルまで移動する交通手段です。

プーケット国際空港は市内から離れていて電車が走っていないので、タクシーや乗り合いバン、路線バスなどを利用する必要があります。

この時、空港からの移動はKlookというサービスで事前に予約していたので、往路は使いませんでしたが、Grabのアプリを起動してチェックしてみました。


上記のキャプチャをみていただけば、結構車両が待機しているのがわかると思います。

プーケット国際空港のピックアップポイントは、国際線と国内線の二箇所設定可能ですが、どちらを選んでも同じ場所で、通常の空港送迎ポイントとは別の場所(空港の外側)でした。

「主要道路に出るまで駐車場を歩いて通過してください」と記載があります。

Grabの空港内での利用が禁止されていて、乗り入れができないのかも知れませんが輸送業務登録されている車両の場合は、区別がつかないので問題なく送迎レーンまで来てくれる可能性はあります。

なんでそんな規制がある可能性があるかというと、スワンナプーム空港も同じですが、空港を出発するタクシーは手数料を支払う必要があります。(その手数料は空港利用料として利用者に運賃に上乗せして請求されます。)

Grabが勝手に出入りするようになると、その手数料収入がなくなるので空港運営会社としてはGrabの出入りを禁止したいのです。


この時は空港からはGrabは利用しませんでしたが、値段を確認してみました。

この日のホテルは比較的空港から近い、アナンタララヤンプーケットでしたがGrabCarで550バーツ でした。


ピックアップポイントが不便そうだったので空港からの移動は、プライベート送迎としては格安のKLOOKのサービスを利用しました。下記の記事をご参照ください。

タクシー代の高いプーケット空港の移動に格安のKLOOKの送迎サービスを使ってみました!

空港から各主要観光地へのGrab料金の目安

Grabは需要によって価格が変動するので、あくまで目安ですが空港から各ホテル・エリアへの料金を掲載しておきます。(カッコ内はリムジンタクシーの価格)
  • JWマリオット:490バーツ(600バーツ)
  • アナンタララヤン:550バーツ(700バーツ)
  • シャロンベイ:850バーツ(750バーツ)
  • パトンビーチ:860バーツ (800バーツ)
  • プーケットオールドタウン:710バーツ(750バーツ)
  • ルメリディアン:810バーツ(1,000バーツ)
  • カタビーチ:1,140バーツ(1,000バーツ)
上記のGrab料金はあくまで目安ですが、エリアによってはGrabの方が安いエリアもあれば、リムジンタクシーの方が安いエリアもあることがわかりました。

そのため、プーケットでのGrabは価格というよりはその利便性に価値があるかと思います。

市内の移動でも活躍!

この時はホテルを途中で変えました。

最初は、アナンタララヤンプーケットに宿泊して、そのあとは比較的近くにあるバンヤンツリープーケットに宿泊しました。

このホテル移動の際もGrabを利用しました。

短距離ですが410バーツと高めの料金でしたが、ベース料金が高いのでしょうがないですね。



マッチングされたのは日本でいうところのハイエースでした。家族3人でスーツケース一つだったのでスペースを持て余しました(笑)

 乗り込んだらあとは目的地に運んでもらうだけです。


ホテルに到着しても支払いは登録したクレジットカードに自動でチャージされるのでそのまま降りればOKです。


市内からプーケット国際空港へのGrab利用

復路のホテルからプーケット国際空港へは事前に送迎サービスを予約していなかったのでGrabを利用しました。

帰宅の日に宿泊したホテルはバンヤンツリープーケットで、空港までは20分〜30分と比較的近距離ですが650バーツでした。


クーポンを20バーツ引きのクーポンを使ってこの値段なので、やはりプーケットの移動は高いですね・・・

ドライバーさんとマッチングしてから数分で迎えにきました。利用したのはJustGrabですがSUV車がきました。


一応乗り込んでからDomesticだよと伝えました。

プーケット国際空港は国際線もありターミナルが別です。(シャトルバスもあり、歩いても移動できる距離ですが・・・)

観光客のプーケットなのである程度の英語は通じるんじゃないかと思いますが、ドライバーさんに全く英語が通じなかった場合は「パイ クルンテープ(バンコクに行く)」といえば通じると思います。


帰りは空港のドロップオフエリアまで問題なく送迎してもらえました。

プーケットでGrabまとめ

プーケットでもGrabは活躍しましたが運賃はタクシーと同様に高かったです。

とはいえ、価格交渉が不要で明瞭会計なのはありがたいですよね。

リクエストしてからマッチングも比較的すぐにしていたので、プーケットでもGrab車両は結構な台数がいるものと思われます。

最近、旅行で配車アプリは欠かせないものになっています。

同じくメータータクシーのないパタヤでもGrabが活躍しました。
東南アジアではGrabが便利ですがグローバルではUberが有名です。

コメント